エレキバンド・その4・マイギター

tabfuギター練習したさにK宅通いは続いた。
“好きこそ物の上手なれ”とは良く言ったもので、楽しさが先行すれば自ずと技術は後から付いてくる。
きれいに音を出そうと必至になれば、ピッキングに抑揚が出てくるし、僅かなチューニングの狂いにも気が付くようになる。
最初は指が広がらず、コードを押さえるのにも四苦八苦したものだが、いつの間にかハイポジションも自然に握れるようになっていた。
この頃になってくると、マイギター欲しさはピークに達し、その内夢にまで出てくるようになった。
日曜日の楽器店通いは最大の楽しみとなっていて、光り輝くエレキギターには毎回釘付けである。
しかし現実にはいつも目を向けて、手に入りそうな廉価版の物色には細心の注意を払った。
そんなある日、強力にアピールしてくるギターをショーウィンドーに発見。説明書きには“初心者・入門用”と記してあった。そのギターは何と有名メーカーのヤマハ製ガットギターで、何より目を引いたのが価格。嬉しいことに5,000円なのだ。

ー よしっ、もう一度親に頼んでみよう。

廉価に後押しされた最後のトライである。駄目だったら一旦は諦めるが、高校へ進学したら誰が何と言おうと手に入れるつもりだ。
いつまでもKに甘えることはできないし、これ以上の練習はマイギターでなければやり続けることはできない。

翌日、母が微妙な面持ちで口を開いた。

「お父さんは反対みたいだけど、しょうがないから買ってあげるよ」

嬉しさ半分、申し訳なさ半分で、なにかとても複雑な気持ちになってしまった。
ああだこうだと親父にねちねち言われたに違いない。
母には負担を掛けたくなかったが、曾て経験したことのない強力な物欲を前にして、平常心を保つことなど到底無理なのだ。

「ありがとう」

楽器店からギターを抱えて自宅へ戻る道すがら、高揚する気持ちの中に一端のギタリストになった自分を見つけ、恥ずかしいやら嬉しいやら。
それから一週間後、Kから借りてきたビートルズの楽曲集を相手に、心躍る奮闘が始まった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。