大菩薩峠・絶景紅葉

 期待を上回る大パノラマに目が釘付け。これが今回の山行の印象だ。
「次は大菩薩に行きたいですね」と、山友のHさんよりリクエストが出ていたこともあり、秋口に入ってから何気に天候等々の情報に注目していた。十一月十日(木)に予定が決まると、紅葉のベストタイミングということもあり、期待感はいつも以上に上昇していった。
 大菩薩嶺はあの深田久弥が選定した“日本百名山”の一つである。過去に二度歩いたことがあるが、美しい唐松の森、変化にとんだ山道、眺望のきく開放感抜群の尾根道等々、山歩きに求められる要素がうまい具合にちりばめられ、なるほど百名山の名に相応しい。

 六時に三鷹駅北口でHさんと待ち合わせると、中央道で一路勝沼ICを目指した。フルーツラインを走り、途中セブンで買い物を済ませると、大菩薩ラインから登山口の標識があるT字路を右へ入る。森はまさに紅葉の真っ盛りで、木々の間から漏れる朝の陽光も力強く、天候の崩れはまずなさそうだ。
 ロッジ長兵衛真向いの駐車場は満車だったが、左道路沿いの駐車場には十分な空きがあった。紅葉狩りにはこの上ない条件がそろっているのに、ちょっと不思議な気はしたが、これなら静かな山歩きができるだろうと、準備の上、さっそく出発。

 歩き始めて間もなくすると“福ちゃん荘”が見えてきた。施設の前にはベンチが並んでいたので、ちょっと拝借し一枚上着を脱いだ。意外や気温が高く、ここから先の急坂を考えれば、大汗は避けられない。
「ほら、富士山」
 唐松尾根を中盤あたりまで上がってくると、松林の向こう側にくっきりと富士山の姿
が現れた。

「ほんと。きれいですね」
「このまま雲がかからなきゃ、上に行って絶景が見られそうだ」
 とかく富士山の周囲ってのは気象状況が変わりやすい。ほんのさっきまできれいに見えていたのに、ふと気が付いたら雲に覆われてしまったなんてことはよくあること。
 坂は徐々に岩が多くなり、それに伴い傾斜がきつくなる。階段の踊り場のようなところでちょっと一息つくと、
「すごい!めちゃきれい」
 Hさんが背後に広がる景色に見入っているではないか。
「ほんとだ、こりゃ凄いや」
 大菩薩湖を囲む山の斜面が赤や黄色の紅葉色に彩られ、それが見事なほどに広がっている。おまけに富士山の手前に連なる山々にはきれいにガスがかかり、幻想的な美しさを醸し出している。昨年の笠取山頂上からの眺めも息をのんだが、今、目の前に広がる景色は正直別格。感性を圧倒する美のレベルが、人の目と心を釘付けにしてしまうのだ。
「今日は最高ですね」
「めったにお目にかかれない眺めだよ」

 雷岩が見え始めると、風が強くなってきた。しかもとても冷たい。いったん森の中へ入って、一度脱いだ上着を再び着込む。その後は今回コースのハイライトである、尾根歩きが始まった。右には富士山をはじめ南アルプスから北アルプスまで。そして左に目をやれば奥多摩山系と、きょろきょろしっぱなしである。
「この風がなきゃ言うことないんだけどな」
「それは贅沢です」
 あまりの絶景が続くので、立ち止まってはシャッターが延々と続いた。
 そうしているうちにも賽の河原を通過し、大菩薩峠へ到着。ここに建つ介山荘にはおあつらえ向きのベンチが並んでいるので一服することにした。ざっと見渡すと十名弱のハイカーが休息をとっている。
「すいません、これ、撮ってくれますか」
 小柄な年配男性が満面の笑みを伴ってスマホを差し出してきた。

「はい、いいですよ」
 聞けば山にはよく行くそうで、百名山はとうに制覇しているとのこと。しかも最近になってもう一度制覇しなおそうと奮起し、この大菩薩嶺が二座目になるという。どう見ても七十代には入ってそうに見えるが、いやいやあやかりたいパワーである。山を歩いていると元気な諸先輩方にたびたび会うが、単に体力の維持だけでなく、膝や腰などの故障に対してもそれなりの対策を施しているのだろう。私もまだ何とか体力は維持しているが、最近では両膝の痛みや右股関節の渋さがどうにもすっきりしない。一年ほど前に武蔵境の形成外科で診てもらったことがあるが、特段の異常はなく、やはり加齢による避けられない症状の一つではないかということだった。
「そろそろ行こうか」
「はい」

 大概のハイカーはここから歩きやすい林道を下って上日川峠へ戻るが、それではあまりにあっけないし、面白みもないので、我々は石丸峠経由を選択。それまでとは様相の異なる苔の山へと入っていった。
 倒木が多く、且つあまり陽光が届かないためか、森は鬱蒼とし、いたるところに苔がむしている。
「今までと感じが違いますね。歩いていても体が温まらない」
 そこそこの登りが続いているのに、冷たく凛とした空気に包まれているせいか、Hさんの言う通り、体が温まらないし、汗もかかない。黙々と登っていくと、いつしか前方が明るくなった来た。苔の森を脱し、熊笹が覆う広い草原に出たのだ。燦燦と降り注ぐ陽光ですぐに首回りが暖かくなってきた。そして再び大きく眺望が開け、正面の小金沢山から右へ大菩薩湖、そして真打富士山の再登場。林道を使って下山したら見ることのできなかった眺めである。
「おなかすきましたね」
「だね、十二時過ぎてる」
 広々とした草原の道から一気に急斜面を下り、唐松の森に入る。それまでとは異なるこの穏やかな雰囲気は、登山もそろそろ終盤に至ったあかしだ。
「ほら、ベンチがある。あそこでランチにしようよ」
 それにしてもいいあんばいのところにベンチがあったものだ。

 そう、今回のHさんは気合が入っていた。ザックから取り出したメスティンの中には、野菜がぎっしりと詰められていて、別容器で肉も持参している。これに出汁を入れて鍋にするとのこと。Hさん、さすがに主婦だけあって手つきがいい。ストーブの周りにアルミの風よけを立て、一気に過熱していく。そうこうしているうちにいい匂いが漂い始めた。
「このくらいでいいかな」
 火を止め、シェラカップに熱々をよそると、
「はいどうぞ」
「おお、いただきます」
 いやはや、山歩きでこんな美味しいランチにありつけるとは思いもよらなかった。いつもはおにぎりとカップ麺がせいぜいなので、今回は特別感ありありだ。
 最高の天気に恵まれ、写真もたくさん撮ることができ、おまけにおいしいランチで満腹と、今年一番の登山になったことは言うまでもない。これから山は一気に冬へと入っていくが、そんな時こそ来春の山行計画の練り時であり、願わくは楽しく健康的な一年にしていけたらと思っている。

皆既月食

 昨日(8日)の仕事帰り、ちょうど時刻が天体ショーの始まるころだったので、ちょくちょくと空を気にしながら自転車を走らせた。
 いつものように武蔵野の森公園を横切っていると、案の定、空を見上げている人たちが大勢いる。三脚をかまえている人、スマホを夜空に掲げている人とそれぞれだが、月に向かってこれだけ多数の人たちが目を向けているところなど、これまでに覚えがない。
 そんな人たちを眺めていると、これは特別なことなのだと、変に納得してしまい、あんまり月ばかりへ目線をやっていて、危うく車止めのアーチへぶつかりそうになってしまう。公園を抜けて、一般道へ出ても、同じように上を向いている人を多く見かけ、そんな予定は立てていなかったが、帰宅したらとりあえず撮影でもするかと、ペダルを踏みこむ足に力を入れた。
 自宅に近づくにつれ、月食は今にもピークに届きそうになっていて、気持ちに焦りがてくる。到着した頃はまさに見ごろを迎えようとしていた。
「ただいま。ちょっと月撮ってくるよ」
 自室に上がって、D3000にタムロンの70-300mm・A005が装着されていることを確認し、後は三脚を抱える。細かなセッティングをしている暇はないので、ISOもオートそのままで玄関口で三脚を広げた。夢中になって十枚撮ると、踵を返して写真専用PCに向かった。
 取り出したデータをチェックしてみると、まともな画になっていたのはたったの一枚。それでも月が薄い赤茶で発色していて立体感も上々である。ただ、いかんせん300mmだとやや迫力に乏しいところか。
 暗部に高感度ノイズが盛大に発生していたので、Photoshopで黒レベルを10%上げたら背景がうまくつぶれ、そのあと元画像を60%にトリミング。何とかみられる画となった。
 月を被写体にすることはこれまでそれほどなかったことだが、やはり“442年ぶりの天体ショー”と銘打たれると、いちおう撮っておくかという気持ちになるもの。小市民と言われればそれまでだが、天王星まで捉えられていればな~と、変な欲も湧いてくるから可笑しなものだ。

豚みそ丼・ちんばた

 秩父の豚みそ丼がおいしいと、かなり前から人伝に聞いていたが、ちょっと食べに行こうかという気楽な距離ではない。ただ、一度は味わないと収まりがつかないので、前もって日を決め出かけることにした。

 十月十四日(金)。助手席に女房を乗せ出発。大泉から関越道に入り、先ずは花園ICを目指した。
 渋滞はなくいたってスムーズなクルージングだったが、大泉から花園までは50kmの距離があり、走ってみるとやはり遠い。更に一般道へ降りてからもカーナビはなかなか目的地を表示しないのだ。
「やだ、ここから有料よ。まだまだ先かな」
「あ~このトンネル長い。どんどん山奥へ行っちゃう」
 有料道路を降りてからも延々とナビの指示が続き、一体あとどれくらい走ればいいのか不安になってくる。関越道を下りたころから降り出した雨が徐々に強くなってきた。
 やっと到着まで600mと表示されたが、国道を左折すると、今度はくねくねの急坂が待っていた。
「また峠越えかよ」
 辟易してつぶやくと、
「あそこ! ほら、店の名前出てる」
 坂を上り切った急カーブの右側にロッジ風の店があり、なるほど、看板に“ちんばた”と書いてある。ウィンカーを出し駐車場へ入り込むと、ラッキーにも一台分の空きがあった。到着時刻十二時十分。
 店内に入るとほぼ満席と思しき人いきれ。
「どうぞこちらへ」
 入口からは見えなかったが、窓際の一番奥の席が空いていたようで案内された。座ってみると街並みが見渡せる特等席だ。あらかじめ決めていた豚みそ丼(並盛)を二つ注文した。
 間もなくしてサラダが運ばれてきて、その後十分ほどすると、小さな盆にのせられた豚みそ丼とみそ汁、そしてしゃくし菜の漬物が目の前に置かれた。いい香りが鼻をくすぐる。
「すっごく柔らかい!」
 女房の一声である。なるほど……
 肉は柔らかく、みそダレがなんともいい風味を出している。箸がどんどんと進み、あっという間の完食。
 ごちそうさんでした。

 山を一つ越えた小鹿野の町に、“バイク弁当の大滝食堂”なるものがあり、そのバイク弁当の器がガソリンタンクを模したユニークなものということで、晩酌の肴にでも買って帰ろうかと向かってみた。
 大滝食堂のある<小鹿野バイクの森>は、その名から想像するように、バイク関係のイベントを多く開催するところなのだ。ずいぶん昔の話だが、ここで大々的に『DUCATIラリー』なるDUCATIオーナーイベントを開催したことがある。DUCATIジャパンが主催する、いわば正規のイベントで、この時は数百人の参加者があり大盛況だったことを懐かしく思い出す。
「ねえ、やってないみたいよ」
 小雨そぼ降る駐車場にいるのは我々だけ。車から降りるとその静けさが怖いほど。車から降りて入口に近づくと、やはり残念なことに、“本日定休”との紙が貼ってあった。
「だめだこりゃ。ちょびっと調べときゃよかったな」
 しょうがないので再び車に乗りこむと、バイク二台が坂を上がってきた。ふふ、彼らも定休日は確認してなさそうである。

 たまにはこんなドライブもいい。女房と二人で出かけるのは殆ど近所での買い物程度なので、今回はなんだか新鮮な気分に浸れた。道の駅でお土産でも買っていこうと立ち寄ってみれば、地元特産のキノコだとかニンニクだとか、様々物が並べられていて、眺めるだけでも楽しいもの。

写真好きな中年男の独り言