十七年前の松崎

 この三連休、ぐちゃぐちゃになった屋根裏部屋を整理していたら、小さな段ボールに入った数枚のDVDを発見。その中の一枚を手に取ってラベルを確認すると、なな、なんと、十七年前に開催した年末撮影会の写真データだった。
 振り返れば、雨や寒さや強風やらに苛まれた二日間だったが、意外や撮影は楽しく、これまでになく積極的に被写体を追ったことを思い出した。
 使った撮影機材もメモ帳にちゃんと記録されていた。
 ニコンD100にはシグマのレンズ18-125mm F3.5-5.6 DCを装着、それとサブ機はニコンの高級コンデジCoolPix5000だった。カメラ、機材ともに、昨今の新鋭機と比べれば大人と子供ほどの性能差があるが、そこは撮影に対する情熱で見事にカバーしている。
 2003年年頭にD100を手に入れ、無我夢中でトライ&エラーを繰り返していたころだから、ブレや露出ミス等々、多々見受けられるが、今だったら恐らくレンズは向けないであろう被写体へも、何とかうまく切り取ってやろうという積極性が見え隠れし、機材の良し悪しだけでは決して解決できない、撮影本来の醍醐味がひしひしと伝わってくる。
 因みに、この時の宿泊先は松崎の【豊崎ホテル】。人気店【民芸茶房】を食事処とする老舗旅館だ。

<参考>
・ニコンD100(発売日:2002年6月)
・シグマ18-125mm F3.5-5.6 DC(発売日:2004年7月)
・ニコンCoolPix5000(発売日:2001年12月)

宿の予約


写真は2019年の年末撮影会で利用した、下田外浦海岸にある【伊鈴荘】での夕食。

 十月一日(日)。年末撮影会で泊まる宿の予約を取った。
 今回は西伊豆浮島温泉の【大屋荘】で決まり。ここの利用は二度目で、宿から徒歩数分で至る浮島海岸には、燈明ヶ崎遊歩道の入口があったり、海岸にそびえる巨大な奇岩等々、被写体には事欠かない魅力に溢れている。ただ、日程が毎回十二月三十日、三十一日の二日間と決まっているので、季節的変化は望むべくもなく、回を重ねるごとにネタは減り、撮影会というより、単に忘年会と称した方が、ここ数年の内容に即している。とは言え、ビールでのどを潤し、新鮮な海の幸に舌鼓を打ち、温泉に浸かり体の芯まで温まれば、一年間で溜まったもやもやなど見事に消散。だからこの年中行事は十数年も途絶えることなく継続され、今後、形こそ変わることはあっても、終わることはないだろう。

■ 西伊豆の宿、この頃事情 ■
 ここ五~六年で宿の予約に手間がかかるようになった。なぜなら、私並びに相棒のTくんが好む、一泊二食付きで1万5千円以下のリーズナブルな民宿または船宿が、じゃらん、YaHooトラベル、楽天トラベル等々では、ほとんど見つけることができなくなったからだ。掲載料が高いとか、費用対効果が悪い云々の諸事情は分かるすべもないが、致し方がないので、これまでに利用した宿の中から、好印象だったところへピンポイントで予約を入れる方法をとっている。

末期的症状

 九月三日(日)。YaHooニュースにも露出した、日本国内におけるハーレーダビッドソンファミリーの不協和音騒動。幾多のディーラーが耐えに耐えてきた販社(ハーレーダビッドソンジャパン・HDJ)への不満がついに限界を超え、爆発してしまったのだ。
 私自身、この業界に従事している一員なので、早かれ遅かれこのような結末になるのは、薄々だが予測していた。
 “末期的症状”。
 悲しいかな、この一節が現況を最も的確に表している。

 十数年前。国内二輪市場におけるハーレーダビッドソンの存在は、販売台数及び対顧客満足度において、他メーカーを圧倒し、光り輝くものだった。ところが近年、以前のような元気は感じられない。
 絵になる空冷エンジン、これぞビッグバイクと笑みが浮かぶ排気音、三拍子を打つアナログチックな鼓動感、サングラスとジーンズが映える車体デザイン等々、長年にわたり、挙げればきりがないほどの圧倒的魅力を放ち続けてきたハーレーダビッドソン。ところが世界的な環境問題が、その魅力の維持をストップさせようとしている。

 年々厳しくなるオートバイも含む自動車への規制。現行の国際基準はユーロ5であるが、これが数年後に施行されるユーロ6へと段階アップすれば、最もハーレーらしいと言われる大排気量空冷エンジン“ミルウォーキー8”の存続が危ぶまれるのではとの声が出ている。より厳しい排ガス規制、騒音規制等々への対策を考えた場合、空冷エンジンは極めて不利であり、難題と言わざるを得ない。エンジンパフォーマンスを落とせば何とかなるかもしれないが、そんな牙を抜かれたような商品を誰が買うかという現実が待っている。よって、本国ハーレーダビッドソン本社では、必死になって空冷エンジンから、対策の容易な水冷エンジンへの様変わりを急ピッチで進めている。
 ところが、<ハーレーは空冷だからこそハーレー>と断言するユーザーの声は根強く、百二十年の歴史を持つハーレーダビッドソンブランドではあるが、そのブランドをもってしても、水冷エンジンへの転換は容易ではないと、我々業界従事者は肌で感じている。
「排気音が今までと全然違う」
「三拍子が出ない」
「スタイルがハーレーらしくない」
「確かにパワフルだけど、今までのハーレーとは全く別物」
「これだったら他のメーカー製も選択肢に入る」
 等々の声が、多数の顧客から出ているのが現実なのだ。
 このような状況下でも、HDJとしては何としてでも業績を落としたくないので、ディーラーへ対して半強制的な出荷を押し進めている。下代で二百万円前後の車両が、ディーラー一店舗当たり平均で十台以上も詰め込まれてくれば、二千万円という大きな資金が眠ってしまい、中小企業にとっては即資金繰り問題へと繋がってしまう。
 出荷を少し待ってくれと頼んでみても、
「契約違反です。出荷拒否が続けば契約解除とします」
 新機種がそんな簡単に売れるわけがない、HDJは拡販等々の側面対策はやってくれないのかと提案すれば、
「これほどすばらしい商品が何で売れないのですか? 販売能力がないのでは?!」
 とにべもない返事。
 ビジネスパートナーシップのひとかけらも感じ取れない現況に、当分解決のめどは立ちそうにない。