gavin のすべての投稿

頭を抱える事態 その9

数値だけを見ると、コロナ禍は穏やかだが収束しつつあるように思えてしまう。
しかし世論の大半は、
・ここで気を緩めてはならない。
・緊急事態宣言の解除は時期尚早。
・GoToキャンペーンの再開は論外。もし実施したなら現況悪化の再来になることは間違いない。
等々が挙っている。
しかし、コロナ禍の影響をモロに被っている業種業態の方々には、この世論、かなり手厳しい。

最近は週に1度程になってしまったが、昼食で利用する店が飛田給にある。「居酒屋・膳と宴」という屋号で、名のごとく居酒屋なのだが、11時から14時の間だけランチを提供する。

目玉は日替わりのワンコインランチ。たったの500円で、主菜、みそ汁、小鉢、ミニサラダが並ぶのだから嬉しくなる。ところがここも飲食店の例にもれず、コロナ禍で経営状態がかなり厳しくなっているとのことなのだ。満席なら50名以上は収容できる広さがあるのに、ランチピーク中の13時頃に行っても店内はガラガラ。いつも私以外に10名程度の客しか入っていない。しかも、アルコールの提供が20時までと決められたので、夜の利用客が激減。ついには営業時間を11時~23時から11時~17時半へと時間短縮。最も儲かる本業の居酒屋タイムを止めざるを得ない状況にまで追い詰められているようだ。
しかしこの店は微力だが頑張っていると思った。
ワンコインランチは安くて旨くて助かっているが、バリエーションが少なく、やや飽きを感じていた。ところがこの逆境の中、次々に新しい日替わりメニューを提供するようになったのだ。
どれほどの効果が期待できるかは別として、現況に対してただ黙って指を加えているだけではないことは確かであり、心情的に応援したくなる。

体に鞭を入れよう。一時でも気持ちは晴れる。

緊急事態宣言発令で好きな居酒屋にも行けず、はたまた越境しての撮影行もままならぬ状態が続き、誠にクソ面白くない毎日である。おまけにこの頃では親の介護が生活を圧迫するようにり、精神、体共々、好調とはいえない。

< 体に鞭を入れよう。一時でも気持ちは晴れる >

てなことで、馴染みの刈寄山を歩いてきた。

森に分け入ると、どこを見回しても完全な冬枯れだ。
鳥のさえずりは一度たりとも耳にしなかったし、昆虫の気配も全くといって感じない。おまけに風がほとんどなかったので、気味が悪くなるほど静かである。
ただ、私が勝手に名付けている“展望台”からの景色は、相変わらず心を和ませてくれた。今回も富士山は見えなかったが、山々が織りなす壮大な景観だけで十分に満足できるのだ。

暖かな冬

なんとも暖かい冬である。
先日、急に雪が降りだし、例年の調子に戻ったのかなと思いきや、すぐにやんでしまった。
とはいえ立春も過ぎた昨今、春がどれだけ近づいてきているか知りたくなり、井の頭公園へと出掛けてみた。

この日は久々にD7000を持ち出した。何故なら、旧型だがお気に入りの一本である<SIGMA17-70mmマクロ>を使いたくなったからだ。こいつはとにかく寄れるから楽しい。なにしろ最短撮影距離が22mmしかないので、レンズフードに当たるくらい被写体に寄れるのだ。因みに22mmとはレンズの先端からではなく、イメージセンサーからの距離になる。Situationにもよるが、私の場合、DXの万能レンズであるNikkor18-200mmよりも使用頻度は確実に高い。映りもSIGMAらしい解像感があって、この点もNikkor18-200mmを上回っている。

駐輪場から池へ向かって下っていくと、案の定、緊急事態宣言下の公園とは思えないほどの人出である。
恐らく人々の多くは、相当な度合いでコロナに慣れてきていると思う。僅かな良心の呵責があったとしても、この爽やかな空気感を前にしたら自宅で悶々とはいかないだろう。「マスクして、密を避ければOK」、これが大方の捉え方なのだ。そもそもマスクして公園を歩るくだけで罹患するような強力な感染力を有していたらそれこそ大騒ぎ。緊急事態宣言なんて生易しいものでは堤防は即決壊。そうなればロックアウトしかない。

ちょっと期待した梅はまだ蕾だったが、福寿草、クロッカス、そして椿は見頃を迎えていた。
特に福寿草の優しい黄色の花弁は春そのものであり、長らく見つめていても飽くことがなかった。