若い頃・デニーズ時代 72

沼津インター店にとって年間最大の山場である“”旧盆ウィークも無事に終わり、しかもおかげで予想を超える成果をあげることができた。峠を越えた安堵感はひとしおで、スタッフ達の顔付にも、良い意味でのゆとりが戻ってきたように思えた。
9月に入ると朝夕では秋の気配を感じるようになり、気持ちは自然に次のシーズンへと切り替わって行った。
麻美との結婚準備も順調に進んでいて、暮れには結納、そして来年5月に挙式も決まり、人生の順風満帆を実感するのだった。

その日は中番(12時~21時)に入っていたが、珍しくジャストに上がることができて、同じシフトだった東海大軍団のSA嘉村、そしてクックの井上と、エンプロイテーブルで一服つけていた。

「今日は引くのが早かったですね」
「30分前から締めや補充ができたもんな」

井上がクック帽と前掛けを外して、好きなハイライトを胸いっぱいに吸い込んでいる。彼とは煙草の好みが合うようだ。多くの人が吸っているマイルドセブンは軽すぎて余り好みではなく、香りが良くて、パンチの効いたショートホープが一番のお気に入りだ。

「今日もそこそこ入ったんだろうけど、夏を超えると何だか楽に感じるよな」

嘉村がしきりに頷いている。口数が少なく、与えられた仕事はきっちりと責任をもって行うところは、東海大軍団の中ではピカイチ。彼なら卒業後どのような仕事についても人並み以上の成果を出せると思う。尤も、西伊豆の船主の御曹司なので、十中八九親父さんの仕事を継ぐのだろうが。

「マネージャー、独鈷の湯(トッコノユ)って知ってますか?」

その彼がいきなり口を開いた。

「ん? なにそれ」
「井上さんは、知ってます?」
「俺も知らないな」
「修善寺にある無料の露天風呂ですよ。川沿いにあるんですけど、東屋になっていて脱衣場もないんです」
「それじゃ周りからモロ見えじゃん」
「そうなんです。だから昼間は誰も入ってないです」
「混浴?」
「はい」

こんな話の流れだったが、何だか無性に面白そうな情報だったので、早速行ってみることになった。
もちろんメンツは言い出しっぺの嘉村、そして井上と私の三人である。

伊豆最古の名湯である修善寺温泉は、店から大凡30kmと距離的にはそれほど離れていない。因みに首都圏とここ沼津界隈を比べれば、その距離感は大分異なり、時間帯にもよるが、夜遅くだったら車で30分もあれば間違いなく到着する。東京で同じ距離ならその倍は覚悟しなければならないだろう。

国道から温泉街へ入ると、道は急に狭くなった。スピードを緩めて更に進んでいくと、間もなく左手に川、その先にホテルが見えてきた。
腕時計を見ると22時半を回っていたが、通りには浴衣姿がぽつりぽつりと目に付く。さすがに人気の温泉地だ。
車を適当な路肩に駐車させ、店から失敬してきたタオルを取り出すと、わき目も振らずに独鈷の湯へと直行。なるほど、嘉村の言ったとおり、川の畔に忽然と東屋が立っている。

「ほんと凄いところにありますね、これじゃ昼間は無理だ」

脇にある石段を降りていくと、暗い中にも独鈷の湯の全体像が分かってきた。

「おっ、ラッキー。誰も入ってないっすよ」

暗闇に乗じてさっさと衣服を脱ぎすて湯へ浸かった。3人だとのびのびできる広さがある。大人5人までだったら何とかなりそうな大きさだ。

「いや~~、きもちいいな」
「さいこうさいこう」

闇夜を照らすのは街路灯とホテルの窓から洩れる光だけ。そして目の前に流れる桂川の絶え間ない川音が、耳に心地よく響き渡る。これは何とも嵌るSituationだ。
からんころんと時たま届く下駄の音を聞くと、結婚したらこんな温泉でのんびりするのもいいかなと、柄にもないことを思ってしまった。

入る人が少ないのだろうか、湯は結構熱かった。
湯船から出ると足湯のように腰かけて、山の冷気に身をさらした。すぐに火照りが消え去り気持ちがいい。
うつらうつらしだした時、一つの下駄音がこちらへ近づいてくるのに気づき、反射的に耳を澄ました。音の厚みやピッチからして女性か、、、
ここが目的だったら気の毒なことだ。小さな露天風呂に男が3人も入っていたら引き返すしかないだろう。

「誰か石段を下りてきますね」

嘉村も気が付いていたらしい。
足音は躊躇なく近づいてくる。そして簡易脱衣所に足音の主が現れた。

「あら、先客さんね」

女性だ。暗い中、目を凝らせば、頭をアップにした“粋な御姐さん”って感じな人だ。
年の頃は40代前半だろうか。

「すみませんね、先にいただいちゃってて」
「いいのよ、大勢の方が楽しいじゃない」

その直後だ、彼女は踵を返すといきなり帯を解き、着ていた浴衣をスルッと肩から落とした。
呆気にとられた我々3人は、その後姿を見て更に呆気にとられたのだ。
肩からそのくびれた腰に亘って、牡丹だろうか、赤い花が連続して描かれているではないか。まさしくそれは本物の入れ墨であり、彼女が普通の女性とは明らかに異なることを意味していた。
浴衣を畳んで棚に置くと、前も隠さず湯船に入ってきた。
後からよく思い出せば、つり目で唇も薄く、かなりきつい顔つきではあったが、体は、無駄なぜい肉のない、むしろ年増女の魅力をこれでもかと発散する極めてエロいものだった。
私も若い。これほどの裸体を目の当りにしたら、本来は男が反応するだろうが、背中の花と、物怖じしない所作に圧せられ、情けないことに、まるで冷たい海にでも入ったかのように、これでもかと縮み上がっていたのである。

「お兄さん、水止めて」
「あっ、はい」

ここへ到着した時から、温泉の湯があまりにも熱かったので、脇にある水道の栓を開いていたのだ。

「こんなに温いんじゃ、入った気しないでしょ」
「で、ですね」

決して温いとは思わなかったが、そう返答するしかない雰囲気が漂っていた。見れば嘉村も井上も完全に茹っている。これはそろそろ引き際のようだ。
二人に目配せしてから、

「それじゃ僕ら、これで」
「あらそうなの、おやすみなさい」

3人とも前を隠しつつ、俯き加減に湯船から上がり、簡易脱衣場で手早く着込むと、逃げるように独鈷の湯を後にしたのだ。
石段を上がった左側の自動販売機でそれぞれ飲み物を買い、目と鼻の先に停めてある車へ向かう。
それまで寡黙だった3人だが、車へ乗り込んだとたん、一斉に口を開いた。

「ひょえ~~すごかったぁ~~」
「あの人、ヤクザの女ですかね」
「俺、ビビりましたよ」

彼女には圧倒されっぱなしだったが、この上ないいい経験だったことは間違いない。独鈷の湯自体をもっと楽しみたかったのも正直なところだが、それはこれからいくらでもできること。
入れ墨女のきれいな裸体を目の当りにできたなんて、これからの人生には十中八九ないことなのだ。

「今日は来てよかったっすよね」
「俺になんかおごってくださいよ」
「あはははは、わかったわかった」

嘉村のドヤ顔や、井上の楽しそうな表情を見ていると、やはり沼津に来てこれまでの流れが変わったのだと、つくづく実感したのだった。
さっ、明日も仕事。頑張るぞ!

若い頃・デニーズ時代 71

旧盆ウィークになると、街中に他県ナンバーの車が溢れかえった。特に東名沼津インターからR414に至る道には、「沼津」や「静岡」などの地元ナンバーより、東京方面のナンバーの方がはるかに多くなっていた。それだけ多くの観光客が押し寄せているということだ。

朝6時過ぎ。出勤しようと車を走らせると、インターチェンジから吐き出された車が数珠つなぎとなり、既に渋滞を作り出していた。夏の間、私も含めて地元の人達はグルメロードを使うことはない。他県の人にはそれほど知られていない裏道、R405があるからだ。グルメロードとほぼ平行に走るこの道は、沼津市街地から沼津インターへ至る際、最も時間の読める道と言っていい。

「それじゃ開けるよ」

7時ジャストに店を開けると、既に入口で待っていたお客さん十数人がなだれ込んだ。

「いらっしゃいませデニーズへようこそ!」

瞬く間に1ステと2ステが満席になった。しかも駐車場へ入ってくる車のペースを見れば、3ステもすぐに開けるようだ。
オーダーの殆どはモーニングだが、子供のいる家族連れからはファウンテンのオーダーも結構入っている。ファウンテンはMD自ら作らなければならないので、経験の浅い子だと、慌てふためいて作業の順番がめちゃくちゃになりパニックを起こす。

「あ~~、シェークが掛けられない」

安井みのりが早くも助け船を出してきた。

「なになに、いくつ作るの?」
「チョコ3つです」
「分った。やっとくから、それより早くモーニング運べよ」
「は~~い、ありがとうございま~す」

シェークはそれほど手のかかるメニューではないが、シェークマシーンは2機しかないので、手早くリズミカルに作ることが肝心だ。それと背の高いロンググラスを使うので重心が高く、一度に運べるのは2つが限界である。
朝一からMD3名、キッチン3名の体制を取っていたのでので、それほどぎくしゃくすることなく回転した。更に8時になればDW1名、BH1名が加わり、ランチまでにはMD5名、キッチン4名、BH2名、DW1名という完璧な布陣となる。

「マネージャー」

陽子さん、いつも以上に溌溂と作業をしている。

「どうした」
「よかった~、ホワイトいっぱい発注しといて」
「そうか。普段の日曜の1.5倍だぜ。いけそう?」
「うん。でも、これでもぎりぎりかな」

旧盆の経験がある陽子さんと水島の意見を参考にした発注量は正解だった。沼津店UMとの連携で貸し借りはフリーだったが、デイリー商品はさすがに余剰はないので、完璧に自店で賄えるよう正確な発注が必要不可欠になる。

「そのほかはどうよ」
「パンは大丈夫だけど、ランチ終わったら、トスサラ多めにやっとく。あとは井上さんが来たら打合せしときます」

モーニング~ランチの準備は陽子さんに任せておけば間違いない。ディナーは新人ながら奮闘している社員クックの井上と相沢の二人が頼みの綱である。リードクックはいないが、その辺は佐々木が十二分に働いてくれるので安心だ。
10時過ぎになると3ステが空きだしたが、その後も再び埋まってランチへと突入した。

「小野田さん、アイスコーヒーダブルで落としといて」
「は~い、ました~」

さすが盛夏。アイスコーヒーが飛ぶように出る。
MDの小野田さんは主婦である。二人いるお子さんの内、下の息子さんが今春から中学生になったので、手間もそれほどかからなくなり、人手が足りない時などは週末や休日でもスケジュールに入ってくれるのだ。既に2年選手のベテラン選手なので、新人MD達には目の届かないところへのフォローも完璧である。彼女のようなMDが一人いるだけでフロントの安定感はぐっと向上する。

「いらっしゃいませデニーズへようこそ。何名様ですか?」
「子供入れて6名だけど」
「お席はごいっしょの方がいいですよね」
「そうだね」
「それではお名前よろしいでしょうか」

ここ数年、一般家庭が所有する乗用車は、セダンからワンボックスへと急速に変わりつつあった。一家4人が乗る場合、その居住性と積載性はセダンとは比較にならないほど良いからだ。たくさんのお土産を抱えて帰省し、再びたくさんのお土産抱えてUターンするこの旧盆などにはもってこいの車ではなかろうか。
それと運転者のアイポイントも高くなるので、長距離を走ってもセダンより疲れが少ないと聞く。
そんな背景もあるのか、休日には4名以上、時には10名を超えるグループ客が非常に多くなってきた。そんなお客さんが一同で座るとなると当然テーブルは限られてくる。空いている席へバラバラで入ってくれれば苦労はないが、全員一緒を固持するお客さんは少なくない。
こうなると回転が悪くなり、更には入口周りに人が膨れ上がって、せっかく駐車場まで入ってきた車が、それを見て引き返すなんてことも屡々だ。
そう、このようなピーク時にはDLの配置が不可欠。DLとはデニーズレディーの略で、仕事はご案内。とは言っても単にお客さんを案内するだけではなく、全テーブルの状況を掌握し、どこがそろそろ空きそうだとか、MDやBHと連携して、滞在時間が長いテーブルへの中間バッシングの指示を出したりと、いわば司令塔的な役割を担うのだ。
よってDLは積極的な性格を持ち、コミュニケーション能力に長け、そして皆に好かれるキャラがなくてはならない。
てなことで、このポジションを麻美にやってもらった。

「萌ちゃん、4番3名様行くね」
「ありがとう!」
「仲居くん、18番バッシングお願い」
「ました!」
「小野田さ~ん、24番4名様いいですか」
「どうぞ~!」

実に見事である。
任せられるDLがいれば、マネージャーはより細かなフロントのチェックや、ディッシュアップのフォローも可能になり、より一層のサービス向上が図れるのだ。
しっかりとした準備が功を奏したのだろう。嬉しいことに、旧盆ウィークに入ってからというもの、連日前年を超える売上を叩き出していたのだ。
店全体がリズムに乗ると、どれだけ忙しくても全く疲れないから可笑しくなる。

若い頃・デニーズ時代 70

海あり山あり川あり、そして夏は涼しく冬は暖か。抜群のロケーションと過ごしやすさが光る沼津は、デニーズに入社して以来、溜まりに溜まった鬱憤やもやもやを、少しずつだが確実に取り除てくれ、遂にはリラックスという言葉の意味を実感をもって知ることができたのだ。

眼前に大海原が広がる千本浜。癒しの場所として何度となく訪れていたが、ここへ来るときは一人のことが多い。
堤防へ腰かけ、何をすることもなくただ海を眺め、潮風にあたり、行きかう人々に目をやり、時間の経過に身をゆだねる。見渡せば私と同じように過ごしている人もちらほら見かけ、ここが市民にとってかけがえのない憩いの場所になっていることが分かる。
少し東へ歩を進めば、賑やかな沼津港が見えてくる。静岡県下第2位の水揚げ量を誇る漁港だが、同時に西伊豆の人気スポットである大瀬崎、土肥等々へと繋ぐ観光船の発着港でもある。夏ともなれば朝から凄まじい人波が押し寄せ、乗船口には長蛇の列ができる。子供の頃、ここから家族四人で遊覧船“龍宮丸”に乗って、海水浴を楽しみに大瀬崎へ行ったことがある。桟橋に到着し、船から降りて足元の海を覗くと、無数の青く小さな魚が泳ぐ様が手に取るように分かり、その透明度の高さに度肝を抜かれたことを覚えている。

「それじゃそろそろ会議を切り上げて、港へ行くか」

東海地区のUM会議は原則的に静岡長沼で行われるが、今回は沼津インター店に全員が集まった。その訳は、昨年から開催が始まった、沼津港を中心とするお祭り【海神祭】が中々の評判ということで、皆で一度は行ってみようということになったのだ。
東海地区のメンバーは、坂下DMを中心に皆仲がいいから、こんなイベントも自然に出てくるのだ。

港に到着すると、魚市場の駐車場にずらっと並ぶ出店が、祭りの雰囲気を盛り上げていた。

「いらっしゃ~い!この鰯料理は全部無料ですよ~~!食べてってくださいね」

どこの店からも威勢のいい声が飛び交ってくる。
どうやら出店の訴えるテーマは“鰯”のようだ。魚がそれほど好きでない人だったら、まず鰯を口にすることはないだろう。何故なら“ザ・魚”と言うべき生臭さに耐えきれないからだ。鮮度の落ちも早く、そうなれば尚更臭いは強力になる。
ところが、そんな鰯も調理法さえ工夫すれば、これだけ美味しくいただけることをアピールしていたのだ。
聞けば鰯の水揚げ量も県下トップクラスだそうだ。
試しに煮つけを試食してみた。

「おっ、美味いじゃん」
「ほんとだ。ご飯が欲しくなる味だな」
「これなら子供もOKかも」

生姜の風味をきかせたその煮つけは、ご飯のおかずにはもちろんのこと、酒の肴にしたらついつい飲み過ぎてしまうほど。その他焼き物も香ばしさと程良い苦味が素晴らしかったし、何と刺身は全く生臭さが感じられない。

「いや~~食った食った」
「お金払いたいくらいですよね」
「ほんとほんと」

海神祭は出店だけではなく、浜へ出ればウィンドサーフィンのレースもあるようだが、残念ながら今日は終わっていた。
腹ごなしに皆で港をぐるりと一周歩き、その後一応解散とした。東京でこのようなUM会議は絶対にありえないし、また想像もつかない。それにしてもこのメンバーの大らかさには笑いがでてしまう。
特に最年長者である静岡長沼UMの小森さんは、大らかでプラス志向が強く、いつも輪の中心にいて皆を和ませてくれる。年上と言うこともあり、坂下DMも小森さんには一目置くところがあり、良い意味で彼はUMとDMの間のクッション的役割を果たしていた。

「どうです?囲みます?」
「2~3回ならいいよ」
「じゃ決まりだ♪」

静岡でも沼津でも、締めはこれ。
究極の夏ピークが訪れる、旧盆前の静かなひと時である。

「へぇ~、みんなで海神祭行ったんだ」
「なんだ、連れてって欲しかった?」
「んっ、いい。魚嫌いだから」

沼津に住んでいて魚が嫌いとは、何とも勿体ない。

「海神祭はどうでもいいから、お肉食べに行こう」
「肉かい」
「盆休みもヘルプに行くんだから、うんと美味しいやつね♪」

実は、麻美に旧盆期間中の助っ人を頼んでいた。彼女の勤めるカーディーラーも5日間の盆休みがあったので、そこから2日間を当ててもらったのだ。
何もそこまでとは考えたが、やはり初となる沼津インター店の旧盆はそれだけプレッシャーの掛かる大イベントなので、どうしても安全マージンたっぷりの布陣が欲しかったのだ。