gavin のすべての投稿

若い頃・デニーズ時代 79

市役所、警察署、保健所と回ってきたが、西宮市は官公庁が駅前エリアに集中しているので、短時間で用事を済ませることができた。
興味深かったのは市役所。入り口を抜けロビーに入ると、正面の壁にはずらりと日本酒の樽が展示してあり、ここが日本一の酒処【灘酒】の本拠地であることがよく分かった。私は大の酒好きなので、剣菱、菊正宗と聞いただけで涎が出てきてしまった。
次に出向いたのは警察署。担当の方から飲食店に於ける最近の暴力団がらみの事件について色々と情報を聞いていると、突然ドアが開き、二人のごッつい男が並んで入ってきた。見ると手錠で繋がれているではないか。
一瞬考える。「どっちが刑事?」。御両人、それだけ人相が極めて悪い。互いに無表情のまま事務所を通り抜けると、入口とは反対側にあるドアを開き入っていった。
気が付けば、ついつい見入っていた。

「お店の東隣に土建屋があるんですがね、そこの経営者は山健組系の暴力団なんですわ」

そしてこのストレートな説明で目線が戻る。
ここの警官、我々をビビらせて楽しんでいるのか?!

「隣ですか、、、そうですか、、、なんか注意することあります?」

DMが神妙な顔つきで尋ねると、

「特にないですが、何かあったら連絡ください」

でた、でたでた。警察官の決まり文句。ブスッとやられたら連絡できないだろうに。
何かが起こらないようにするのが警察の仕事。しかし彼らが動き出すのはいつだって何かがあってからなのだ。
一応名刺交換をして西宮警察署を後にしたが、頼りにできるかどうかは怪しいところ。

「あれっ、お久しぶり!」
「今回はあんまり長くいられませんけど、よろしくお願いします」

店に戻ると本部トレーニングの三角冴子女史が新人MDのトレーニングにかかりっきりだった。
立川錦町オープンの際でもずいぶんとお世話になり感謝々々である。
UM時代の彼女は色々と悩みも多かったようだが、本部付のトレーニングへと部署が移ってからは生き生きとした仕事ぶりを発揮している。
西宮中前田での仕事は急遽決まったとのこと。

「みんな覚えがいいんで、あと3~4日も頑張れば何とかやれそうね」

黒縁の眼鏡をかけた高校生と思しき小柄なMDが真剣な眼差しでテーブルのワックスがけを行っている。

「いつもありがとうございます。三角さんが来てくれれば鬼に金棒ですよ」
「そんなことないけど、辻井さんが頑張ってるから安心よ」
「え? 辻井ってUMITの?」
「そう。彼、教え方がとても上手なの」
「へ~」
「というか、彼ってなかなかの二枚目じゃない、だから女の子達からの受けが良くて、みんな素直に従っているっていう感じかな」
「彼、独身ですよ、あぶないなぁ~」

確かに辻井はハンサムである。スレンダーで背も高く、一見クールな印象を受けるが、笑うと八重歯が見えて180度イメージが変わる。大概の女性はこの笑顔にやられてしまうだろう。
一方、もう一人の相棒である宗川UMITはその正反対ともいえるキャラ。小太りで背が低く、ちょっとブルドックのような厳めしい風貌を持つ。辻井より半年間だが先輩になるので、なにかと彼に対して、あれやっとけ、これ先にかたずけろと、顎で使う傾向があるが、輪を大事にし、誰に対しても分け隔てない対応をするところは信頼感ありだ。
その宗川は食器備品等々の棚卸中。オープニングリストとの照らし合わせである。

「どうだい、進んでるかい」
「単純作業なんで疲れましたよ」
「谷岡と一緒に一服すれば」

LCの谷岡は汗だくになってグリル板磨きをやっている。彼は堺市出身なので、KHの指導等々には大阪弁がガンガン飛び交う。やや神経質な面もあるが、明るくて面倒見がいいから、LCには向いているかもしれない。

「そんならお言葉に甘えて一服もらいます」
「ふみちゃん、一緒に一服しよ」

ふみちゃんとは女性KHの中村史子。20代後半の独身だ。ややがっしりとした体つきで、如何にも体力がありそう。動きは機敏で仕事の覚えも良く、谷岡は既に頼りにしているようだ。
先日も彼が既存店である池田店に連れて行って、ランチの実戦を体験させたのだが、3名体制でのフライヤー前なら八割方こなせたという。
因みにオープンの際のヘルプメンバーは、その殆どが池田店と神戸住吉店から来てもらえるとのことだ。

新年を迎え、開店日が目前と迫ったある日。関西事務所の鈴木さんから電話があり、以前約束していた神戸巡りへ行こうと誘われた。開店したら当分息抜きはできないので即お願いした。

「おはようございます」

ノック音で振り返ると、鈴木さんが事務所の前に立っているではないか。
さっそく連れだってバックから出ると、眼の前にはIYグループの社用車が停車していた。珍しげに見ていると、

「やっぱり軽はいいですよ。小回り抜群だから」

乗り込むと鈴木さんの肩に触れそうである。山手幹線へ出て西へ進んだ。

「まずは高級住宅街の芦屋でも見学しましょうか」
「芦屋は東京でも知名度ありますよ」
「一昨年かな、芦屋の六麓荘ってところで、お嬢様誘拐事件があって、マスコミが町中の様子を全国ネットで報道したから知ってる人も多いんじゃないですかね」
「しかし六麓荘って聞くと、傾いたアパートを連想しますね」
「いやいや、アパートじゃなくて地名です。しかも金持ち揃いの芦屋の中でもぴか一のエリアで、ダイエーの中内社長も住んでるとか」

六甲山へ向かって広がる丘陵地帯が芦屋の高級住宅街なのだが、最近では海側の一部エリアにも高級化の波が押し寄せているという。聞くところによれば、丘陵地帯へ住もうと思ってもただの金持ちでは町会からNGが出るらしい。由緒と名声がなければ許可が下りないというから驚いてしまう。

「あそこにスーパーありますよね、あれ、いかりスーパーって言って、芦屋の奥様の御用達ですよ」

なるほど、建物の壁に錨のモニュメントが張り付けてある。
駐車場を見渡すと、ずらりと高級車のベンツやBMWが並んでいる。私の地元にある三浦屋もこんな感じだ。

「さすがにいい車ばかりですね」
「でもね、BMWでも3シリーズだと、芦屋のカローラって呼ばれちゃうらしいですよ」

坂を上がっていくと、なるほど唸るばかり。どの家も敷地は広く、デザイン料だけでも相当するだろうと思われる豪華で洒落た邸宅ばかりなのだ。家の向きによっては、テラスや庭から大阪湾が一望できる素晴らしいロケーションを持っている。

「街中見て、何か気が付きませんか」

鈴木さんがちょっとにやつきながら問いてきた。

「なんだろう、ゴージャスなところだとは思うけど、、、」
「電柱がないんですよ、ここは」

なるほど。だから整然とした感じがするのか、

「町の美観維持のために、電線は全て地下ケーブルにしたんです」

ところどころに見かける小さく細い電柱は電話線とのこと。ここの住人はそこまでして芦屋の威厳と品格を保っているのだ。まさに浮世とはかけ離れた別世界である。
ところがそこから数分走ってまたまたびっくり。

「ここが松下幸之助の家です」
「いや~~広いですね。芦屋の邸宅も凄いけど、ここは別格だ」
「その立派な門も、勝手口ですよ」

壁沿いを走るだけでその内側は見えないが、敷地の広さは優に1,000坪を超えるだろう。
東京に住んでいても、わざわざ田園調布や成城へ見学に出かけたことはないので、ゴージャスさの比較はできないが、関西のお金持ちの志向がちょっぴり分かったような気がした。

この後は、阪急、JR、阪神の関係式を実地検分した。
実は、西宮地区はJR中心の東京とはやや異なる街作りが見られる。
東京だったら鉄道の中心は当然JR。そして巨大都市は必ずJRの主要駅を中心に発展する。これに対し西宮地区はまさに正反対の様相を呈していたのだ。
引っ越してきた当初などは、JR西宮の駅前を車で2度も通ったのに、駅舎の存在に全く気がつかなかった。何故かJRとはとても思えないほど寂れていて、北を走る阪急、そして南を走る阪神と比較すると悲しくなるほど。恐らく関東と関西では町の生い立ちが根本的に異なるのだろう。

SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM

気がつくのにだいぶ時を要してしまったが、この歳になってはっきりと見えてきたことがある。
生き方というか、心構えというか、極々基本的なことなのだが、、、
先ず、どんな場合でも決して飾らず肩ひじ張らず、自分らしく振舞うこと。空気なんか読めなくてもいい、むしろ読まない方がいい。思うがままに行動し主張すれば、良いにつけ悪いにつけ、周囲も本当の私を分かってくれるはずだから。
やりたくないことは極力やらない。嫌々やってストレスを溜めるくらいなら、潔く“No,Thank You”。
それと、やろうかやるまいかと悩んだら、とにかくやることを選ぶ。何故なら、前期高齢者となった今、この先コンディション万全で動き回れる月日は限られているからだ。後で後悔しないよう、やりたいことには可能な限り手を付ける。


長らく愛用してきた常用ズームレンズの【AF-S Nikkor 24-120mm 3.5-5.6G VR】。解像度不足がややネックとなってはいたが、軽量コンパクトを生かせば、初めての土地での撮影やスナップ等々で十分な威力を発揮してきた。ところがあることを境に、もう一歩上を行くクオリティーが欲しいなと常々感じるようになったのだ。
あることとはフルサイズ機D600の入手である。それまでのメイン機であったD100やD2Hとの相性は非常に良く、正直不満は殆どなかった。尤も、1000万画素に遠く及ばないイメージセンサーで、且つレンズ中央の美味しいところだけを使うのだから、確かに文句は出よう筈もない。しかしD600の2426万画素フルサイズセンサーで捉えようとすると、どうしても年式的な粗が露見してしまう。こうなるとD600の性能をフルに生かせるレンズが欲しくなるのは人情。だいぶ前から現行のAF-S Nikkorの24-120mm 4G VRを導入しようかと下調べを行っていた。
ところがデジイチを始めたころからSIGMA好きだった私は、同時にSIGMAの【24-105mm F4 DG OS HSM Art】にも着目。どちらにしようかかなり迷ったのだが、昨今のSIGMAの勢いと、一度は使ってみたかったArtブランドということもあり、メインレンズをNikkorからSIGMAへのスイッチを決断、中古だが早速程度のいいものを手に入れたのだ。
試し撮りはいつも通りに井の頭公園で行った。


・先ずは自宅の庭に生える草


・コントラストが強い場面だが、明暗どこもしっかり描写できている


・アメンボ及び水面もしっかり出ている


・太い幹に出ている小さな葉や苔がクリア

しかしこのArt、慣れてないせいもあるが、Nikkorと較べるととにかく大きくて重たい。D600との重量バランスはお世辞にも良いとは言えず、構える際にはしっかりと左手でレンズをホールドする必要がある。スナップなどで気軽に持ち出すレンズではなさそうだ。但、下馬評どおりの解像度は満足できるもので、腰を据えての風景撮影が今から楽しみである。
Artのフィルターサイズは82mm。このサイズはこれまで使ったことがないので、フィルター関係は全て買い足さなくてはならない。ところがここまで大きくなると、どれも結構な値段なのだ。因みにこれまでのNikkorは72mmなので使いまわしはできない。しかし最低でも、保護、PL、ND、アダプターリングは欲しいところなので、引き続き財布との相談が続きそうだ。

若い頃・デニーズ時代 78

荷造りもなんとか形にして、あとは引っ越し屋に託すのみ。
すっかり空っぽになった部屋を眺めていると、ちょっぴり切なくなった。無理もない。初の一人住まいだったし、短い期間だったが、沼津ではたくさんの良い思い出が作れたのだから。
地元東京の武蔵野市以外で、ずっと住んでもいいかなと一時でも思ったのはここだけだ。そんな気持ちになるのは子供の頃に過ごした4年間の体験と、何より漂う空気感が妙に肌に合うからだと思う。
遥か西の彼方まで続く千本浜と千本松原。賑やかな沼津港と大河・狩野川の流れ。雄大な富士山と伊豆半島の遠景。干物の香りに潮騒。そして出会えた多くの温かい人々。
何もかにも心に残る。

身の回り品だけをセリカXXに積み込み、私と麻美は沼津を後にした。

「どうなるかね」
「頑張るしかないさ」

故郷を離れ、未知の土地での生活を考えれば至極当たり前のことだが、やはり心なし麻美も元気がない。

東名高速は順調に流れた。西宮の新居までは沼津から大凡400km。休憩をしっかり取っても6時間あれば辿り着けるだろう。
名古屋を通過し、道はやがて名神高速へ。少々疲れも出てきたので、養老SAで休憩することにした。車を降りて周囲を見回すと、やはり関東系のナンバーはぐっと少なくなり、遠い地へ近付きつつあることを実感する。

「あれ、どこも屋根が黒いね」

そろそろ京都というあたりまで来た時だ。麻美の何気ないひとことに、左方へ目を走らせると、なるほど、見渡す限り殆どの建物が黒っぽい瓦屋根になっている。古都へ近づきつつあることが実感できる一瞬だ。西宮から京都は近いので、修学旅行以来となる旅を楽しめれば最高だ。

「この地図、しっかり見てて」
「わかった」

長かった高速道路も終わりに近づいてきた。インターを降りてからマンションまでの道順は何度も地図を見て確認していたが、なにせ未知の土地だから不安はある。
その新居、実はどの様な交通手段を使っても非常に便利なところに位置していた。
もうすぐ降りる西宮ICからだと距離にして3km、10分はかからない。電車だったら徒歩2分で阪神・武庫川駅がある。大阪空港を使うとなれば171号線を15km走れば空港駐車場に入れられる。

「とにかく国道2号線の北側なんだよね」

すぐ近くだとは分かっているが、住宅街に入ると道は急に狭くなり、目印となるような商店等々は殆ど見当たらない。

「あっ、左の先に公園が見えた」
「それだよ、それ。だぶんマンションはその突き当り右だ」

新居のすぐ近くに小さな公園があるのを地図で確認していた。
大家さんによれば、引っ越し荷物の搬入は既に終わっているとのことで、到着したらすぐに開梱してセットできるとのこと。但、手に入れなければならないのが家電。炊飯器と電子レンジ、それにアイロンは結婚のお祝いでいただいたものがあるが、冷蔵庫と洗濯機はすぐに必要だ。これも大家さんに相談すると、近所の家電販売店「ミドリ電化」を教えてくれた。

「これ片付けたらミドリ電化へ行こう。その後で夕飯だな」
「神戸屋でも行ってみる」
「いいね」

ミドリ電化は新しい職場となるデニーズ西宮中前田のすぐ近くだった。かなり大型の店舗で殆どの家電製品はここで手に入れることができそうだ。

「このくらいの大きさがあってもいいよね」

麻美が選んだ冷蔵庫は、背が高く冷凍室が大きい薄いグリーンのサンヨー製。

「家族が増えるんだからいいんじゃないの」

ずいぶんと先の話になるが、実はこの冷蔵庫、なんと30年間も使うことになったのだ。恐るべき耐久である。

神戸屋レストランはデニーズから北へ1km弱のところにあり、おまけにすかいらーくも近くに発見。こうしてみると今度の店は激戦区の真っ只中なのかもしれない。気を引き締めてかからないとしっぺ返しを食らいそうだ。

「すごい盛況ね」
「パンのレストランだけあって、なんとなく品のあるお客さんが多いな」

初めて入った神戸屋レストランは、御三家のどれとも異なるハイソな雰囲気に溢れ、これがそのまま神戸の印象に繋がりそうだ。それにしても平日のディナーだが、ほぼ満席である。
お代わりがいくらでもできるパンは、さすがに看板品。いろいろな種類を試食したがどれも頷ける味。栄喜堂のディナーロールも美味しいが、ここのパンはより嗜好性の高いもので、店のカラーが鮮明に出ている。

「パンが美味しいからついついいっぱい食べちゃったけど、これじゃ肝心の料理が入らなくなるね」
「俺も同じだよ」

おすすめメニューとのことで注文したビーフシチュー。さすがにワンランク上の味わいがある。しかもパンと一緒にいただけば、ソースの一滴も残さずに完食できるからいい。スプーンでカシャカシャやるよりよっぽどお上品。
それにしても、久しぶりの満腹である。

長距離に及ぶ引っ越し、セッティンク゛、買い物と、久々にぐったりとした我々は、早々にベッドへもぐりこみ、慣れない部屋にも関わらず、爆睡できたことは言うまでもない。
明日からは当面クンロク(9:00~18:00)で入り、先ずはDMと一緒に警察と保健所への挨拶周りだ。