gavin のすべての投稿

白黒写真

 白黒写真は何ともいえぬ深い味わいがあり、見入ると不思議に心が落ち着く。もちろん写欲をそそられることは言うまでもない。ただ、色がないだけに、きれいな花を単純に被写体として選んでも、殆どつまらない画になってしまう。やはり白黒に適した被写体選びや設定を念頭に置かなければ、納得のいく画を切り出すことは難しい。
 まずシーンとしては、光と影のメリハリに富んだコントラストやや高め、という条件を狙いたい。逆光の中も面白いかもしれない。そして被写体には人工物・人工構造物をおすすめする。都市部の町中では、次から次へとターゲットが発見できるので、歩いているだけでうきうきしてくるし、構造物に人が絡めば言うことなしだ。
 見栄えのいい白黒作品の殆どは、全体的に暗いイメージのものが多い。アンダーな露出を選ぶのは前述の“光と影のメリハリ”が出やすくなるからだ。場面々々にもよるが、露出補正は大胆に▲2.0~3.0ほどでもいいだろう。私は普段の撮影でも▲0.7~1.0ほど補正をかけることが多く、これは理想的なレタッチを行う際に不可欠な白飛び防止のためだ。

十人十色

 人の嗜好や捉え方等々はまさに千差万別であり、十人十色を越えて万人万色だ。ところがこのような定理があるにもかかわらず、昨今世間では、例えば何かを購入する際の判断材料に、多くの方々がネット上の評価、口コミ、レビュー等々を重視する傾向にある。ただ、これは今に始まったことではなく、人というものは元来他人の意見や評判が気になる生き物なのだ。私自身、十分に“十人十色”を分かっているはずなのに、今でも度々ミスチョイスをし続けている。それは若い頃のレコード盤収集から始ったようだ。
 思い起こせば小学六年生だった。加山雄三の大ファンになってからというもの、音楽の楽しさに目覚め、当時大流行していたBeatlesやVenturesのサウンドは生活になくてはならないものになった。中学に進学するとギターを手に入れ、中学三年で初のバンドを組み、そんな勢いの中、とにかく多くのロックミュージックを聞いてみたい欲求に駆られ、母親に文句を言われつつも、しっかりと続けていたお年玉貯金のそのほとんどは、レコード盤の購入にあてられた。
 そんなレコード盤収集を行っていると、『ロック界の金字塔』、『鬼才〇〇のファーストアルバム』、『歴史に残るスーパーライブ』等々のうたい文句に反応して、勇んで買ってきて聴いてみたものの、「ありゃ?」なんてことが度々起きた。往生際の悪い私はアルバムに同梱されているライナーノーツを読んで無理やり納得しようとすると、俺の感性、ちょっとおかしいんじゃないの?と嘆いてしまうほど、素晴らしい論評が書かれてあるのだ。一番のいい例が、Frank Zappa率いるThe Mothers of Inventionのデビューアルバム【Freak Out!】だ。こ、これってなに?ロックなの??が第一印象。当時好きなアーティストがDeep PurpleやSantanaだったから、その差は大きいなんてもんじゃない。難解なのか駄作なのか、しまいには騙された感が膨らみ始め、これを高く評価する人たちの感性を疑ったりもした。当時Frank Zappaの音楽を『実験音楽』と称した評論家がいたが、なんともうまい表現をしたものだと呆れるやら失笑するやら。しかし同時に人の好みってのは様々なもんだと、変に納得したのを思い出す。

 最近のことでは書籍選びが挙げられる。私は週に一度ブックオフへ行く強力な読書好きだ。もちろん好みにしている作者はいるが、やはり新たな感動や刺激を求めて未知なるストーリーを探し求めてしまう。その際参考とするのがサイト上の評判。『一生に一度は読みたい』、『一気読み!徹夜必至』、『涙が止まらない感動本』等々のキャッチで始まるサイトは星の数ほど存在する。そのほとんどはランキング形式なので、とりあえず上位に入っているものを適当に選んで購入するという流れだ。さすがに上位に並ぶ作品のほとんどは、直木賞、芥川賞をはじめとする有名文学賞を受賞しているが、たまに「これで〇〇賞??」と首を傾げる作品も少なくない。まさにFrank Zappaと同様、理解し難い文学作品に時々ぶちあたることがある。特にジャンルを問わず、文脈にリズム感の乏しい作品は読む気になれない。なぜなら文中に引き込まれないからだ。だらだらとした流れが暫し続くと、その先を考えることなく畳んでしまい、お蔵入りとなる。ただ私には合わなくとも、世間では受賞するほどの評価が上がっているのだから不思議と言えば不思議だ。
 そんなことで最近は本を選ぶ際、サイトの評価を参考にすることはめっきり減った。ではどのようにするかと言うと、とにかくブックオフへ行って暫し棚を見渡し、なんとなく目に付く背表紙があれば引き出して、内容紹介や筆者紹介を確認、その場で惹かれる何かを感じれば、とりあえず購入してみるというもの。これで当たりが出ると、してやったりとばかりに嬉しくなる。それがきっかけとなり、連続して同著者の作品を買い求めることもある。こんな入手法が可能なのも、ブックオフという廉価で買える古本屋の存在あってこそだ。
 せっかくの休日なのに、今日は一日中雨降りとのこと。こんな時はやっぱりブックオフかな。

ゴールデンウィークの山歩き

 最高気温は25℃を越えそうだが、湿度が30%と空気サラサラ。これ以上望むことのない気象予報が出た五月四日(水)。とにもかくにも森に分け入ろうと、POLOを走らせた。ただ、四日はGW後半戦のピークとなる日なので、行先を考えないとカメラに映るのは人だらけになりそうだ。
 ということで、先日歩いた麻生山が閃いた。人気のなさは刈寄山といい勝負だ。先回は初歩きだったので、山中のこまごまとしたところまではチェックしなかったが、渓流あり、展望ありの変化を楽しめるコースだったことは印象に残っていた。小さな渓流や初夏の花等々をじっくりと観察しようと、出発は早朝とした。

 甲州街道の渋滞は日野バイパス入口まで。その後は至ってスムーズに駒を進めることができた。未舗装路を慎重に進んで行くと前方に白岩の滝駐車場が見えてきた。一応GW中だったので満車が気になったが、そんな心配は無用だった。停まっていたのはたったの一台。コースの選択に間違いはなかったようだ。
 支度をしてさっそく出発。“白岩の滝遊歩道”の看板を通過するといきなり空気感が変わった。渓流には鬱蒼とした森の木々が覆いかぶさり、びっくりするほどひんやりとしている。半袖では肌寒いくらいだ。先回では感じられなかったこの感覚は湿度の差だろう。沢沿いの道を上って行ってもそれほど汗をかかないことでも頷ける。そういえば新調したRIVERSの水筒の出番がまだ来ない。

 森はいたるところに芽吹きが始まり、躍動感に満ち溢れている。木漏れ日を反射する初々しい緑がこの上なく美しい。
 麻生平へ出ると、日の出山方面の景色が先回と違うことに気がつく。よく見るとあれだけ点在していた山桜が完全に消え去り、山の斜面は緑のベタになっているのだ。道端の様子からも季節の動きを感じられた。可憐なキジムシロやクサイチゴの花が一斉に開花して目を楽しませてくれたのだ。
「すみません。武蔵五日市から登ってきたんですか」
 前から歩いてきた年配女性がいきなり問いかけてきた。
「いや、白岩の滝ってところからきました」
「そこからって岩とかあって険しい道ですよね」
 彼女、なにか勘違いしている。
「おかしいですね。難しいところなんてひとつもない普通の山道でしたよ」
「あら、じゃ私、道を間違えたのかしら」
「かもしれませんね。それと武蔵五日市だったら、これ真っすぐです」

 金毘羅尾根に入ると、日の出山方面から下ってくる登山者の多いことにたまげる。この分だと日の出山山頂は通勤電車並みの混雑もようだろう。それにしてもいい天気だ。やや霞はかかっているものの、東方面は遠くまでよく見渡せる。
 日の出山頂上直下の取り付きまでくると、またまたびっくり。わんさかと登山者がいるではなか。道標の真ん前にある階段を上るとベンチが三つあるのだが、行ってみると全部埋まっていた。ここで昼飯にしようと考えていたからちょっとがっかり。ところが向かって左側のベンチに座っていた年配男性がいきなり出発準備にかかり始めた。何気に周囲の状況を観察しながら近づいていき、男性がザックを背負った瞬間にタイミングよく腰を入れた。さっそくストーブとやかんを取り出しお湯を沸かす。やられたとばかりに意味深な視線を送ってきた年配夫婦が、あきらめた様子を見せながら階段を下りていった。湯が沸く間に“ワサビめし”を食らう。このおにぎり、もはや山歩きの定番。つーんとくるところがなんとも食欲をそそる。
 日陰のせいもあるが、座ってじっとしていると寒くなる。ウィンドブレーカーを取り出し羽織ると、ちょうどよかった。それにしても右手の頂上から続く階段を見上げると、とめどなく登山者たちが下りてくる。恐らく山頂で昼飯にしようとしたが、どこにも座るところがなく、致し方なくスルーして下ってきたのだろう。頂上までの途中に、ここと同じくベンチが何脚か設置してあるところがあるが、間違いなく満席状態だろう。いつもの平日山歩きが如何に和めるものか、改めて反芻した。

 ここからR184へ至るまでは、歩きやすい下り坂が延々と続く。R184へ出ると道は平井川に沿うようになり、白岩の滝入口まで清涼感を保ち続けてくれる。笠取山の時もそうだった。下山時は殆ど渓流に沿った道になり、景観の変化がふんだんにあって一時でも飽くことがなかった。それを考えると、大崩落によって山道が何メートルにも渡って埋もれてしまい、大丹波川上流域から踊平へ至るエリアへ容易に足を踏み入れることができなくなったのは残念然りだ。蛇行したせせらぎとそれに架かる古ぼけた木の橋。濃縮された緑と苔が織りなす幽美な一角は、今でも心を虜にする。
 一度埼玉県側からトライしてみる価値はありそうだ。