さわやか ハンバーグ

hanbarg

沼津に住む甥っ子や義理の妹が口を揃えてほめる“さわやかのハンバーグ”。

「さわやかって、店の名前?」
「そうみたい」

やや胡散臭いが、皆が美味しいというなら本当に美味しいのだろう。
女房には娘のコメントがとどめを刺したらしい。

「あやがすごく美味しかったって」

ついこの間、会社の同僚と遠州灘を旅行した時、そのさわやかに立ち寄って噂のハンバーグを食したそうだ。

「今度行ってみない」
「ああ、いいね」

こんな話はすぐにまとまる。

9月19日(金)。
さわやかのハンバーグを食べる目的ただひとつの為に、東名高速を走り富士市までやってきた。
インターチェンジを降りると、ものの10分ほどで到着。驚くことに午後一時を回っているのにウェイティングシートは満席である。

「こっちこっち」

甥っ子達も到着した。
午後一時に現地で待ち合わせをしたのだ。
暫く待つとテーブルへ案内され、さっそくメニューを広げる。
ランチタイムなので、看板メニューの“250gげんこつハンバーグランチ”が税込み1,058円とリーズナブル。もちろんランチセットなのでライスとスープが付いている。
迷うことなくこれを注文し、待つこと10分。
鉄板の上でジュージューと音を立てる拳骨状の真ん丸いハンバーグが運ばれてきた。
テーブルに置くと、ウェイターが慣れた手つきで半分にカット。まだ赤い色が残る断面を鉄板に押しつけ更にジュー!!!
もうもうと白い煙が立ちこめて、何とも香ばしい匂いが鼻腔を刺激する。

「凄いね、ハンバーグと言うより肉だね」

粗挽きを越えた超粗挽きの挽肉は、普通のハンバーグにはない確かな歯ごたえがある。
牛肉100%とのことだが、つなぎもしっかりとしていて、ジューシーで肉の味が濃く、評判の高さは頷けた。
この味とサービスならリピーターも少なくないはずである。
一般的なレストランでは、昼休みが終わる頃にウェイティングを見ることはできない。

さわやかから女房の実家へ向かう途中、県道22号を走ってみた。見渡す限りの稲作地帯は、色づき始めた稲穂で秋へとまっしぐらだ。その田園の北には広大な裾野をもつ愛鷹山がそびえ、南には千本松原が駿河湾に沿って長い帯を見せていた。
よく知ったつもりの沼津でも、目先を変えて動けば“お初の絶景”を見つけることができるのだ。

八重山そば

takenoko

写真は竹富島を訪れた時に立ち寄った、“そば処・竹の子”である。
この島で“そば処”といえば、もちろん八重山そばの店になる。
蕎麦粉を使った一般的なそばとはまるで異なる風味と食感をもつ八重山そばは、そばと言うより、鰹の出汁がベースとなった“肉うどん”と説明した方が現実に近い。
八重山そばは沖縄そばの一種であり、レシピに若干の違いがあるものの、作り方の基本はほぼ同じだ。
その沖縄そばを初めて食した時、意外にインパクトは弱かった。ところが東京へ戻ってひと月もしないうちにまた食べたくなってきた。
沖縄料理はこの他に、チャンプルー、ラフテー等、いずれも美味しくいただいたが、後日思い出されるのは沖縄そばだけで、恐らく独特なスープの香りがしっかりと脳裏に刻まれたのだろう。
その後仕事で二度ほど沖縄へ出掛けた際も、帰りは必ず那覇空港で沖縄そばを楽しんだ。

竹の子のそばは評判どおりだった。
これまでに経験した沖縄そばと較べると、ややあっさりとした印象を受けるが、出汁の旨みは充分納得のできるレベル。腹が減っていたので真剣におかわりを考えたほどだ。
しかし、食へ過ぎで印象が落ちたらオーナーに失礼なので、ここは腹六分で我慢した。

南国でも10月になれば陽光は優しくそそぐ。
ビーチサイドのベンチに腰掛けて島内地図でも広げれば、海風が心地良く頬を撫で、ついウトウトとしてしまう。この穏やかな寛ぎ感は大変なご馳走だ。
日がな一日、レンタル自転車でのんびりじっくりと島内を回ってみた。

遠い南の地

手つかずの河口

これは石垣島の、とある河口で撮影した一枚だ。
時期は2005年の秋だから、もうかれこれ10年近く前のことである。

八重山諸島は憧れの地。
沖縄本島を初めて訪れた時も、その異国情緒豊かな雰囲気と目映いばかりの海と空の青さに圧倒され、尋常でない高揚感を覚えたものだ。
そんな魅力溢れる沖縄の遙か彼方、南西方向500kmに浮かぶ未知の島々には一体どの様な光景が広がっているのだろうと、想像は日に日に膨らみ続け、いつしかそれは期待へと変って行った。

人の手が全く入ってない河口。つまり河川工事や護岸工事が施されていない自然の姿。
これには感動だ。
河口であっても水は澄み渡り、川面へ目をやると無数の魚を目にすることができる。マングローブの群生も南国の雰囲気を大いに演出してくれる。
川沿いに砂地を歩いていくと、足元をカニが駆け足で横切った。
ふと子供の頃の“沼津”を思い出す。
何とも長閑な空気に包まれた時、現実を離れ、遠い南の地に下り立っていることを実感させるのだ。

さて、いつ行こうか、西表島。

写真好きな中年男の独り言