バイク 事故

事故

11月22日(日)早朝6時頃。井の頭通りで大型スクーターが絡む交通事故があった。
もちろん経緯は定かでないが、現場の状況を察すれば、その結果が軽度でないことは容易に想像できた。

拡声器から発する人間の声で目が覚めると、閉じたカーテンを通して赤色灯の明かりが寝室内を照らしていた。反射的に起き上がり、道路に面する高窓を開けてみた。
目に飛び込んできたのは大型スクーターの無惨な姿だった。車体色は黒、その大きさから250ccクラスだろう。フロント部は完全に潰れ、バラバラになったカウル類が十数メートルの範囲で飛び散っているところを見ると、衝突時の衝撃はかなりのものだったろう。
飛散物に混じり、開口部を上にして佇む薄汚れた白っぽいジェットヘルが、事故の緊迫度をアピールしていた。
救急車は去った後だったが、道路上では数人の警察官が現場見聞の真っ最中である。
更に観察を進めると、事故の“相手”らしき車やバイクが見当たらない。現場は長い直線道路であり、ここで単独事故が起きるとは考えにくく、飛散物の落下範囲から見て単純な追突ではない筈だ。恐らくフロント部の損傷は、手前の交差点を通過しようとしたときに、左側の路地から車又はバイクが飛び出てきてそれにぶつかったものと思われる。
その後は転倒して外装をまき散らしながら十数メートル転がっていったのだ。
そう、この交差点には信号機があるので、どちらかに信号無視があったことは確かだろう。

先ほども述べたが、自宅前の道路は長い直線で見通しも悪くない。しかしここは昔から事故が頻発する、鬼門と呼ぶべきエリアでもあるのだ。
井の頭通りは三鷹中央通りを境に車の流れが異なる。東側、つまり吉祥寺を抜けて環八までは比較的交通量が多く流れが滞ることがも屡々だが、反面、西久保から武蔵境へ向けての西側になると途端に流れが良くなる傾向がある。しかも沿道には、境浄水場、畑等々が点在して開放感があるので、無意識にアクセルが開いてしまうのかもしれない。
何れにせよ、バイクで事故を起こしてしまえば最低でも怪我は免れず、運が悪ければ重傷または死亡にまで至る。
ガッチャーンっとぶつかって、

「馬鹿やろ====!!!」

と、叫べるのは車だけなのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。