gavin のすべての投稿

やまと天目山温泉

 ここ一週間、腹の調子がいまいちのせいか、疲れがなかなか抜けず、トーンダウンな日々が続いていた。こんなときは温泉でまったりもいいのではと、“やまと天目山温泉”へ行ってみた。
勝沼ICから大菩薩嶺登山口に至るR218沿いに位置し、施設のすぐ脇には日川が流れる山深いローケーションとなっている。ここを訪れるのは初めてだ。
日帰り温泉に行くときは、たいがい温泉施設でランチを取ることにしているが、今日はリチャードのトリミングが夕方から予定に入っていたので、それを避けるために、午後2時ちょっと前に自宅を出発した。リチャードはパパ好きの甘えん坊だから、私が在宅していると、気が散ってトリミング台の上で落ち着きがなくなり、トリマーさんの手を焼かせてしまうだ。

 中央道は相模湖東ICで降り、R20をひた走った。相模湖から西側のR20は適度なカーブと比較的少ない交通量で、気持ちのいいワインディング走行を楽しめる。一刻でも早く温泉に浸かりたい方は、勝沼ICまで行って、そこからR20をちょっと戻るとR218の入り口がある。
灰色の雲が空一面に広がり、いつ降り出してもおかしくない状況下、外気温は29℃を示し、エアコンなしではいたたまれない鬱陶しさだ。ところが温泉に向かう急坂を上っていくと、瞬く間に標高が増し、それに伴い外気温は急降下。駐車場に入った頃には21℃まで下がり、車外に出ると肌寒いくらいである。見回すと平日にもかかわらず10台ほどの車が駐車していた。ただ、ナンバーを見ると他県は私と練馬ナンバー1台だけで、あとは全て山梨ナンバー。恐らくここは地元民に人気のスポットなのだろう。
例外にもれず、コロナ対策も万全のようで、入場の際にはアルコール手洗い、検温、そして利用者名簿に、氏名、住所、連絡先を記入する。520円の3時間券を購入し、さっそく浴場へと足を運んだ。
更衣室は薄暗くやや窮屈な感じだったが、戸を引いて浴場へ入ると、意外や広い。源泉を楽しめる浴槽が二つとジャグジー、外にはもちろん露天が完備されている。大好きな露天に誰もいないことを確認してから、一番奥のベストポジションをキープ。ここで約1時間、温泉のぬくもりときりっと冷たい空気を交互に楽しんだ。
フィニッシュは火照った体を恐らく30数℃ほどしかないぬるい源泉でクールダウン。着替えても汗が噴き出すことがなく、実に快適。湯上り後は、持参した文庫本(吉田修一著・熱帯魚)を、独り占めした座敷で小一時間ほど開いてみた。

 やまと天目山温泉は山深い森の中だ。日川沿いを少々戻り、流れの近くまで斜面を下っていくと、待っていたのは噎ぶような新緑の世界。せせらぎと葉の擦れる音に全身が包み込まれると、あたかも心にモイスチャーが掛かったかのように、気分が滑らかになっていくのだ。

ワクチン接種・1回目

 6月17日(木)。ワクチン接種1回目に行ってきた。武蔵野市の会場接種初日である。
当初はかかりつけ医である武蔵野陽和会病院を希望していたが、電話予約があまりに熾烈だった。受付スタートした8日の14時ジャストに掛けてみても既に話し中で、その後受付終了の17時まで50回近くトライしたものの、全く繋がらないのだ。次第にばかばかしくなり、3日後、何気に電話してみたら、すんなり受付嬢が出た。

「ワクチンの予約をしたいのですが」
「診察券番号と接種券番号をお願いします」

 手元に広げて準備していたので、滞りなく伝えると、

「受付は可能ですが、1回目は7月20日以降になります」

 ずいぶんと先だ。

「だったら、会場接種の予約をした方が早いのかな」
「ん~~、と、思いますね」

 いったん電話を切り、作戦を練り直した。市内の接種可能医院のリストをもう一度丹念に確認してみると、なんと武蔵野第五小学校の先にある小森病院が、かかりつけでなくても受付可との記載があったのだ。さっそく掛けてみると、普通に繋がった。

「ワクチンの予約、できますかね」
「できます。ただ最初が7月25日になりますが」

 ここも駄目だ。医院で接種したい人は想像以上に多いのかもしれない。しょうがないので、希望だったかかりつけ医接種から会場接種にスイッチ。予約開始の6月15日(火)午前9時を待つことにした。

 当日。職場へ早めに出社すると、PCを起動、接種券を目の前に広げる。スマホの“時計”を開いて、9時ジャストを狙うのだ。武蔵野陽和会病院の電話予約騒動が脳裏をよぎったので、緊張感は否応なしに高まった。

―チッチッチッ~~!

 電光石火の左クリックが始まった。人差し指のだるさに耐えること7秒間。パッと申し込み画面が出たときの嬉しさったらない。暫し見つめてしまったほどだ。気を取り直して必要項目の入力にかかる。受付可能日の選択を見ると、やった!初日である6月17日の15時30分と16時にまだ空きがあるではないか。17日は木曜、ちょうど職場の定休日に当たる。これはラッキー☆

 接種会場は武蔵野市民体育館。コロナ禍になるまではよく通っていた市民プールの隣である。駐輪場に自転車を置くと、さっそく会場へ。
入口を通過するとすぐに男性スタッフが近づいてきて、バインダーを渡された。これに予診票、接種券、身分証明を挟んでおけとのこと。両手のアルコール消毒と検温を済ませると、左側にあった控室に通された。ざっと見まわして50名ほどの接種希望者が、設置されたパイプ椅子に腰かけている。すぐに女性スタッフによる接種までの流れの説明が始まった。特に予診票の未記入が多いことを指摘、これがあることで流れに滞りが出てしまうので、しっかりと確認して欲しとのことだった。ただ相手は爺さん婆さん、何度説明しても理解できそうにない人が多そうだ。案の定、スタッフ2名が一人一人の予診票を確認し始めた。

「それでは40番から49番の札をお持ちの方、ご案内します」

 最初に渡されたバインダーには赤い番号札がついていた。控室を出ると、接種エリアに入る。書類受付~問診と流れ、気が付けば注射器を持った女医さんが目の前に。

「はい、捲ってくださ~い、腕はだら~んとして」

 身構える間もなく、プスッ。手慣れたものだ。痛みは普通の注射。きついのではないかと若干ビビっていたからホッとした。接種後は2回目の日時確認と接種後の注意事項の説明があった。そして最後は副反応が出た場合の対策として15分間座って待機させられた。トップの写真がそれ。
それにしても今回の接種、ちょっと感動である。徹底した予行演習のたまものだろう、てきぱきとした対応とリズム感よく流していく様には、本当に頭が下がる。これなら2回目も安心して受けられそうだ。

コーヒーショップスタイルレストラン

 自宅近所のジョナサン武蔵野西久保店が6月6日で閉店する。もっとも完全閉店ではなく、7月には同じすかいらーくグループのコーヒーショップである「むさしの森珈琲」として再オープンするらしい。文庫本を持参しての用途なら、むしろウェルカムではなかろうか。ただ、この武蔵野西久保店のスクラップアンドビルドには、他店とは様相の異なるニュアンスが含まれる。
 同店の隣には、すかいらーくグループの本社社屋が建ち、長らくのこと“お膝元的立場”だった。この意味は大きい。お膝元であるが故、求められるオペレーションは完璧を期してきたと思われる。料理、接客、クリーンリネス、その他諸々、全てのポイントに社力をかけ、マニュアル遵守、またそれ以上のレベルを追い求めてきたに違いない。
 すかいらーくグループには様々な形態の飲食店があるが、ジョナサンは40年以上前から延々と続く典型的なファミリーレストランスタイルの店で、これが上記のようにお膝元で完璧な運営が行われてきたにもかかわらず、形態変更に追い込まれた、またはそうしなければならなかったという事実は、悲しいかな、従来型のファミリーレストランでは、既に現況の顧客ニーズには対応不可能という証に他ならない。
 こうして考えると、やはり我デニーズは道を踏み違えたと、いまさらになって思え、残念至極である。
 そもそもデニーズこそコーヒーショップスタイルレストランの元祖であったはずだ。先ずはアメリカンコーヒーという大看板ありきの上に、それを彩る様々なメニューを提供する、いわば「むさしの森珈琲」のコンセプトに近いものだった。それがいつの間にか、笑顔のデニーズレディーが提供するお替り自由のコーヒーサービスが、セルフのドリンクバーにとって代わり、オリジナルアメリカンコーヒーと相性抜群のアメリカンスタイルメニューが次から次へと隅に追いやられ、気が付けば和食やら、ラーメンやらが幅を利かせていたのだ。今に置き換えれば、Starbucksでチャーシュー麺をすするようなもので、どう考えたって違和感は否めない。
 なりふり構わずの施策は、結局デニーズを何の個性も感じられない、ありきたりなファミリーレストランへと変容させてしまったのだ。
 自ら墓穴を掘るとは、正にこのことだろう。