若い頃・デニーズ時代 78

荷造りもなんとか形にして、あとは引っ越し屋に託すのみ。
すっかり空っぽになった部屋を眺めていると、ちょっぴり切なくなった。無理もない。初の一人住まいだったし、短い期間だったが、沼津ではたくさんの良い思い出が作れたのだから。
地元東京の武蔵野市以外で、ずっと住んでもいいかなと一時でも思ったのはここだけだ。そんな気持ちになるのは子供の頃に過ごした4年間の体験と、何より漂う空気感が妙に肌に合うからだと思う。
遥か西の彼方まで続く千本浜と千本松原。賑やかな沼津港と大河・狩野川の流れ。雄大な富士山と伊豆半島の遠景。干物の香りに潮騒。そして出会えた多くの温かい人々。
何もかにも心に残る。

身の回り品だけをセリカXXに積み込み、私と麻美は沼津を後にした。

「どうなるかね」
「頑張るしかないさ」

故郷を離れ、未知の土地での生活を考えれば至極当たり前のことだが、やはり心なし麻美も元気がない。

東名高速は順調に流れた。西宮の新居までは沼津から大凡400km。休憩をしっかり取っても6時間あれば辿り着けるだろう。
名古屋を通過し、道はやがて名神高速へ。少々疲れも出てきたので、養老SAで休憩することにした。車を降りて周囲を見回すと、やはり関東系のナンバーはぐっと少なくなり、遠い地へ近付きつつあることを実感する。

「あれ、どこも屋根が黒いね」

そろそろ京都というあたりまで来た時だ。麻美の何気ないひとことに、左方へ目を走らせると、なるほど、見渡す限り殆どの建物が黒っぽい瓦屋根になっている。古都へ近づきつつあることが実感できる一瞬だ。西宮から京都は近いので、修学旅行以来となる旅を楽しめれば最高だ。

「この地図、しっかり見てて」
「わかった」

長かった高速道路も終わりに近づいてきた。インターを降りてからマンションまでの道順は何度も地図を見て確認していたが、なにせ未知の土地だから不安はある。
その新居、実はどの様な交通手段を使っても非常に便利なところに位置していた。
もうすぐ降りる西宮ICからだと距離にして3km、10分はかからない。電車だったら徒歩2分で阪神・武庫川駅がある。大阪空港を使うとなれば171号線を15km走れば空港駐車場に入れられる。

「とにかく国道2号線の北側なんだよね」

すぐ近くだとは分かっているが、住宅街に入ると道は急に狭くなり、目印となるような商店等々は殆ど見当たらない。

「あっ、左の先に公園が見えた」
「それだよ、それ。だぶんマンションはその突き当り右だ」

新居のすぐ近くに小さな公園があるのを地図で確認していた。
大家さんによれば、引っ越し荷物の搬入は既に終わっているとのことで、到着したらすぐに開梱してセットできるとのこと。但、手に入れなければならないのが家電。炊飯器と電子レンジ、それにアイロンは結婚のお祝いでいただいたものがあるが、冷蔵庫と洗濯機はすぐに必要だ。これも大家さんに相談すると、近所の家電販売店「ミドリ電化」を教えてくれた。

「これ片付けたらミドリ電化へ行こう。その後で夕飯だな」
「神戸屋でも行ってみる」
「いいね」

ミドリ電化は新しい職場となるデニーズ西宮中前田のすぐ近くだった。かなり大型の店舗で殆どの家電製品はここで手に入れることができそうだ。

「このくらいの大きさがあってもいいよね」

麻美が選んだ冷蔵庫は、背が高く冷凍室が大きい薄いグリーンのサンヨー製。

「家族が増えるんだからいいんじゃないの」

ずいぶんと先の話になるが、実はこの冷蔵庫、なんと30年間も使うことになったのだ。恐るべき耐久である。

神戸屋レストランはデニーズから北へ1km弱のところにあり、おまけにすかいらーくも近くに発見。こうしてみると今度の店は激戦区の真っ只中なのかもしれない。気を引き締めてかからないとしっぺ返しを食らいそうだ。

「すごい盛況ね」
「パンのレストランだけあって、なんとなく品のあるお客さんが多いな」

初めて入った神戸屋レストランは、御三家のどれとも異なるハイソな雰囲気に溢れ、これがそのまま神戸の印象に繋がりそうだ。それにしても平日のディナーだが、ほぼ満席である。
お代わりがいくらでもできるパンは、さすがに看板品。いろいろな種類を試食したがどれも頷ける味。栄喜堂のディナーロールも美味しいが、ここのパンはより嗜好性の高いもので、店のカラーが鮮明に出ている。

「パンが美味しいからついついいっぱい食べちゃったけど、これじゃ肝心の料理が入らなくなるね」
「俺も同じだよ」

おすすめメニューとのことで注文したビーフシチュー。さすがにワンランク上の味わいがある。しかもパンと一緒にいただけば、ソースの一滴も残さずに完食できるからいい。スプーンでカシャカシャやるよりよっぽどお上品。
それにしても、久しぶりの満腹である。

長距離に及ぶ引っ越し、セッティンク゛、買い物と、久々にぐったりとした我々は、早々にベッドへもぐりこみ、慣れない部屋にも関わらず、爆睡できたことは言うまでもない。
明日からは当面クンロク(9:00~18:00)で入り、先ずはDMと一緒に警察と保健所への挨拶周りだ。

若い頃・デニーズ時代 77

関西事務所は吹田市にある江坂駅から歩いてすぐの雑居ビルに入っていた。
ドアを開き足を踏み入れると、私と同年代と思しき男性が笑顔で迎えてくれた。鈴木さんという営業管理の方で、こじんまりした部屋にいるのは彼一人だけだった。事務所を開設したのはつい最近だろうか、開けていない段ボール箱が部屋の隅に2~3個並んでいるし、扉が半分ほど開いたスチール棚の中は空っぽだ。

3人でテーブルを囲み、開店スケジュール表を基に確認作業を行った。
最初に目が付いたのはメンバーリスト。相棒となるマネージャー2名は共にUMITで「宗川」と「辻井」。リードクックは“使える”と評判の高い「谷岡」という男。春本DMの「この3人だったら絶対に文句は出ない」との力強い口調に、何だか気持ちが楽になってきた。
アルバイトの募集も全体的に順調のようだ。但、平日のモーニング~ランチのMDがなかなか集まらないとのことだが、時間的にはまだ余裕があるので、その辺は今後に期待したい。
そして既に展開中のクローバー作戦(人海戦術により、最商圏内の一般住宅、職域を訪問して、デニーズ新店オープンを知らしめること)からは、興味深い事実が浮かび上がっていた。
尋ね歩くと、殆どの方がデニーズレストランを知らないと言う。西宮近辺でファミリーレストランと言ったら、一に“神戸屋レストラン”、そして“ロイヤルホスト”、“すかいらーく”らしい。

「デニーズ? ディズニーランドちゃいまんの?」

こんな反応が返ってきたのも一度だけではない。しかし関西は初進出だから、至極当たり前の話でもある。他社に追いつけ追い越せと、我々がこれから地道に頑張り続ければ、少しづつでも必ず知名度は上がってくる筈だ。

一通りの説明と質疑応答の後は、鈴木さんも交えての夕食となった。

「じゃ、カーニバルプラザへ行きましょうか」

このカーニバルプラザとやら、大阪ではちょいと有名らしく、非常にトレンディーな場所とのこと。事務所からは目と鼻の先にあり、実際に徒歩で5分もかからなかった。
到着して辺りを見回すと、大きな公園の中にレストランを中心としたその他アクティビティーが点在していて、東京でも見たことのない形態であり、確かに新鮮味はある。
春本DMは何度か利用したことがあるのだろう、慣れた感じで我々を案内してくれた。

「木代は江坂から電車で帰ってもらうから、ビール飲んでいいぜ。そうそう鈴木さんもやってくださいよ」
「じゃ、木代さん、お言葉に甘えましょうよ」
「ました~~♪」

話題は仕事半分、プライベート半分。なんだかんだ盛り上がった。

「鈴木さん、寮の方はどうなってます」

春本DMは、ビールが飲めない代わりにひたすら肉を頬張っている。

「ちょっと家賃が高かったけど、阪神西宮駅近くに3LDKのマンションを見つけました。リビングなんか15畳もありますよ」
「そりゃ豪華ですね」
「神戸住吉で一人、木代んとこが二人入る予定だ」

準備は確実に進行していた。宗川は既に引っ越しも終わり、昨日からクローバー作戦にも参加しているとのこと。辻川も新居の契約は完了しているようで、私と同じく残すところは引っ越しのみ。彼らは独身だから、その辺は身軽にちゃちゃっとやっつけられる。
明日沼津へ戻ってからは忙しくなりそうだ。一人で住んでいた頃は冷蔵庫すらなく、布団にちゃぶ台、着替えが少々ってなものだったが、所帯を持てば当然それは二人分以上になっていた。スケジュールも迫っているので、休みは朝から動いて一日でまとめる必要がある。

「それにしてもさ、中前田のオーナーさんは、なんだか凄そうな人だよ」
「どうしてですか」

春本さんが意味深な表情で話し始めた。
店舗の地鎮祭に立ち会った最中の出来事なのだが、気が付くと2台の黒塗りのベンツが近づいてきて、明らかにその筋とわかる男達5人が車から降りてきた。

「誰に許可とったん!!」

突然の出来事に春本さん並びに参加者は右往左往。ところがひとり動じないオーナーさんは、輩のリーダーと思しき男に歩み寄ると、ひとことふたこと何かを話し掛けた。すると摩訶不思議、何もなかったように男たちは立ち去ったそうだ。
一呼吸おいてから、春本さんがオーナーさんに何を言ったのか聞いてみると、

「仕事、やったんですわ」

興味をくすぐる一言。想像が膨れ上がった。
もうひとつ。実はオーナーさん、地鎮祭に“ひとり”では来なかった。オーナーさんは自らベンツを運転してきたが、そのあとからピタッと寄り添うようにグレーのアウディーがついてきていた。乗っていたのはひとりの男。
髪をきれいに後ろへ撫でつけ、薄い色の入った眼鏡をかけ、びしっとした黒のスーツを纏い、車を運転している時と同様に、降りてからも絶えずオーナーさんと同間隔を保ち続けていたのだ。

「あれさ、誰が見たって用心棒だよな」
「そんな感じですね」
「オーナーさんも結構怪しい人だったりして」

会話は他人ごとのように面白おかしく進んでいたが、その内容故に、どうしても高田馬場事件を思い出してしまう。
嫌な記憶だ。暴力団と聞くだけで虫唾が走り、今回も緊張感は避けられない。況して関西は本場っぽいイメージがあるから尚更だ。
開店準備の一環として西宮警察署へは挨拶に行くが、警察があまり頼りにならないことは高田馬場で痛いほどわかっていた。

「木代さん。引っ越しが終わったら、地域を少しでも知ってもらえるように、西宮、神戸界隈を半日くらい車で案内しますね」

酔いが回ったのか、頬に赤みが増してきた鈴木さんである。

「それはありがたいです。色々とすみません」
「関西、ガッチリやりましょう!」

さっ、来週からだ!!

若い頃・デニーズ時代 76

関西出張が迫ってきた。目的は現地の下見と新居の契約だ。いよいよ始まるという現実感と共に、過去の異動では感じたことのない不安が圧し掛かかる。
不安の種は土地勘がまったくないことに尽きた。
現地での生活が始まり、担当DMやエリアのUM達と切磋琢磨していけば、自然に解消していくことだと思うが、辞令発令以来、「どあほ!なにやってんねん!」てなフレーズにはやたらと敏感になってるし、私にとって名古屋から先は未踏の地なので、現時点で関西を知る術は情報のみ。そして情報というものは、良い意味でも悪い意味でも想像が勝手に突っ走るもので、頭の中は混乱の嵐である。
生まれも育ちも関東圏の人だったら、関西という土地に対して特別感を抱いている方は恐らく多い筈。関西弁が醸し出すイメージは、時に荒っぽく、時にひょうきん、そして人間味に溢れ、その何れも打ち出し感が妙に強いと言ったところだろう。
まだ見ぬ未知の人々に対して戦々恐々となってしまい、心情的にはまるで外国へでも赴任するような騒ぎになっていた。

三島駅の駐車場へ車を入れ、いざ新幹線に乗り込むと、吹っ切れたのか、旅行気分のリラックスムード。買い込んできたビールとつまみをシートの背面テーブルへ並べ、雑誌を広げる。普段、列車は殆ど利用しないので、車窓を流れる景色はとても新鮮に映る。ついつい目が釘付けだ。新神戸まで大凡2時間半。あっという間の旅である。

新神戸の駅前に立つと、予想もしていなかった美しい街並みの出向かいに、暫し立ち尽くす。
駅舎も眼前に広がるビル群も近代的で美しく、海へ向かって下る坂と、背後の六甲山系の緑がそれを際立たせ、東京のどこの町にもない、洗練された景観を作り上げていたのだ。
今宵の宿は関西事務局が新神戸駅に程近いビジネスホテルを確保してくれていたので、先ずはそこへ行ってみることにした。実はビジネスホテルなるもの、今回が初体験なのでちょっとワクワク。
チェックインを済ませ、部屋でひとまず一服。備え付けのコーヒーを飲みながら、資料を広げて不動産屋を確認する。場所は西宮北口から歩いて2~3分とのことだ。ホテルからは先ず三宮まで歩いていき、そこから阪急電鉄に乗れば間違いなく行きつける筈。やはり新居は一番気にかかることだから、納得のいく物件を早いとこ決めて安心したいもの。

「こんな感じの間取りですが、南向きで、何より武庫川の広くてきれいな河川敷がすぐ脇にありますからね」

総戸数6のこじんまりした賃貸マンションで、間取りはオーソドックスな2DK。2階の真ん中の部屋である。
最寄りの駅は阪神電鉄の武庫川駅で、歩いて1~2分と便も良さそうだ。
不動産屋の車に乗り込み、早速現地へ赴く。
築年数はやや古いが、がっしりとした造りなので、子供の夜泣きに対してもそれほど気にしないで大丈夫とのことだ。見回せば静かそうなところだし、不動産屋が言っていた武庫川の河川敷は本当によく整備されていて、ベビーカーを引いての散歩には絶好だろう。
資料に記載されていた駐車場込みの家賃もこのレベルなら納得である。それに当時の関西では当たり前だった、“敷金礼金半年分”などという甚だしい内容ではなかったので、事務所へ戻って即契約とした。

15時。新しい上司となる春本DMが、西宮北口の駅前まで車で迎えに来てくれることになっていた。
先にオープンしていたデニーズ神戸住吉店の見学と、その後は江坂にある関西事務所まで行って基本的なスケジュールの確認、その後は夕食を奢ってくれるとのことだ。
殆どジャストタイムにグレーのセダンがハザードを点滅させながら駅前通路に入ってきた。同時にウィンドウが下がり、

「おはよう。木代くん?」
「おはようございます。よろしくお願いします」

こうして車に乗り込むと、神戸住吉店へと向かった。

「住まいはどうだった?」
「いいところだったんで決めてきました」
「そりゃよかった。あとは引っ越しだな」
「明日戻ったら、すぐにとりかかろうと思ってます。それより右も左も分からないんで、よろしくお願いします」
「確か錦町でオープンは経験済みだろ?」
「ですけど、東京と関西じゃ、何かと違うと思って」
「いやいや、同じ、同じだよ。逆にうちのエリアは新しいから、他のUM達とも歩調が合うんじゃないかな」
「そうですか、ちょっと安心しました」

目が細く垂れている戎さん顔の春本DMは、どことなく坂下さんに雰囲気が似ていて、初対面でも話し辛いことはまったくなかった。それより私の不安や疑問を真剣に聞いてくれる姿勢がありありと分かり、この人の下だったらオープンもスムーズにやれるのではと直感した。

「いらっしゃいませ、デニーズへようこそ!」

関西入りして最初に耳に入ったグリーティング。場所は異なれど、グリーティングは全国共通。ここもデニーズなんだとほっとした。

「おはようございます、谷田です。よろしくお願いします」
「木代です、こちらこそよろしく!」

谷田UMは、四角い顔に健康そうな真っ白い歯が印象的。優しい笑顔は人に好かれそうだ。
国道2号線沿いにある店舗は、商業施設へのインストアなので、どこにもないここだけのスタイル。窓の数の問題で全体的にフロントは薄暗く、それに合わせて高級感を狙ったのだろうか。しかし作業同線もやや狭くなっていて、圧迫感さえ覚えた。これは同じインストアの沼津店や高田馬場店とは異質な感覚だ。広く明るい独立店舗とはまさに正反対のイメージである。
そしてこの高級感を作り出しているのは内装や照明だけではないことが分かった。その時三人いたMDの誰もがなかなかの美人で、健康的だがしっかりとした大人の色香を漂わせていたのだ。彼女達、恐らく年齢は二十歳以上で、平均生活レベル以上を持つ主婦か、名の知れた大学の女子学生だろう。
そんな私の視線をキャッチされたか、

「いい子が揃っているでしょ」

谷田さんが胸を張った。

「あの二人は武庫川女子の2年生と3年生です」
「へ~、お嬢さん学校なんですか」
「そこまでじゃないけど、まじめで清楚な子が多いですかね」

するとそのうちの一人がコーヒーをもって我々の座るテーブルに近づいてきた。

「マネージャー、ブレーク入りますが、、、」
「どうぞ」

あれ? きれいな標準語だ。

「彼女、関西弁じゃないですね」

春本DMがニヤッとした。

「ここのスタッフの殆どは、仕事上の会話は標準語を使うんだ。だけど大阪の店はどこへ行っても、いっさい関西弁だよ」
「へー、そうなんだ」
「木代さん、大阪の店でお客さんがMDを呼ぶときは、“ちょっとねーちゃん”って感じですけど、神戸では東京と同じで“すみません”なんですよ」

同じ関西でも地区によって文化的色合いが違うってことか。
神戸は上品、大阪はコテコテ?!
おっと、これじゃ大阪の人に怒られそうだ。
約3~40分、DMと谷田さんから関西エリアの近況報告を聞いた後、再び車に乗り込むと、今度は関西事務所へと向かった。
街は既にトワイライトタイム。窓を流れる景色は色とりどりの照明が主役である。
これは東京も神戸も同じなんだなと、妙に納得してしまった。