守屋山・展望の頂

 五月二十四日(金)。信州百名山のひとつである“守屋山”へ登ってみた。
 長野県諏訪市と伊那市との境に位置し、標高は1,651m。山頂からは、南アルプス、中央アルプス、北アルプス、八ヶ岳連峰といった錚々たる山々が三六〇度で眺望できるという魅力溢れる山だ。よって決行は快晴が大前提だった。六月に入れば入梅も考えられるので、一週間前から“てんきとくらす”を随時チェックし様子を窺った。

 完全リタイヤ後のメリットの一つとして、快晴を選んで登山ができることがあげられる。昨今の天気予報は素晴らしく精度がいいので、ほとんどと言って裏切られたことはない。特にてんきとくらすでは、山自体をピンポイントで検索できるので非常に便利。さらに万全を期すために、該当地域の予報をウェザーニュースで確認することにしている。この日は両方共々◎。意気揚々と出かけることができた。

 家を出たのは五時半過ぎ。近所のセブンで食料を確保すると、中央道で諏訪ICを目指した。登山口があるのは杖突峠。ICからはものの二十分で到着。三十台は楽に停められそうな駐車場に車は二台のみ。平日のメリットである。
 今回のコースは上りに杖突峠コース、下山には立石コースと決めていた。

 森に分け入ると、待っていたのは蝉時雨。新緑の森の魅力を最大限に盛り上げてくれる演出だ。忘れかけていたピュアな夏がここにはあった。
 今に生きる人たちは、五感を研ぎ澄まして味わう四季を忘れかけているかもしれない。歩き進むとせせらぎまでが聞こえてきてムードは最高潮。新緑の眩しさはこの上なく、何度となく深呼吸を楽しんだ。

守屋山東峰

 山道は歩きやすく、急斜面に鎖を張ったところもあったが、難しいことは全くない。山道の常だが、山頂が近づいてくると一気に急登が始まり、汗が噴きだす。これ以上気温の上がる夏はかなりな苦行となるだろう。入梅直前までがひとつのリミットかもしれない。

 守屋山には頂上と称すところが二カ所ある。守屋神社奥宮のある“東峰”と、1,651mの標高をもつ“西峰”。一般的には西峰を守屋山と定めているようだ。
 東峰へ到着すると、まずはその広がる景色に息をのむ。気象条件さえよければ、頂上から日本百名山のうち33座を望められるとのことだが、恐らく今がそうなのだろう。特に日本アルプスと八ヶ岳はくっきりと見渡すことができる。こんな場所はなかなかない。
 休憩していると、若い女性が上がってきた。先ほど出発するときに駐車場へ入ってきた車のドライバーだ。あいさつ代わりにその旨を聞くと、
「ああ、あの赤い車の、、、」
「そうです」

 平日休みの仕事をしているようで、山へはちょくちょく出かけるそうだ。住まいも八ヶ岳の東側とのことだから、韮崎辺りになるのか。いずれにしても山へ出かけるには都合のいいところに住んでいる。それにしてもこのタイミングで追いついて来るとは、さすがの脚力。というよりも私の脚力が減退しているのだろう。
「ここから諏訪湖の花火をみたら、さぞかしきれいだろうね」
「ですね。でも暗闇の中、ここまで上がったり下ったりは熊もいることだろうし、ちょっと怖いかな」
「熊注意の看板、けっこうあったもんね」

中央アルプス  昨年の晩夏に登った“木曽駒ケ岳”もくっきり見えた。

 西峰へはいったん下っての登り返しになるが、高低差はさほどない。
 尾根に入ると先発したさきほどの女性が目に入った。近づいていくと何やら木の枝を見つめている。
「なんかいるんですか?」
「どうやら蝉がふ化の時に失敗したみたいです。これじゃ飛べないな……」
 目を凝らすと、片方の羽が小さくて縮れているように変形している。
「まっ、ちゃんとふ化しても一週間の命だからね」
 盛大な蝉時雨は、麓の森ばかりではなく、頂上近くまで続いていた。

南アルプス

 西峰はとても広く、木製のベンチも数カ所設置があった。既に幾人かのハイカーが景色を楽しんでいる。見渡せるものは東峰と同じだが、広いせいか開放感を覚える。空腹の限界だったので、さっそくお湯を沸かして好物の“日清チキンラーメン”とセブンの特製鮭にぎりを食らいつく。これほどの景色を愛でながらのランチとは、まさに贅沢の極みである。先週の杓子山の富士山と言い、山歩きはこれがあるからやめられない。どんな低山であろうと全くしんどくない山なんてひとつもないが、それを上回る感動があるから、次の山行計画へと進んでしまうのだ。

八ヶ岳連峰

 下山路の立石コースは、浅間の滝、百畳岩、鬼ケ城、夫婦岩等々と、また違った趣があり、巨岩を中心とする見どころが続いた。天候も安定していたし、ゴールまであと少しというところで地図を確認。ロストなしで順調に下ってきたのだが、よく確認すると次の分岐から山道ではなく一般道になるようだ。山歩きにはよくあることだが、その分岐まで来ると、目の前の道はR152。アスファルトの路面はサングラスが必要なほど、強烈な照り返しを放っている。それまでは涼しい樹林帯歩きだったのが、この先日射の下を2Km強、黙々と進むしかないようだ。しかも緩いがゴールまでずっと上り坂である。ここまで使わなかった帽子を取り出し被った。

北アルプス

 汗を拭きつつ杖突峠まで戻ってくると、あの女性ハイカーがちょうど車を発進させようとしていた。
「おつかれさ~ん」
「あら、おつかれさまです」
「まいったよ、この暑さ」
「私もです。同じコースを下山すればよかった」
「ほんとだね。じゃ、気をつけて」
 涼しい季節ならなんのこともない一般道歩きも、この日照りでは地獄になる。

諏訪湖

 比較的楽に登れて、危ない個所もないが、景色だけは来た価値あり!というような山を表す、私が勝手に作ったCSP(Comfortable&Safetyパフォーマンス)で採点すれば、守屋山は限りなく満点ではなかろうか。

浅間の滝

 入梅前にもう一座、トライしてみようか。

杓子山・迫りくる絶景!

 五月十七日(金)。“眺める富士山好き”の私としては是非一度チェックしておきたいと常々思っていた、山梨百名山の一つ“杓子山”へ登ってみた。標高は1597.6m、ちょうど富士吉田市、都留市、忍野村の境界に位置するので、富士山の眺めは推して知るべしだ。

 登山口は鳥居地峠。中央道の富士吉田西桂スマートからが最も近いが、ちょうど朝の通勤渋滞にはまり込んでしまい、結構なタイムロスが発生。ただ、車中から望む富士山でさえ圧倒的なスケール感があり、期待は否応なしに膨らんだ。
 到着した峠の駐車場は予想外の満車。いくら絶好の好天とは言え平日である。杓子山の人気度が推し量れるところか。しかたがないので、ちょっと進んだ右側に広い路肩スペースを見つけたので、そこにPOLOを停めることにした。

 出発してしばらくは林道歩きが続くが、前方にゲートらしきものが見えると、同時に辺りは明るくなり、茅に覆われた山の斜面が広がった。そのまま進むと更に開け、頂上から裾野へ至るまで、遮蔽物“0”の広々とした富士山が現れる。痛快無比とはこのような光景を指して言うのだろう。
 左カーブの突端に、ちょっと前に追い越していったヤマハのセローが見えた。近づいていくと、なるほど、オーナーが富士山をバックにして愛車の撮影を行っている。
「こんにちは」


 ナンバーを見ると“八王子”である。なかなかイケメンの若い男性は、よく日に焼けていた。
「ずいぶんとゴージャスな撮影場所を知ってるんだね」
「もう4~5回来てます」
「東京からなのに、大変だ」
「7月にある吉田の花火大会がここから眺められるんですが、めっちゃきれいです」
「そりゃ凄そうだ。いい情報を教えてもらったな」
 富士山といっしょに見下ろす花火なんて、どう考えても写欲が湧きたつ。これは詳しく調べる価値がありそうだ。
「でも、その日はここも混むんだろうね」
「それほどでもないんです。多分、ここ、あんまり知られてないと思いますよ」

 若い男性と別れた後、林道から一気に尾根へ上がる道があったので、大汗覚悟で取りついた。途中、左手から正規の登山道を上がってくる人が見えたが、そっちもかなりの傾斜がありそうだ。遠めに見てもしんどそうである。
 上りきると先ほどのハイカーが一歩一歩近づいてきた。四十~五十代ほどの男性である。
「どうも。けっこうきついですね」
「でも登りきったところが高座山の頂上なんで、頑張りましょう」
 昭文社の山と高原地図にも“急坂”と記載されているポイントである。斜度もあるがそれ以上に土の路面が滑りやすく、ちょっと油断するとズルっときて冷や汗が出る。ただ、ロープが張ってあるので大いに利用した。噴き出した汗が乾いた路面に滴り落ちる。


 やっと頂上へ出ると年配男性が休憩していた。思った以上に息が上がったので小休止とした。
 先ほどの男性は三島市から来た五十一歳の山好きで、自宅から比較的近い富士山界隈については驚くほど詳しく、杓子山も今回で四度目だそうだ。聞けば八ヶ岳の主な峰もすべて登頂済みで、時間があればアルプスへも足をのばすというベテランである。
「それじゃお先に」
「気をつけて」
 ベテランさんも年配男性も順次出発していった。私は汗が引くまで留まることにした。あんパンとポカリで体を整える。

 茅の斜面は高座山の頂上までで、この先は樹林帯へと変わった。
 いったん下ると、上り返しが待ちかまえる。最初に体力を使ったのでかなり堪えた。しかも単純な樹林帯歩きだけではなく、ロープ付きの岩場も二カ所ほどあって気が抜けない。大権首峠まで下ってくると右膝に僅かだが鈍痛が出始めた。しかしここから杓子山までの一気登りが始まるのだ。先発していた年配男性が立ち休みをしていた。

 ひとことふたこと話をすると、御年七九歳で登山は一年ぶりだという。自宅は相模原で、同じように車を鳥居地峠に停めてあるとのこと。
「初心者向きってガイドブックに書いてあったけど、ちょっと違うね」
 要注意な危険個所がないところから、相対的なボリュームを鑑みて“初心者向き”と記載されたのだろう。ただ、初心者も様々であり、定年後の趣味にしようとする高齢者がトライしたら、しんどいことこの上ないはずだ。

 頂上へ近づくにつれ傾斜はきつくなり、立ち休みを余儀なくされた。それでも空が大きく見え始めると気持ちは「もうすぐ!」となり両脚に力が入った。
 丸太の階段をクリアすると、待っていたのは正真正銘の絶景。
「おつかれさん」
 先に登頂していたベテランさんが手を振っている。
「いやはや、大汗かきましたよ」
 頂上はそこそこの広さがあり、ベンチも三つある。ぐるり見回すと、年配夫婦が二組、年配男性の三人組、そして年配女性の二人組、そしてベテランさんと私と、人気の山ならではの活況を帯びていた。

 三六〇度の眺望は見事に尽きる。富士吉田の町並みとその先にある雪を被った南アルプスの山々、富士山の左手には先月登った越前岳、更にその左手には山中湖もはっきりと見渡せ、久々の感動である。
「今日は珍しいです。これほど風がないのは初めてかな」
 頂上には斜辺物がないので、風があったらゆっくりと休憩するどころではない。この恩恵をうけ、絶景を愛でながらのランチと洒落こんだ。私としては珍しく一時間弱ほどの長い休憩をとったが、この景色から離れることを考えると、無性に後ろ髪を引かれたのだ。

 下山路はかなりな遠回りになるが、茅の斜面を行く林道を選んだ。なぜなら、ずっと富士山を見続けることができるから。
 総歩行距離:8.3Km
 山中滞在時間:六時間四十分

越前岳

 久々に心揺さぶる絶景を目の当たりにした。
 
 四月二十六日(金)。GW直前で快晴とくれば、何をおいても出かけたくなる。ウェザーニューズ、YaHoo天気共々、関東一円は晴れと出た。
 前夜から山地図を広げ、どこへ登ろうかとビールを飲みつつ考えていると、
「実家、いつ行こうかな」と、女房の呟き。
 彼女の実家は静岡県の沼津である。とても元気とはいえ、八十代になる義母は一人暮らしなので、やはり心配だ。すると義母から沼津のキラキラ光る海が連想され、行き先が決まった。富士山と駿河湾の間に広がる愛鷹山山系にそびえる越前岳(1504m)である。初めての山なので期待も膨らんだ。

 珍しいことに環八~東名はスイスイ。八時過ぎに十里木高原駐車場へ到着。雄大な富士山を背にしての出発はなんとも気持ちのいいものだ。ただ、のっけから丸太の階段が延々と続き、簡単には歩を進ませてくれない。
 展望台に到着し振り返ると、富士山とその裾野が大展望となり迫ってきた。この迫力は竜ヶ岳以来だ。これを見られただけで今日来てよかったと思う。

 山道が徐々に樹林帯になると、周囲の雰囲気がガラッと変わった。若葉、新芽のオンパレードで、まるで森全体がうごめいているように感じるのだ。それにしてもほとんど風がないため、体が火照りだし、ついには大量の汗が吹き出した。タオルを首に巻いての登攀である。それでも途中から右膝の痛みが徐々に軽くなってきたので、とりあえずホッとした。

 メインとなる山道が雨水による侵食で歩きづらくなるほどえぐられているため、それを避けるようにバイパス路が幾本も作られているが、どこを歩いて行ったらいいか一瞬迷う。バイパス路はメイン路を真ん中に置いて左右に走っているのだが、西側、つまり上りでは右側、下りでは左側を使うとわかりやすいかもしれない。私自身、下山に右側のバイパスを使っていたら、危うくロストしそうになった。

 約一時間半で頂上へ到着。やはり人気の山か、そう広くない山頂に男性六名、女性一名のハイカーが集い、ちょっとした人いきれである。先ずはじっくりと景色を堪能した。予想以上にワイドな眺望に思わずニンマリ。富士山から反時計回りで視線を動かしていくと、南アルプス、富士宮、富士の町並み、広大な駿河湾、そして沼津の町並みと静浦、西伊豆と見渡せた。若いころ、沼津の町から毎日のように見上げた愛鷹山。それを今、逆の立ち位置から俯瞰しているという事実が、深い感慨を呼び起こした。
 そのうちハイカーの動きがあり、空いたベンチに腰掛けて、早めの昼食とした。急登の連続で腹はペコペコだ。

「いやいや道を間違えたようです」
 黒岳方面へ通ずる山道から、年配男性が苦笑いしながら現れた。
「スタートはどこですか?」
「十里木の駐車場です。途中、左に折れる道があったんで、そっちへ行ったんですよ」
 ん? そんな道、あったかな……
「じゃぁ、時間かかったでしょうね」
「それがそれほどでもないみたいです」
 この男性、バイパスのそのまた先のバイパスへ紛れ込んだのかもしれない。あり得ることだ。年齢は見たところ私と同じくらいか。自宅が所沢なので、登山は奥多摩、秩父をメインにしているようだが、キャリアは長く、遠く北海道の山も歩いた経験があるとのこと。目の前をヒグマが横切ったときには腰を抜かした等々の武勇伝も面白おかしく聞かせてくれた。彼もザックからおにぎりやパンを取り出して食事休憩としていたが、早々に、
「じゃ、お先に下ります」
「おっ、もう出発ですか」
「自宅まで下道を使うんで、四時間かかるんですよ。高速代、もったいないじゃないですか」
 年配のハイカーには意外とこの高速代節約派が多い。浮いた分をガソリン代へと考えているのだろうか。
「じゃぁ帰りの運転、気をつけてくださいね」

 汗をかきかき登ってきたこの道も、下山は至極容易だった。お昼が近づいてくるにつれ、厚い雲が広がり体感温度がずいぶんと落ちたのだ。そのせいで汗をかくこともなく快適に歩くことができた。こう考えると、GW以降は気温も真夏並みになってくるだろうから、低山歩きがきつくなるのは目に見えている。山選びが難しくなる。