Gallery 12 / 三浦半島・城ヶ島

使えば使うほどにその魅力を発見するNikon D600。
いいかげんな撮影に対して手厳しい結果を生むシビアな性能は、その昔、Canon AE-1を手に入れた頃を思い出した。
マシンガン撮影を可能にしたデジタル技術は、難しいことなしに大歓迎だが、反面、画作りへの深い意識が稀薄になるという弊害は前々から感じていた。この辺は写真で生活をしているプロよりも、寧ろ趣味として楽しむアマチュアカメラマンに宿る潜在的危惧だったと言うべきかもしれない。
1シャッター毎にベストを求める楽しさは間違いなく快感であり、それを思い出させてくれたフルサイズD600は、どうやら我が写道楽のカンフル剤になったようだ。


写真好きな中年男の独り言