Photoshopでお絵かき

  小川のある公園の紅葉

 朝から雨降りでしかも寒い。
 これと言って出かける用事もなく、リチャードは雨が嫌いだから、散歩もなし。それなら歌とギターの練習をしようと思ったが、今日は丸一日女房が家にいるらしく諦めた。
 てなことで、しばらく放っておいた描画の続きをすることにした。
 絵は習ったことも勉強したこともないが、子供のころから好きだった。たまだが無性に描きたくなり、一旦描き始めると時間を忘れるほど没頭する。
 描き方はデジタル。日頃から写真編集で使っている、アドビ社のPhotoshopというソフトを立ち上げ、ペンタブレットを筆替わりにするのだ。手は汚れないし、失敗してもやり直しがきく。それに費用が一銭もかからないところがいい。

東大楼・女房とランチ

 地元ってのは、意外や知ってるようで、実は知らないことの方が多い。
「いつも行ってる眼科の前に、行列ができるラーメン屋があるのよ」
「その眼科って、おれも行ってるとこ?」
「そうよ。いつも眼科健診受けてるじゃない」
 てな感じで、時々女房が聞いてくるが、いくら頭をひねっても分からないことがほとんど。
「えっ、あったかな……」
「行ってみる?」

 女房とはちょくちょくランチへ行く。どうせなら地元の店がいいと、互いに情報を出し合っているが、情報提供量は圧倒的に女房の方が上だ。
 それでもたまには、
「スイングホールの真ん前にある中華屋、知ってる?」
「ロータリーのとこでしょ、なんかあったね」
「東大楼っていうんだけど、評判いいみたいよ」

 距離にもよるが、店へ向かう際はたいがい徒歩だ。夫婦共々ウォーキングを日課にしているから、それほど苦にはならないが、まあ、往復5Kmをひとつの目安にしている。

「すみません、ただいま満席なので少々お待ちください」
 フロアで孤軍奮闘しているのは、小柄な若い娘さんだ。恐らくアルバイトだろう。
 待つこと十分。一番奥のテーブルへ案内されると、私は回鍋肉定食、女房は炒飯、それと餃子を一皿注文した。厨房ではオーナーと思しき年配ご夫婦が忙しく動き回っている。
 料理が運ばれてくると、先ずはその香りにニンマリ。甜面醤のコクのある甘さが想像できてしまう。女房がいきなり餃子を口に放り込んだので、私も箸をのばす。野菜のうま味が広がる、餃子の王道的味わいだ。回鍋肉もキャベツの火のとおりがちょうどよく、御飯が進んだ。
「おいしかった。つぎは天津飯定食かな」
「おれは麺だな」
 またひとついい店を見つけたようだ。
「ごちそうさん」
「ありがとうございました、またよろしくお願いします!」

東大楼
東京都武蔵野市境2-2-3

近所で読書

 二月五日(月)。寒空に小雪が混じれば、外出も億劫になる。こんな時は暖かい部屋で、コーヒーを飲みながらの読書がいい。

 自宅から歩いて一分もかからないところに、“むさしの森珈琲”がある。ここにはカウンター席が設けられていて、読書やパソコンの作業にはうってつけだ。西久保日記の執筆でもちょくちょく利用している。
 ノートPC(レノボ・X1 Carbon)と、もうすぐ読み終える文庫本を脇に抱え、傘はささずにパーカーのフードを被って、やや速足で向かった。
 店内に入れば、そこは春。ランチのピークはすでに終わる時間帯だが、ほぼ満席。ただカウンターだけは、いつもひとつやふたつは空いている。
「バターチキンカレーとブレンドコーヒーで」
「かしこまりました」
 たいがいこの組み合わせになる。
 コーヒーが運ばれると、先ずはひと口すすった。
 文庫本を開くと、数行追っただけでたちまち文中の世界へと没入。
 ジェノサイド(著者:高野和明)、久々に出会った面白すぎる小説だ。