gavin のすべての投稿

若い頃・デニーズ時代 82

「子供が生まれたら当分の間身動きがとれないだろうな」

出産で実家のある沼津へ帰る前に、一度夫婦水入らずでどこかへ出かけようと、武庫川から車で1時間の京都・嵐山に行ったことがある。沼津や東京に住んでいたら、そうは気軽に行けないのも理由だった。

この日はかなり寒かったが天気は良かった。渡月橋を渡り、三条通をぶらつく。腹も減ってきたし、ちょうど昼頃ということで、通り沿いにあったそば屋へ入った。京都だったらやはりニシンそば。実はニシンそば、大好物である。
10分と待たないうちに、何ともいい匂いを発するどんぶりが目の前に置かれた。
麻美は魚が苦手なのでキツネそばを注文。

「はいこれ、七味」
「サンキュー」

そばやうどんには必ず振りかけるのを麻美はよく知っている。

「いただきま~す。ありゃ?ちょっと香りが違うな」
「どうしたの」
「この七味、山椒が多めに入ってるみたい」
「あらほんと」

京都の七味は山椒が多めかどうかはわからないが、甘辛いニシンそばの風味にはとても合うと思った。
おつゆも全部飲み干せば、体が芯からポッカポカである。再び散策を始めたが、先ほどまでの寒さは感じなくなっていた。

桂川と渡月橋、そして西には嵐山。まさに京都を代表する眺めである。ところがその眺めの中には必ずと言って修学旅行生の姿が入ってくる。これほど大挙しているとは予想だにしなかったのでびっくり。
実は京都に訪れたのは、中学生の修学旅行以来。当時は黄色と朱色に塗られた修学旅行専用列車「ひので号」なるものがあり、東海道本線をのんびりと走って、ひたすら京都を目指したものだ。新幹線や飛行機などで一気に行っては感じることのできない大きな距離感が旅情を誘い、はたまた興奮止まない帰りの夜行では、暗い車内で眠るクラスメイト達を横目に、目を爛々とさせていたことを思い出す。

午後10時半過ぎ。マンションの電話が鳴った。

「木代さん、生まれたわよ。玉のような女の子。かわいいよ~~」
「いやぁ~、よかったです。明日朝一でそちらへ向かいますので、よろしくお願いします」
「わかった、気をつけてね」

この後、東京の実家にも電話を入れた。

「生まれたってさ、女の子だよ」
「そう、よかった。お父さん、名前考えてますよ」
「へ~、こんど東京で会議があるから、そのとき寄るね」

自分に子供ができたなんて、何だか一向に現実味を帯びてこない。
嬉しいけど不安。今のところこれが一番正直な感想になるのではと思う。
ところが翌日。新幹線で沼津へ向かう道中、意外と気分は落ち着いていた。腹が据わったとでもいうのか、今後のことを考えるでもなく、先ずはとにかく自分の娘を一目見たかった。
沼津駅から歩いてすぐの病院へ駆けつけると、赤ちゃんを抱いた麻美のお義母さんが待ち構えていた。

「ほら、可愛いでしょう」

恐る恐るだが、抱かせてもらうと徐々に実感が湧いてくる。俺の子だと。
とにかく小さく、温かく、そして赤い。
麻美も一見元気そうだったが、お義母さんの説明によると、出産直後から血圧が高くなっていて、医者からは安静を指示されたらしい。
よく言われる“産後の肥立ち”が悪いのだろう。
この後一旦西宮へ戻り、改めて娘と女房を迎えに来たのは、2カ月が経った良く晴れた日だった。

紅葉・瑞牆の森

10月30日(金)。紅葉と渓流のコラボを見られればラッキーと、紅葉真っ盛りである、山梨は「瑞牆の森」へ行ってきた。 撮影の中心は本谷川沿いだ。
陽が昇り過ぎると撮影に難しさが出てくるので、今回も自宅を深夜3時過ぎに出発し、5時には双葉SAで朝飯を食するという超早出パターンを取った。

夜明け前の双葉SAは、さすがに凛とした空気感に包まれていたが、身震いするほどの寒さは感じられなかった。ところが中央道を降りてみずがき湖を過ぎる頃、POLOの外気温表示が急速に下がり始め、信州峠の手前からクリスタルラインに入ると、スリップ警告灯が点灯し、気温が4℃以下に落ちたことを示した。
フリースにウィンドブレーカーだけではちょっと不安になってきたが、撮影に集中すれば一時でも寒さは忘れた。但、過敏性鼻炎の鼻だけは正直で、津々とくる底冷えに鼻水が溢れ出して止まらない。汚い話だが、専用の柔らかい“鼻かみタオル”が15分もしないうちにしっとりと湿ってきた。

この界隈、紅葉の状態はややピークを過ぎた感じであり、黄色も赤も葉の荒れが出ている。特に赤系は顕著だ。元々黄色系が多くを占める瑞牆の森なので、きれいな赤を入れての構図を得ようとなると、探し出すのは一苦労。
ポイント探しは脇見運転の連続になり、目と神経はかなり疲れる。おまけに瑞牆山荘には登山者の為の無料駐車場があるので、これだけ早い時間帯でも結構な数の車が国道から入ってきて一瞬たりとも気が抜けない。

川沿いに格好の枝葉が目に留まれば、先ずは車を安全な場所に停めて川へと降りる。やれそうなポイントだったら車へ戻って機材一式を持ちだし、再び川へとんぼ返り。今回はこれの繰り返しに終始した。
因みに、本谷川沿いの道は舗装路だが、所々荒れていて運転には注意が必要だ。但、幅員は全体的に広く、長い時間でなければ路駐に問題はないだろう。この条件を利用して、川へ降りること7回。溢れる鼻水に負けじと頑張った。

撮影は楽しく進んでいったが、実は今回、準備不足によるアクシデントがあったのだ。

― あれ? どうした??

いきなりシャッターが下りなくなり、ファインダーの中でFul表示が点灯したのは、まだ二つ目の撮影ポイントでのことだった。

― えっえっえっ?

焦っていたので、電源のオンオフを繰り返したり、はたまたレンズをはずしてまた組み込んだりと、閃くままに原因を探ってみた。ところが落ち着いて考えれば“Ful”は“フル”のことであり、SDに空きがなくなったという至極単純なこと。

― でもまだ撮り始めたばかりだぜ?

嫌な予感がして再生ボタンを押してみると、先月の西伊豆での撮影データがびっしりと残っているではないか。
しかもこれまでにそこそこの枚数を撮影しているので、当然フォーマットはできない。となると一枚一枚削除して空き領域を作らなければならないということになる。
これはかなり手間のかかる作業だが、やらなければ撮影ができないので、一旦POLOに戻り、休憩を兼ねてこの単純作業に集中した。

間抜けなトラブルはあったものの、紅葉撮りとして瑞垣の森へ来たことは正解だった。
深い森と清流が織りなす大自然のアミューズメントパークは、写真好きに対して様々な心躍る被写体を与えてくれ、イマジネーションの広がりは正に無限大と言っていいものだった。
ガッチリとカメラを構え、納得できる画を模索する行為こそ、写道楽の真骨頂なのだ。

逗子海岸・なぎさ橋珈琲店

「リーちゃん、海へ連れてってみない」

車が苦手だったロックは一度も遠出をしたことがなかった。それとは対照的にリチャードは車が好きだ。動き出すときょろきょろしていかにも興味津々といった表情をする。

「だったら逗子へ行こうよ。元デニーズ逗子店だったところ」
「そういえばあったね、逗子店って。今は何になってるの」
「なぎさ珈琲逗子店。すぐ脇が海岸だから散歩するにはちょうどいいよ」
「リーちゃん、海初めてだから喜ぶかもね」

滑るように走る横横。何を想うリチャードは、ひたすら遠く前方を凝視している。
1時間半のドライブだったが、酔うことも、粗相もなく、実にいい子なのだ。

「あら~、満車みたいよ」

時刻は12時10分前。人気の店とは聞いていたが、既に入り口はウェイティング客で溢れかえっていた。
ここはとにかく立地が抜群なのだ。田越川が逗子海岸へと注ぐ渚に建てられた南仏ムード満点の店舗には、もちろんガーデン席が設けられ、潮風を感じながらの食事が楽しめる。

「気持ちいいね」
「これで富士山が見えたらいうことないな」

夫婦はまったりモードに入っていたが、テーブルに繋がれたリチャードは落ち着きがない。ロックもそうだったが、おとなしくじっとしていることは、あまり得意ではないようだ。
10分と待たないうちに「なぎさバーガー」と「ロコモコプレート」が運ばれたきた。リチャードがしきりにおねだりをしてきたので、特製バンズをちぎってあげると、もっともっととうるさい。しかしこれは納得。久々にバランスの取れた美味しいハンバーガーなのだ。特にたっぷりと盛りつけたフレンチフライがサクサクッという触感で、いくらでも口へ運べてしまう。
眼前に広がる海にはウィンドサーフィンやSUPがたくさん出ていて、湘南海岸とは異なる穏やかで静かな逗子を演出していた。

食事の後はさっそく海岸へと繰り出した。
砂浜の感覚が気に入ったのか、リチャードは積極的に歩きまわる。それではと、波打ち際まで引っ張っていくと、さすがにいつもの及び腰が出た。波の音が嫌なのだ。でも、初めてのものへの興味は少なからずありと見た。
抜けるような青空と、ほど良い海風が散歩を特上の時間に変えてくれ、気が付けば1時間が過ぎようとしていた。