若い頃・デニーズ時代 76

関西出張が迫ってきた。目的は現地の下見と新居の契約だ。いよいよ始まるという現実感と共に、過去の異動では感じたことのない不安が圧し掛かかる。
不安の種は土地勘がまったくないことに尽きた。
現地での生活が始まり、担当DMやエリアのUM達と切磋琢磨していけば、自然に解消していくことだと思うが、辞令発令以来、「どあほ!なにやってんねん!」てなフレーズにはやたらと敏感になってるし、私にとって名古屋から先は未踏の地なので、現時点で関西を知る術は情報のみ。そして情報というものは、良い意味でも悪い意味でも想像が勝手に突っ走るもので、頭の中は混乱の嵐である。
生まれも育ちも関東圏の人だったら、関西という土地に対して特別感を抱いている方は恐らく多い筈。関西弁が醸し出すイメージは、時に荒っぽく、時にひょうきん、そして人間味に溢れ、その何れも打ち出し感が妙に強いと言ったところだろう。
まだ見ぬ未知の人々に対して戦々恐々となってしまい、心情的にはまるで外国へでも赴任するような騒ぎになっていた。

三島駅の駐車場へ車を入れ、いざ新幹線に乗り込むと、吹っ切れたのか、旅行気分のリラックスムード。買い込んできたビールとつまみをシートの背面テーブルへ並べ、雑誌を広げる。普段、列車は殆ど利用しないので、車窓を流れる景色はとても新鮮に映る。ついつい目が釘付けだ。新神戸まで大凡2時間半。あっという間の旅である。

新神戸の駅前に立つと、予想もしていなかった美しい街並みの出向かいに、暫し立ち尽くす。
駅舎も眼前に広がるビル群も近代的で美しく、海へ向かって下る坂と、背後の六甲山系の緑がそれを際立たせ、東京のどこの町にもない、洗練された景観を作り上げていたのだ。
今宵の宿は関西事務局が新神戸駅に程近いビジネスホテルを確保してくれていたので、先ずはそこへ行ってみることにした。実はビジネスホテルなるもの、今回が初体験なのでちょっとワクワク。
チェックインを済ませ、部屋でひとまず一服。備え付けのコーヒーを飲みながら、資料を広げて不動産屋を確認する。場所は西宮北口から歩いて2~3分とのことだ。ホテルからは先ず三宮まで歩いていき、そこから阪急電鉄に乗れば間違いなく行きつける筈。やはり新居は一番気にかかることだから、納得のいく物件を早いとこ決めて安心したいもの。

「こんな感じの間取りですが、南向きで、何より武庫川の広くてきれいな河川敷がすぐ脇にありますからね」

総戸数6のこじんまりした賃貸マンションで、間取りはオーソドックスな2DK。2階の真ん中の部屋である。
最寄りの駅は阪神電鉄の武庫川駅で、歩いて1~2分と便も良さそうだ。
不動産屋の車に乗り込み、早速現地へ赴く。
築年数はやや古いが、がっしりとした造りなので、子供の夜泣きに対してもそれほど気にしないで大丈夫とのことだ。見回せば静かそうなところだし、不動産屋が言っていた武庫川の河川敷は本当によく整備されていて、ベビーカーを引いての散歩には絶好だろう。
資料に記載されていた駐車場込みの家賃もこのレベルなら納得である。それに当時の関西では当たり前だった、“敷金礼金半年分”などという甚だしい内容ではなかったので、事務所へ戻って即契約とした。

15時。新しい上司となる春本DMが、西宮北口の駅前まで車で迎えに来てくれることになっていた。
先にオープンしていたデニーズ神戸住吉店の見学と、その後は江坂にある関西事務所まで行って基本的なスケジュールの確認、その後は夕食を奢ってくれるとのことだ。
殆どジャストタイムにグレーのセダンがハザードを点滅させながら駅前通路に入ってきた。同時にウィンドウが下がり、

「おはよう。木代くん?」
「おはようございます。よろしくお願いします」

こうして車に乗り込むと、神戸住吉店へと向かった。

「住まいはどうだった?」
「いいところだったんで決めてきました」
「そりゃよかった。あとは引っ越しだな」
「明日戻ったら、すぐにとりかかろうと思ってます。それより右も左も分からないんで、よろしくお願いします」
「確か錦町でオープンは経験済みだろ?」
「ですけど、東京と関西じゃ、何かと違うと思って」
「いやいや、同じ、同じだよ。逆にうちのエリアは新しいから、他のUM達とも歩調が合うんじゃないかな」
「そうですか、ちょっと安心しました」

目が細く垂れている戎さん顔の春本DMは、どことなく坂下さんに雰囲気が似ていて、初対面でも話し辛いことはまったくなかった。それより私の不安や疑問を真剣に聞いてくれる姿勢がありありと分かり、この人の下だったらオープンもスムーズにやれるのではと直感した。

「いらっしゃいませ、デニーズへようこそ!」

関西入りして最初に耳に入ったグリーティング。場所は異なれど、グリーティングは全国共通。ここもデニーズなんだとほっとした。

「おはようございます、谷田です。よろしくお願いします」
「木代です、こちらこそよろしく!」

谷田UMは、四角い顔に健康そうな真っ白い歯が印象的。優しい笑顔は人に好かれそうだ。
国道2号線沿いにある店舗は、商業施設へのインストアなので、どこにもないここだけのスタイル。窓の数の問題で全体的にフロントは薄暗く、それに合わせて高級感を狙ったのだろうか。しかし作業同線もやや狭くなっていて、圧迫感さえ覚えた。これは同じインストアの沼津店や高田馬場店とは異質な感覚だ。広く明るい独立店舗とはまさに正反対のイメージである。
そしてこの高級感を作り出しているのは内装や照明だけではないことが分かった。その時三人いたMDの誰もがなかなかの美人で、健康的だがしっかりとした大人の色香を漂わせていたのだ。彼女達、恐らく年齢は二十歳以上で、平均生活レベル以上を持つ主婦か、名の知れた大学の女子学生だろう。
そんな私の視線をキャッチされたか、

「いい子が揃っているでしょ」

谷田さんが胸を張った。

「あの二人は武庫川女子の2年生と3年生です」
「へ~、お嬢さん学校なんですか」
「そこまでじゃないけど、まじめで清楚な子が多いですかね」

するとそのうちの一人がコーヒーをもって我々の座るテーブルに近づいてきた。

「マネージャー、ブレーク入りますが、、、」
「どうぞ」

あれ? きれいな標準語だ。

「彼女、関西弁じゃないですね」

春本DMがニヤッとした。

「ここのスタッフの殆どは、仕事上の会話は標準語を使うんだ。だけど大阪の店はどこへ行っても、いっさい関西弁だよ」
「へー、そうなんだ」
「木代さん、大阪の店でお客さんがMDを呼ぶときは、“ちょっとねーちゃん”って感じですけど、神戸では東京と同じで“すみません”なんですよ」

同じ関西でも地区によって文化的色合いが違うってことか。
神戸は上品、大阪はコテコテ?!
おっと、これじゃ大阪の人に怒られそうだ。
約3~40分、DMと谷田さんから関西エリアの近況報告を聞いた後、再び車に乗り込むと、今度は関西事務所へと向かった。
街は既にトワイライトタイム。窓を流れる景色は色とりどりの照明が主役である。
これは東京も神戸も同じなんだなと、妙に納得してしまった。

初期型GR と CoolPix S8200

この頃、再びコンデジについて考えるようになった。
山歩きや自転車で出かけるときには、小さくてポケットに入るサイズがいいに決まってる。但、いくら小さくてもファインダーが付いていて、絞りやシャッタースピードの調整機能もなければ画作りはできないと、欲張りな要求を掲げた挙句、1NikkorのV2を購入。更に機動力を上げようと、UONNERのカメラホルスターまで手に入れ、4~5回の山歩きで具合を見たが、ショルダーハーネスに取り付けると、歩く際に微妙な違和感が発生し、しかも、さっと出してパッと撮ってさっとしまうってな芸当は意外に難しい。使うのをやめようと思った決定打は、ホルスター付属のクイックシューが緩みがちで、撮影頻度の高い4時間ほどの山歩きで2~3度の増し締めが必要となって煩わしいことこの上ない。V2のような軽量カメラでもこの有様なので、更に大きく重たいデジイチなどでは落下の危険性も出てくると思う。それにV2が幾ら小さくても、ホルスターと一体で考えれば、かさばり感は否めない。しかしV2はどうしたってポケットには入らないのだ。小さくてもレンズが出っ張ったミラーレス。元々形状的に無理がある。

 リコー 初期型GRNikon COOLPIX S8200
発売年2005年2011年
有効画素数813万画素1610万画素
イメージセンサー1/1.8型CCD1/2.3型原色CMOS
重量200g213g

てなことで、先回の刈寄山ではリコーの初期型GR、今回の多摩湖サイクリングではNikonのCOOLPIX・S8200を使ってみた。
写真データは基本的に西久保日記、そしてInstagramをはじめとするSNS上でしか使わないので、仰々しいほどの高画質、高解像度は考えてない。
先ずどちらも携帯性は上々と言っていいだろう。コンデジらしくOFF時はレンズが引っ込むので、でっぱりがなく、ポケットにもすんなりと収まる。V2にはできない芸当だ。
電源ONから撮影までのタイムラグは短く、シャッターチャンスを逃すことはないレベル。
ここまでは甲乙つけがたいが、機能的に差が出てしまったのは「手振れ補正機能」の有無とオートフォーカスの精度。
昨今、手振れ補正付きはもはや当たり前。久々に“なし”のGRで三鷹駅近くの玉川上水で何枚かの試し撮りを行ったが、便利機能に毒されていたのだろう、全枚数の2割近くに手振れを起こしていた。構造上、殆どのコンデジは一眼レフのように接眼して脇を締めるってのはやり辛い。よって手振れ補正は最低限の機能として欲しいものだ。
個体差かもしれないが、GRは接写する際にピントが外れることがたまにある。フォーカスポイントは中央固定、マクロスイッチをオンにして、被写体にぐっと近づきシャッターを切る。後でPCで確認すると、外れた画像の殆どが後ピンになっている。その点、S8200はフォーカスの精度もスピードも完全にGRの上を行く。
先日も、多摩湖サイクリングの帰りに小平のあじさい公園に立ち寄り、今が見ごろの蓮の花の撮影に興じたが、ストレスなくリズミカルにシャッターが切れる楽しさは格別だ。しかも、小さなイメージセンサーとは思えないほどクリアな画を吐き出し、ちょっと惚れ直したほど。20枚ほど撮って確認したが、手振れは皆無。実に頼もしい限りだ。
但、悲しいかな、イメージセンサーが小さいことから、GRの画と比較して立体感はやや劣る。それと画像ファイル形式にRAWがないのも残念だ。一応、設定は最低圧縮比のjpegにしてあるが、やはりレタッチの際には弱さが露見する。

それぞれ一長一短はあるが、共通点はコンパクトで使いやすいことに尽きる。
この手のカメラを新たに入手する予定はないので、きっちりと使っていくが、スマホでは表現できない画が必ず撮れる筈だ。

霧の刈寄山

コロナ禍で遠ざかっていた山歩き。しかしこの絶好のシーズンに2カ月半も山の空気を吸わないでいると、どうにも気分が落ち着かない。そこで自分自身の山開きは“越境可”となる6月19日以降と決めて待つことにした。

そして最初の休日になったのが24日(水)。楽しみにはしていたのに天候が芳しくない。前日のウェザーニューズでも、刈寄山があるあきる野市は“10時から15時が雨”と出ていた。悔しいことに予報は当たり、現在は霧雨である。
しかし刈寄山はスタートから山頂までずっと樹林帯の中を行くので、この程度の降りだったらカッパも要らない。
駐車場に到着して準備を始めると、遥拝殿に人影が目に入った。よく見ると登山の格好をしている年配男性である。駐車場に一台軽自動車が停まっているので先客だろう。登ろうか、止めにしようか、私と同じように迷っている。
それもその筈、先ほどから雨脚が急に強くなってきたのだ。
尾根を仰げば濃いガスに覆われているし、辺りの暗さは徐々に増している。しかしここまで来て引き下がるのは悔しい。よって30分だけ待つことにした。
ご年配男性は早々に諦めたようだ。間もなくして軽自動車に乗り込み駐車場を後にした。

私は待った。
時刻は10時40分。嬉しいことに、止みはしないものの降りは徐々に小さくなってきている。
これならOK。出発準備を済まし、GRを片手に山道へと入った。

ガスが山全体を覆い、辺りは幻想的な雰囲気に包まれている。いつもとは一味違った写真が撮れそうで、気分は浮き立った。
コース半ばまで来たとき、前方の霧の中からチェックの長袖シャツを着た、私と同年代と思しき男性ハイカーが忽然と現れた。こんな気候条件でも山へ入る者は私だけではない。

「こんにちは」
「涼しくていいですね」

全くそのとおり。この冷ややかな感じは大分疲労を軽減してくれそうだ。

その後も面白い被写体はないかと、目を凝らしながら歩いていると、視界の左端に動くものを捕らえた。
見ると大きな蛙だ。しっとりとした空気はさぞかし気持ちがいいのだろう、カメラを近づけても逃げようとしない。周囲の雑草も水滴で光り輝き生き生きとしている。こんな森の表情を見られたのも、雨を押しての山行ならではだ。

刈寄山へ到着すると30代半ばほどの背の高い女性ハイカーがいて、今まさに出発するところ。
先ほどすれ違った男性と同じく、こんな天候の中、早くから山へ足を踏み入れているのだ。

「こんにちは」
「気をつけて」

家に引きこもっているのは本当に堪える。この女性も、すれ違った男性も、そして私もだ。
出掛ければ何かを発見できるし、また感じることができる。五感を稼働させるってことは、実に楽しいことであり、また幸せなことだと思う。
いつもとは違う刈寄山でGRのシャッターを無心に切れたことは、こうして外へ飛び出したから得られたもの。
マンネリ化が否めない我が写道楽。これの解決策はずばり【行動】だ。

写真好きな中年男の独り言