煌びやかな被写体の森

 梅雨明けである。たれ込める雲、落雷、そしてゲリラ雨と、カビが生えそうな毎日が続いたが、やっとこれでスカッとした青空と入道雲が拝められる。
15日(木)。たまりにたまった汚れを落とすべく、久しぶりにPOLOを洗車した。ワックスを丁寧にふき取り、ウィンドウをガラス専用クリーナーで磨き上げたら、見違えるようにピカピカになった。気がつけば大汗をかいていたのでシャワーを浴びると、今度は喉の渇きがやってきた。ギンギンに冷えた一番搾りで暫し一服。休日の幸せ感じるひとときだ。

 一時間ほどソファーで横になり、目覚めて窓を開けると陽がかなり落ちていて、西の空が紅色に染まり始めていた。窓から入り込む微風が頬を撫でる。
<焼き鳥でも買いに行くか>
α6000を襷掛けにし、自転車を出す。

 いせやに向かう道筋、いつもの吉祥寺の街並みが夕陽を浴びて煌めいていた。丸井裏の駐輪場に自転車を停めると、気持ちは焼き鳥をさておき、被写体を求め始める。一時間弱ほどだろうか、井の頭通りを中心に気の向くままに歩き、そして撮った。
ネオンが灯ると、何の変哲もない町中が煌びやかな被写体の森と化す。まさに夜景撮影の天国だ。夕陽と絡めたり、その光を利用したりと、工夫すれば様々な構図が思い浮かぶ。その辺を意識して周囲のビルや商業施設を観察していると、
あらあら、、、ビールジョッキをうまそうに傾けている人が、目の前の店にも、そして雑居ビル二階のチェーン居酒屋にもいるいるいる。緊急事態宣言どこ吹く風というところだが、やはり酒はうしろめたさなしにやりたいもの。

 猛暑はつらいが、この汗だくの季節だからこそ冷たいビールと焼き鳥が最強のコラボレーションとなるのだ。よってこのタイミングは本来外したくないのだが、悲しいかな8月22日まではアルコール御法度期間なので、ここはじっと耐えなければならない。もっとも、8月末から9月の上旬辺りなら、まだまだ残暑の真っ最中だろうから、解禁になったら思う存分ビール&焼き鳥で攻め込みたいものである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。