gavin のすべての投稿

カレッタ汐留「SKY VIEW」

 ひと月ほど前のことだが、突如写真が撮りたくなり、レインボーブリッジの夜景でも狙おうと中央線に飛び乗ったことがある。陽が落ちるのは早く、田町で下車すると見る見るうちに周囲が暗くなっていくので、最後はほとんど小走り状態。プロムナードに到着したときは、冬だというのにけっこうな汗をかいていた。ただ、これが楽しかった。都会で撮影をすることはめったになかったから、三脚をセットするにも、カメラの設定を確認するにも、なにもかも新鮮に感じたのだ。

 一月二十六日(木)。ということで、今度は新橋にあるカレッタ汐留「SKY VIEW」へ行ってみることにした。
 “東京の夜景”と検索して出てくるさまざまな場所の中でも、なかなかの評判だ。アクセスはとても簡単で、新橋駅は汐留地下改札を出て、そのまままっすぐ五分も歩けばカレッタ汐留の地下二階にぶち当たる。SKY VIEWは四十六階にあるので、直通エレベーターに乗りこむ。素晴らしいスピードで上昇するエレベーターから望む景色も素晴らしく、いやおうなしに期待感が膨らんでいく。

 到着すると先客がいた。SKY VIEWは四つの窓と一つのテーブルしかない小さなエリア。単に眺めるだけなら問題ないが、三脚を立ててしっかりと撮影となると、場所の確保が必要だ。窓は四つ。つまりカメラマンの定員は四名のみ。先客は三名だったので、一番左側を陣取ることができた。ラッキーである。

 レインボーブリッジ方面の眺めは夜景でなくても十分絵になる。被写体としてしっかりと見渡せば、東京はなんて美しいところだと、誰しもため息が出るはずだ。徐々に陽が落ちてくる様子を眺めていると、ふと思った。スマホにDIANA KRALLの<LIVE IN PARIS>を入れてくればよかったと。たぶん、まじめに泣けてくるだろう。

 今回の機材は先回と同様、SONYのα6000+Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSSのベストコンビ。もちろん三脚はSLIKのエアリーS100である。20L以下の小さなバックパックに撮影機材がすべて収まるのだから嬉しくなる。当然ながら機動性はこの上ない。

 ちなみに、撮影機材等々、観察したお隣さんたちのことを少々。
 右端は二十代後半の男性。ずっと窓辺に膝立ちのままだ。カメラはα6000のような四角でコンパクトなミラーレスだが、メーカーや機種は不明。右から二番目はおそらく三十代と思しき女性。カメラはNikonのZである。その隣も女性なのだが、間違いなくこの二人は姉妹。顔がそっくりだし、もしかすると双子かもしれない。ともにZを使っていて、私が帰るころもまだまだ真剣にバックモニターとにらめっこをしていた。やけに気合いが入っている。
 きっと彼も彼女たちも、人口の光が織りなす東京の美しさに、魅了されているに違いない。

露出ブラケット撮影

 よく目を通すウェブサイトに、カメラのキタムラがプロデュースする『ShaSha』がある。新製品のインプレから著名な写真家による撮影チップス等々、興味深い記事が多々掲載され、楽しみにしている。
 先日何気に開いてみると、プロ写真家の齋藤朱門さんが書いた、<風景写真撮影テクニック ~露出ブラケット編>に目が止まった。特に風景写真では輝度差のあるシーンが多々あることは写真好きの皆さんなら痛いほどお分かりと思うが、そんなシーンで普通にシャッターを切れば、白飛びか黒つぶれになることは間違いない。私はこれに対しGND(ハーフNDフィルター)をよく使う。製品はコッキンのソフトグレー2・ND8で、プラスティック製だが、それほど傷がつきやすいこともなく、軽くて使いやすい。何より安価なところがおすすめだ。昨年末の伊豆撮影行では、富士山や夕日を狙うことが多く大活躍した。画像確認と露出補正を繰り返せば、ほとんどの場合求める画が切り取れ大満足。ただ、それでも調整しきれない場合のみ、Photoshopで部分レタッチしている。

 撮影方法は引き出しが多いほどチャンスを逃さない。記事の中にあったような地平線に沈む夕日や、中心部に強い陽光が当たっている場合等は、一枚のGNDでは対処しきれない。そんなこともあり、先ずはこの露出ブラケット撮影を実際に行ってみようと、三脚とα6000をバックパックに入れて井の頭公園へ出かけてみた。
 設定はISO・Auto、絞り優先F5.6、ブラケット範囲 -2.0EV~0~+2.0EV。
 被写体は輝度差があるものないもの、ランダムに選んだ。合成はPhotoshopの自動処理・HDRProを使わなければならないので、撮影現場では仕上がりを確認できない。久々にフィルムカメラの時代を思い出す。

 期待感はもちろんあった。ところが出来上がった画は何とも言えないもの。この日は曇り空だったので輝度差はあまりなく、たまに西に空の雲が切れて、強い陽光が降り注ぐこともあったが、おおむね露出ブラケット撮影の必要としない場面だと思われた。それと、撮った画像によって合成後の仕上がりに大きな差が出ることが判明。不自然に空の青味が上がったり、逆に全体の彩度が落ち込んだりと、後処理が必要になるものが多く、現時点では“難しい”が本音。今後は実際の風景撮影の現場で再トライしてみようと思っている。

またまたニホンカモシカ!

  新年一発目の山は、刈寄山になった。
 年末から晴天が続き、おまけに週末にかけて気温も上がったきたので、休日になったらとにかく山へ行こうと心に決めていた。最初は三山コース(大塚山~御岳山~日の出山)を考えていたが、先回の山行から一か月以上経過しているので、先ずは足慣らしが肝心と、馴染みの刈寄山に落ち着いた。

 一月十二日(木)。本年の山行の無事を祈願ということで、麓にある今熊神社へお参りしてから登山開始。思い返せば刈寄山は七か月ぶりだ。昨年はいろいろな山へトライしてきたから、少々足が遠のいていたのだ。ただ、いったん山中へ入り込めば、すべてがいつもの通り。落ち着けるし和める。四季それぞれの顔を知っているのは唯一この山だけだ。

 歩き始めから体調の良さを感じた。初っ端の石段が全く苦にならないし、中盤にある倒木跡からの登りもへいちゃらなのだ。相変わらず右股関節の違和感は残るが、両膝は絶好調。スタミナも問題なさそうだ。
 なぜだろう?と幾度も考えた。
 適度な気温と無風という好条件がそろったからか。
 長そでシャツにフリースだけでちょうどよく、登りの連続ではやや汗をかくというほど良い感じは、精神的にも山歩きを楽しくしてくれるもの。そんな諸々が作用して、パワーが湧きたっているのかもしれない。

 山中は完全な冬枯れを見せた。草木が枯れ落ち、山肌がよく見えて、なんだか山自身も寒そうである。頂上直下まできたとき、ふと顔を上げると、東屋の全体が見渡せた。植物が生い茂る夏だったら絶対にありえないことだ。
 いつものベンチに陣取る。ここまで誰一人と会うことのない静かな山行だ。そう、体調がいいと腹も減る。あんパンは途中で平らげていたので、残るはカレーパンとカレーメシ・シーフード。カレー味のオンパレードだが、カレーは大好物なのでこれでいい。

 下山路でも体調の良さは変わらなかった。下山時は上りで疲労した筋肉が悲鳴を上げるので、膝痛や“よろけ”が出やすいが、今回は不思議に足運びはスムーズ。上り返しの時も苦はそれほど感じられなかった。それより、なだらかな下りが連続するところでは、小走りになることも屡々で、なんだかトレラン風になるほどだ。それだけ余力があったということだろう。腕時計を見ると、いつもより十分近くペースが速めだ。
 リズムよく下っていくと、突如、右の斜面に動く何かに気がついた。歩を止めると同時に黒くてでかい動物が現れ度肝を抜かれる。落ち着いてよく観察すると、浅間尾根でのシーンを思い出した。なんと再びニホンカモシカとご対面である。国の天然記念物になっているから、もう少々稀少な動物だと思っていたが、そうでもないようだ。むしろ以前はちょくちょく見かけたニホンジカが、ここ二年ほどお目にかかってない。

 登山口に一番近い見晴らし台まで下ってくると、五十歳前後と思しき作業服姿の男性が、ひとりベンチに腰かけていた。挨拶すると、地元の方だったので、先ほどのニホンカモシカについて聞いてみた。すると笑顔で答えてくれた。
「このへんじゃ、昔からよく見かけますよ」
「里に近いのに、いるんですね」
「自然はだんだん枯れてきたけど、ニホンカモシカはしっかりと生きてますね」
 彼によれば、川口川も以前は水量があって、子供のころはハヤやウグイがたくさん捕れたそうで、なんと金剛の滝では、渓流の女王ヤマメまでいたそうだ。
 実は亡くなった父方の祖母の実家がこの近くにあって、私が小学校へ入ったころ、その川口川で親戚の子供たちといっしょに魚捕りをした経験があり、今でもしっかりと憶えている。