夏直前! 三浦半島・城ヶ島

++_DSC5806

写真仲間のTくん。彼への連絡にはいつもLINEを使う。

ー 明日、写真行くか?
ー いきましょう

と、こんな感じ。
どうやらTくん、この頃では平日休みも取れるようで、ちょっと前に“金曜に空くことが多い”と言っていたのを思い出し誘ってみたのだ。
結果はAll Right☆

ー それじゃ明日9時
ー 了解

ということで、6月17日(金)。夏本番間近な三浦半島で、光り目映い海と空をキャッチしてきた。

これまで三浦半島には何度訪れただろうか。自宅からそれほど遠くないのに豪快な磯の景観が見られ、田園地帯を望めばその向こうに大海原が広がっている、そして幼年期に静岡県の沼津で親しんだ、生活に密着した海を味わえること等々がリピートの理由になる。
それに美味いマグロの漬丼を賞味できるのも大きなポイントだろう。そもそも半島の南端に位置する三崎漁港は、常にマグロの陸揚げ量が全国3本の指に数えられ、観光地としても活況を放っている。

「ほらあそこ。剱崎灯台って書いてあるじゃん」
「うんうん」
「行ってみよう」

大昔に一度トライしたことがあった。しかし国道から左折すると道はいきなり狭くなり、行けば行くほど不安が増すほどで、結局灯台へ至る前に諦めて引き返した。しかし今回の車はTくん愛車の「スズキ・ジムニー」。こいつで行けないところはないし、引き返せないところもないのだ。
予想通りすれ違い100%不可能な道が続いたが、不思議とジムニーのハンドルを握っていると不安は少しも感じることがなかった。

「ここで行き止まりだな」
「あとは歩きか」

とは言っても見れば白亜の灯台は目と鼻の先だ。
最近になって塗り直したのではないかと思うほどその白は目映く、強い反射光は否応なしに両眼へと射し込んでくる。

「なるほど、絶景だね」

灯台の裏側へ回れば、東京湾を挟み内房の山々がはっきりと見渡せ、気分はスカッとする。観音崎灯台からの眺めもいいが、ここも負けてはいない。
辺りをよく見まわすと、灯台が立つ岬の取り付けには入江風の岩場が扇状に広がり、独特の景観を形成している。それはよく知る城ヶ島の磯とはひと味違うものだ。
灯台からは早々と引き上げ、斜面を伝う細い道を下って磯へと出た。

昔も今も岩場はフナムシの天国だ。無数が揃ってサッサッと動く様は、虫嫌いには悍ましいシーンだろうが、沼津育ちの私にとっては、海に来た!という実感に溢れる安らぎの光景に他ならない。
しばらくここで撮影タイムとした。
カメラを持つ手を休め、ふと岬を見上げると、紺碧の中に凛と立つ剱崎灯台を掠めるように、数羽のトビが気持ちよさそうに旋回しているではないか。

「いいかげん腹減ったな」
「だってもうすぐ1時ですよ」
「ここは終わりにして、城ヶ島で飯にしよう」

剱崎灯台から城ケ崎までは普通に流して20分少々。途中には小さな漁港もあって、下見をしたくなる雰囲気も感じられたが、今回は二人ともかなりな腹ペコ状態だったので、とにかく島へ渡って馴染みの『しぶき亭』へと向かうことにした。
平日の割には島内に観光客は多く、人気スポットの程を伺えた。

「キリンFREEとミックス丼、ふたつづつ」

マグロの漬丼は当然美味だが、ここはイカもイケる。そんな時はミックス丼がおすすめ。ご飯の上には漬マグロと漬イカがそれぞれ半々で乗っていて、両方の味を一度に堪能できるのだ。イカは弾力があり、噛めば噛むほど甘みが出てきて言うことなし。

「お客さん、これはね、うちのオリジナルでまぐろと味噌を和えたものなの」
「へー、ご飯にぴったりだね」
「そうなの。しかも無添加だから安心なんです」

ここのおばさんたちは皆揃って喋りが達者だ。プレゼンが苦手だと思っている方は、ぜひ一度行ってみるといい。しつこさなしの笑いありで、ついつい買わされてしまう。この日もそのオリジナルやらを一びん土産にしてしまった。
何年か前に訪れた時も、まんまとやられた。

「お客さん若いから大盛にしてあげるね」

50代後半のおっさんに対して、真顔で若いなんて言われたら、何も買わずに店を出るわけにはいかない。
但、しぶき亭は食事も土産品も味はGooだから、その味と小気味なやりとりでついついリピートしてしまうのだ。

陽光燦々の磯は歩くだけでも消耗する。分かってはいたが、単純な岩場とベタな空では写欲は湧いてこない。目的は夕陽だったが、今は年で最も陽が長い時期にあり、夕暮れムードがやってくるの大凡4時間後とみた。
それまでの間、花か人などを狙おうと試みたが、なかなかどうしてお誂えなSceneはやってこない。港や東側の磯まで足を延ばしてみたが、すべてが徒労に終わったので、この後は夕陽撮影のポイント探しに切り替えた。
沖合のどんよりした雲で富士山の姿は完全に隠れているが、僅かな希望を胸に波飛沫うつ岩の向こうに富士山が入るポイントを探すことにした。
この頃では西側の防波堤工事が進んできていて、東寄りが強すぎると自分好みな画になりそうになかったので、カメラを三脚へ固定して、京急ホテルの西側に陣取った。
あとは座って待つのみ。

「探しちゃいましたよ」
「いろいろ回ったけど何にもなかったからさ」
「俺なんか500枚近く撮っちゃいましたよ」

さすがにTくんは若い。そう話し始めたとたん、今度は今より磯に近いところで、城ヶ島には多々見かける野良猫を撮り始めたのだ。
気が付くと周りには一眼レフを手に持つ人が、二人、三人と集まっていた。

あと夕陽まで一時間と迫ったころ、カメラのセッティングを確認しようと上部液晶を覗いたら、何とバッテリー残量が最後のひとメモリになっているではないか。バッテリーの寿命か、D600自体が大食いなのか、それとも単純にレンズが初期型VRだからか、いずれも定かでないが、この消耗度はいただけない。

「エツ、やばいよ」
「どうしたの?」
「バッテリーが終わりそう。一応予備は持ってきたけど車の中に置き忘れだ」

港まで戻るのは容易でない。

「まって、D600のバッテリーって、俺のD7000と同じじゃなかった?」

なるほど、そうかもしれない。
さっそく調べてみると、まったく同じ品番である。

「安心してくださいよ。ほら、予備持ってるから」
「良かった~、それじゃぎりぎりまで使わせてもらうよ」

ー HDR、絞りF11、シャッター速度1/4秒、ISO100、マルチパターン測光、露出補正ー0.3段
この設定で日没までの微妙な変化を45枚で切り取ってみた。
そしてラッキーは続いた。何と雲に覆われていた富士山が突如として現れたのだ。しかもうっすらと朱を帯びる“赤富士”で、何度となく訪れてきたこの城ヶ島に於て、過去に一度しか拝んだことがない貴重な姿なのだ。
更には機材を片付けて車へ戻る道すがら、ふと路地向こうから強い光が流れ込んできたので首を向けると、

「すげー!真っ赤な夕焼けだ」

いい感じの雲と夕陽がミルフィーユ状となり、それは久々に見る鮮やかさなのだ。
手持ちだがさっそくカメラを向けてシャッターを切り出すと、近くを歩いていたカップルの彼女がつぶやいた。

「あなたもいいカメラ買ったら」
「そだね」

急きょ出かけた撮影行。しかし結果は大満足。
そう、嬉しいことはまだあった。
帰宅してD600の画をチェックすると、そこには今までのNikon機では得ることのできなかったRAWデータの奥深さと密度があったのだ。
いつものようにPhotoshopCS5で現像にかかると、各スライダーの動きに対してプレビューの変化がD100やD2HのRAWデータとは若干異なることに気が付いたのである。一見グレースケールかのように見える部分でも、その裏側にはしっかりと色情報が置かれていて、スポンジツール等での微妙なレタッチがとても自然に行えるのだ。もちろん同じ景色を並んで撮ったデーター比較ではないので正確なことは言えないが、長年使ってきたソフト故にその変化には敏感に気が付くもの。
良いこと尽くめのようだが、問題も露見した。
これまで使ってきたケンコーのPLフィルターでは、その厚みの為か、結構厄介な周辺光量落ちが起きてしまい、更には肝心な24-120mmの純正レンズフードが構造的に規定位置まで入り込めず、無理矢理そのまま撮影すれば完全に上方左右がケラれてしまい、まともな画にはならない。
致し方ないがこれはDX専用とし、新たにもう一枚、D600用の薄型PLを購入するしかないようだ。

上高地までには…

■三浦半島・城ヶ島ギャラリーへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。