初詣・浅草寺

 二〇二二年一月二日。何年ぶりだろうか、女房と二人で浅草の浅草寺へ初詣に出かけた。
 ここ数年は脚の不自由な父親を連れて、彼の好む川崎大師へ行っていたのだが、その父親も一昨年に亡くなってしまい、昨年の初詣はスルーした。その反動か、恐ろしいほど混雑する浅草寺が無性に懐かしく思えてきた。
 知り合いには「なんでそんな人ごみの中へ好んでいくの?」と問われたが、「初詣はお祭りみたいなもの。賑やかなところの方が、より大きなご利益があるのさ」と返答した。

 分かってはいたが猛烈な人出である。雷門周辺を見回せば、コロナへ対する警戒感や恐怖感などみじんも感じられない熱気があった。私も女房もマスク着用、手洗い、うがいの励行はきちっと行っているが、反面、コロナ慣れは否めない。東京都の新規感染者がたとえ一日1,000名になったとしても、総都民数1億4千万人を味の素スタジアム満席の観客に置き換えれば、たったの2名。このように解釈を変えれば、安堵感を覚えても不思議ではない。しかもオミクロン株は感染力こそ強いが、重篤にはなり辛いとの情報も流れている。気の緩みの果てには再び緊急事態宣言の発令が待っているとは思うが、この繰り返しが徐々にウィズコロナへと導いてくれるような気がする。

 さすがに人出の絶対数は減っているので、仲見世通りは例年よりスムーズに流れた。参拝を済ませ、腕時計を見るとちょうど十二時。とたんに腹が減ってきた。
「花やしきの方へ行ってみるか」
 時間も時間だし、時期も時期。見渡すどこの飲食店も空き席待ちで長蛇の列。
「並ぶしかないかな」
 その時だ、ガチャポンショップの角を曲がったら、左脇にある小さな食堂から客が三名出てきた。
「あそこの店、入っちゃおうよ」
 さっそく暖簾をくぐると、もの凄い人いきれに圧倒される。狭い店内にこれでもかと客を詰め込んでいる。一瞬どうしようかとひるんだが、「すぐにテーブル空けますから!」という店員の元気な声がかかり、諦めた。
 メニューは街の定食屋。ここは無難にいこうと、私がカツカレーと生ビール、女房はハンバーグ定食を注文した。先ずは生ビールが到着、あては小さなサラダと魚の甘露煮だ。真後ろの席では八十代と思しきおじいさん二人が、生姜焼きで日本酒をやっている。定員とのやり取りから常連客らしいが、それにしてもうまそうに飲んでいる。
「はい、カツカレーとハンバーグおまたせしました!」

 シンプルというより、雑な盛り付けにちょっとびっくり。先ずは女房の前に置かれたハンバーグ。どうみても湯煎したパックから出してそのまま乗せたってな感じだ。付け合わせは千キャベツのみ。しかもドレッシングがかかってない。テーブルに置いてある調味料の中にあるのではと探してみたが、それらしきものは見当たらない。これはウスターソースでやってくれってことだろう。次はカツカレー。ご飯の上にカットしたトンカツが乗り、カレーソースがかかっているところまでは普通だが、更にその上に千キャベツが乱雑に振りかかっている。この盛り付けは珍しい。
「どお、ハンバーグの味は?」
「びみょう…」
 カツカレーのカツは、まあまあだった。揚げ方もちょうどいいし肉は柔らかい。ところがカレーを一口してびっくり。物凄く甘いのだ。しかも肝心なカレーの風味が殆どない。カレーっぽい雰囲気を持つ黄色いとろみと表現した方がいい代物だ。二口ほど食べると、自然にウスターソースの容器に手が伸び、躊躇なくカレーの上にかけた。
 隣の四人連れへ目をやると、手前に座っている客がアジの干物定食を食していた。あんなペラペラの干物が一枚乗っているだけで千円じゃ、きっと幸せな気分じゃないだろうなと、余計な心配をしてしまう。
 一応満腹になり、店を出ると、やたらと人力車が目に付いた。数年前は客待ちの空車が目立ったが、昨今では人気上昇中なのだろう、周りを見てもざっと四台ほど客を乗せて疾走中だ。面白いことに、どの車夫もイケメン揃い。花やしきの前で車を停め、二名の女性客に観光ガイド中の車夫は、美しいと表現しても過言でない笑顔と、ウィットを交えた絶妙なトークで、女性客の視線を釘づけにしている、二人のうっとりとした表情が何よりの証拠だ。

「浅草橋まで歩く?」
「いいよ」
 雷門から浅草橋までは、国道六号をひたすら歩いて三十分弱。疲れたなと思う頃に駅が見えてくる、ちょうどいい距離感だ。歩くほどに喧騒が遠ざかり、冬のきりっとした空気が心地よく体を包み込んでいく。

2021年・年末撮影会

 今、二十九日の羽鳥慎一 モーニングショーを見ているが、午前八時時点で早くも渋滞を起こしている東名高速の下り方面が映し出されている。しかも撮影地点は横浜青葉だから、初っ端からノロノロが始まっているということだ。緊急事態宣言が解消され、新規感染者も少なくなり、心情的には帰省しやすくなったのが要因だろうか。都内の無料PCR検査場にも長蛇の列である。インタビューすると、帰省前の感染チェックで訪れた人がほとんどだ。羽田空港も昨年とは様相が違う。空港駐車場は既に満車状態で、周辺にある民間駐車場も年明け四~五日までは全く予約が取れないとのこと。世の中に動きと活況が戻ってきたのは嬉しいことだが、水面下では感染力の強いオミクロン株が広がりつつあり、年末年始の大移動が再拡大の引き金になるのではと不安が膨らむ。
 
 ウェザーニューズで調べてみたら、十二月三十日~三十一日の西伊豆は両日とも快晴ではあるが、風速11mの強風が吹き荒れるようだ。そしてこの予報は実によく当たる。
 Tくんのジムニーは初日から恐ろしいほどの潮風を浴びて、ウィンドウからボディー回り、全てがベトベト。ウォッシャー液が空になるのではと心配するほど使いまくった。冬の西伊豆はとかく風が出るものだが、それにしても毎度毎度当たり過ぎだ。先月の仁科一泊の時も、峠の見晴らし台で危うく飛ばされそうになった。
 磯での撮影は、ある程度の風はあった方が面白い画が撮れるものだが、三脚ごとカメラが吹き飛ばされるような強風下ではやれることが限られてくる。仕方がないので、海から遠ざかったところで、あんばいのいい撮影地はないかと頭をひねった。当初の予定では、雲見の烏帽子山に登り、広がる絶景を拝もうと期待していたが、海からせりあがる岸壁の先にある頂を考えたら、凄まじい風に煽られること必至。残念だが来年に回すことにしよう。

 大瀬崎入口を通過し、上りでアールのきついS字に入ると、左側斜面にある急階段が目に入った。
「止めてくれ」
「なんすか?」
 以前からここを通るとき、階段があることは気付いていた。恐らく上がったところに公園か何かがあるのだろう。路側帯の広いところを選んで駐車し、さっそくカメラを担いで階段へ向かう。急なだけに、二十段ほど上がると一気に高度が増し、視界が開けた。
「おおっ、すげっ!」
 Tくん、既にファインダーを覗いてシャッターを切り出した。富士山にちょっぴり雲がかかっているのが惜しいところだが、眼前には大瀬崎を手前に駿河湾がワイドに広がっている。胸のすくスケール感は圧倒的だ。新しい撮影ポイントが見つかれば、一カ所だけでも、季節、時刻、天候等々と、先々何度となく楽しめる。
 午後の斜光が眩しく感じられるころ、ジムニーは松崎の町に入った。伊那上神社のある交差点に牛原山町民の森の案内看板が目に入る。左折して細い道を進んで行くと、やがて急な上り坂になった。突き当りを右に折れるとワンボックスが一台停まっていたので、その脇にジムニーを停める。ここから未舗装になる道をしばらく歩いた。
「ここもいいじゃないですか」
 眼下には松崎の町、そしてその向こうには堂ヶ島の島々がくっきりと見渡せる。富士山は完全に雲に隠れてしまったが、眺めとしては素晴らしく、西伊豆の美しい海岸線が手に取るよう分かる。ここはアジサイ公園ともよばれている景勝地なので、梅雨の頃に西伊豆へ訪れることがあったら是非立ち寄ってみたい。牛原山は標高が236mあるが、車を利用できるので、誰でも楽しめるところがいい。

 今回の撮影行では一貫してD600+SIGMA24-105を使った。この組み合わせには裏切られることのない安定感がある。SIGMA24-105の切れのいい解像感はこれまで使ってきたいずれのズームレンズの中でも完全にトップクラスだし、その映像を受け入れるD600の性能はフルサイズならではの高い信頼感がある。ただ、入手時から気になっているSIGMAのオートフォーカスの引っ掛かりが、今回の撮影で頻発した。ズームリングをわずかに動かせば解消するが、特にテレ端時で起きやすく、その度にイラっとしてしまう。手間だが一度サービスセンターへ持ち込む必要がありそうだ。

 翌朝目覚めると、強風が全く収まっていないことにがっかり。この際、西伊豆はきっぱり諦めて、他の撮影地を探した方がいいのではと、起きてきたTくんと相談。
「三島でさ、街中スナップでもやらないか」
「それもいいかも」
 三島は湧水の町。市内には何本ものきれいな川が流れ、特に夏になれば子供たちの格好の遊び場になる。
 駅前のコインパーキングから白滝公園へ向かって坂を下っていくと、途中、飲み屋街を通る。昼間なので店は全て閉まっているが、その数の多さに驚く。しかも飲み屋街はここだけではなく、南へ向かう路地裏にも点々としているのだ。もちろん見るからに朽ち果てて廃業している店もあるが、いずれにしても地方都市としてのレベルを考えれば、少なくはない店の数だ。日が落ちるころに訪れたら、さぞかしネオンが賑やかだろう。

 実は今回。初日の朝一で、富士五湖・精進湖から富士山を狙った。天気がいいので何となく富士山を眺めてみたかったからだ。
 まだ暗いうちに北側の湖畔に到着すると、既に二十に届くほどの三脚が並んでいる。ここは逆さ富士が撮れることで写真愛好家にはポピュラーな場所なのだ。しかし、こんな早朝から寒さを絶え凌ぎ、ひたすら富士山の朝の変化を見つめるほど価値のある場所なのか。そのうち左側から朝日が射し始め、斜面がうっすらとオレンジ色に染まっていくのだが、雲が殆ど出ていないので、ダイナミックな朝焼けは望めない。ついには太陽が頭を出し、強烈な光を照射し始めると、富士山は逆光で再び闇に包まれた。すると、合わせたように湖畔に乱立していた三脚が閉じ始めた。
 富士山は誰もが愛する日本のシンボル。眺めるだけで、やっぱり富士山はいいよな~って素直に思う。ダイナミックで美しい姿は被写体としてもぴか一の人気を誇り、富士山だけを追うプロの写真家だって少なくない。確かに対象としては素晴らしい。しかしあくまでも工夫とSituationは必要だ。これに対して三島の街中の諸々が、富士山以上のときめきを感じさせてくれたのだから面白い。

◆ 写真ギャラリーへ

SONYのカメラ

 クリスマスイブの夕方、リチャードを連れて井の頭公園へ出掛けてみた。中古品だが、先日入手したSONYサイバーショット・RX100Ⅲの試し撮りが目的である。

 長年アウトドアでは主にNikon1・V2を愛用してきたが、登山となると、カメラがウェストベルトポケットに入ると非常に便利ということで、総合性能には目をつぶっても、すっぽりと収まるCOOLPIX・S8200を使っていた。ただ、どうしてもV2を使いたい場合は、UONNER のカメラホルスターを用いて、ショルダーハーネスに取り付けていたが、三点支持で登る岩場とかでは邪魔になることもあって、以前からコンデジサイズだが高性能なものを物色していたのだ。条件は二つ。ウェストベルトポケットまたは小型ポーチに入ること、そしてファインダーが装備されていること。S8200もそこそこの写りはするが、ファインダーがないため、光の入射角やシチュエーションによっては、どうあがいても構図を計れない場合がある。そもそもV2を手に入れた最大の理由はコンパクトなボディーながらファインダー付きという点であった。一時、初期型GRデジタルを使っていた時期もあったが、その厚い色合いは良かったものの、やはりファインダーがないことで何度も撮影チャンスを逃がすことがあり、結局手放すはめになった。

 RX100Ⅲは手の大きい人だったら使い辛いほど小さい。ところがS8200と殆ど同じ大きさのボディにファインダーは装備されているし、イメージセンサーもV2と同じくインチサイズを採用している本格モデルなのだ。ストラップで首から下げてみると、その重みはV2以下。ポップアップタイプのファインダーは、出しっぱなしでも全く邪魔にならない。

 操作系はα6000と概ねいっしょなので、使い始めから不自由なく撮影ができた。公園に到着すると既に街路灯が灯っていて、やわらかい光景が広がっている。それではと、テーマを夕暮れにして被写体を探し回った。ただ、リチャードにとっては久しぶりになる公園。新たな匂いに引きつけられ、クンクン、クンクンとなかなか歩が進まない。太陽が沈むのは早く、ちょっと焦る。
 いせや公園店の前を通ったとき、ちらっと店内を覗くと、若い女性二人がうまそうに焼き鳥を頬張っている。半分ほど減った生ビールのジョッキが妙にそそる。それにしても七井橋通りはいつきても賑やかだ。

 二〇〇二年にNikonD100を購入して以来、自他ともに認めるNikonファンで通してきた。Fマウントがもたらす写真ライフのメリット、手に馴染むボディ等々、ひとつの不安もなく快適そのもので使っている。腰を据え、三脚を用いてじっくり風景を切り取るときなど、D600+SIGMA24-105は最強の武器になる。カチッとくる解像感と絶妙なグラデーションは風景写真になくてはならない要素だ。

 カメラ業界は、長らくの間CanonとNikonの二大メーカーが牽引してきた。車業界でいえばトヨタと日産のような関係だろう。デジタル時代へ入ってからもCanon・EOSとNikon・Dシリーズのバトルは、良い意味での高性能化に加速をつけた。そして私も含めて多くのカメラファンは、この二大体制が永久に続くものだと思っていただろう。ところが二〇一三年にSONYが世界初のフルサイズミラーレスのα7を発売すると、緩やかに業界のバランスに変化が生じていったのだ。αには様々なシリーズがあるが、どれをとってもジャンルナンバーワンと言っていいほどの高い人気を博した。当初はいくら高性能でも使い慣れたNikonが一番と、それほど関心は沸かなかったが、APS-Cのイメージセンサーを搭載するα6000が発売されると、嫌でもその高い評価を目にするようになり、あんなちっちゃいカメラがD7000と同性能なのかと、興味が一気に膨れ上がった。
 その後、興味は物欲へと膨らんでいき、ついにはα6000を入手。Nikonファンなれど、ついつい頷いてしまう使い勝手と画質の良さに心酔。そしてついにNikon1・V2の役目が、SONY・RX100Ⅲへと交代しそうな雲行きになってきたのだ。

写真好きな中年男の独り言