停滞感

 自転車通勤を初めて早十六年。よくもここまで持続できたと自画自賛である。職場まで往復16km、週三回使ったとしても、それだけで35,000km。そのほか休日の生活圏内の移動には殆ど自転車を利用しているので、おそらく累積走行距離は50,000kmを軽く超えていると思われる。そして健康維持に大切な毎日の適度な運動の柱となっていることは間違いなく、長雨などで四~五日乗れない日が続くと、刺激を求める大腿筋の訴えが聞こえてくるようだ。出勤時に雨が降ていなければ自転車を使い、雨だったら車またはバスを利用するのが基本パターン。よって帰宅時の天候を考慮して、バックパックの中にはいつもカッパ上下、ヘルメットカバー、ブーツカバーを潜ませてある。
 ただ……
 そこまで準備しているにもかかわらず、ここ最近、出勤前に天気予報を確認したとき、帰宅時間に雨の予報が出ていると、「車で行くかな~」とか「たまにはバスもいいか」等々、ぽろっと弱音が漏れるようになった。情けないと思いつつも、ずぶ濡れになりながらもくもくと自転車を漕ぐ己を想像すると、気持ちが萎えてくるのだ。体力は衰えてない、と思う。山歩きの頻度も上がってきているし、日常生活での疲労も殆ど感じることはない。だったらこの腑抜けな有り様は一体何を起因としているのか……

 さて、ここ半年、職場生活での倦怠感が急速に高まっている。一応仕事は七十歳で打ち止めにしようと考えているので、あと二年通えば済むことだと、ことあるごとに自分に言い聞かせている。六十五歳から嘱託社員となり、役職や大きな責任から解放された身軽な立場になったので、もう少し気楽にやればいいとは思うが、会社運営の行き詰まり感がやたらと目につき、イライラが絶えなくなっているのだ。
 入社からの数年は、社長の独自性と積極性が光り、会社を成長へと育んだ。これが一期だ。二期の始まりはハーレーダビッドソンジャパン(HDJ)との関係がスタートし、“寄らば大樹の陰”的な方針に転換したこと。HDJのイエスマンに徹し、少々厳しい施策にでも有無なく乗ってきた。当時のHDJ社長のO氏は業界人だったら誰もが知る策士。彼にさえ従っていれば会社は安泰という固定概念ができたほどで、思い起こせば妄信と称して憚らない傾倒ぶりだった。言わばO氏との蜜月の時代である。ところが何も考えずにただ従っていれば業績が伸びる時代が長く続いたため、自社の独自性は完璧なまでに消え去っていた。そして現在が三期目。
 ハーレーのビジネスは続いているが、O氏が退任してからのHDJは急速な弱体化が進み、昨今では烏合の衆とまで言われるようになった。頼れるものが無くなっても会社としては成長しなければならない。しかし長い間考えなくてもいいという温湯に浸かってきたことで、独自のアイデアを生み出す力はかけらもなくなり、おまけに後期高齢者となった社長に起死回生を図る気迫は望めない。よって日々はパッチワークの連なりであり、まさに綱渡り。
 おそらく日々感じるイライラは、この状況を憂いするところから発しているように思えるし、また、就労への意欲低下へも繋がっているようだ。
 そんな中、度々某役員が経営の教科書から抜粋したような、机上の策法で会社を活性化しようと試みているが、残念ながら組織運営の根本からの逸脱感は免れず、恐らくだが、徒労に終わることとなるだろう。

 六月六日(月)。久しぶりに辰巳埠頭へトラックを走らせた。新島から送られてきたバイクの引き上げだ。
 店から40km弱程の距離があるが、首都高さえ空いていれば一時間もかからない。ただ、この日は朝からあいにくの土砂降りだった。埠頭へ到着して海を見渡せばガスが立ち込め、寒々しい景色が広がっていた。沖では埋め立て工事なようなものも始まっていて、印象は大分変わっていたが、新島物産の親衛丸はいつもどおりの姿を見せてくれ、物資を満載し、大海原を突き進む様を想像すれば、やはりワクワクとしてくるのだ。

不思議な膝の痛み

 弱ったことに、階段の上り下り、特に上りで頻繁に右膝痛が起きるようになった。この症状は三年前にトライした市道山へのピストン後に発症し、いまだに治る兆しが見えてこない。刈寄山から市道山の往復には十一ものアップダウンがあり、ハードと言えばハードだが、長年に渡って膝にダメージを与えるほどではないと思う。体調が悪かったのか、はたまた故障しやすい年齢に達しているのか。ただ、このトラブルを少しでも軽減させなければ、山歩きはおろか、将来の日常生活にも支障をきたすのは目に見えている。足腰の衰えが原因となって、一気に老化とボケが進んだ両親が良い例だ。
 膝痛に悩む年配者の多くは変形性膝関節症を患っているという。一年ほど前に、右膝からぎしぎしと変な音が出るようになり、近所の整形外科で診てもらったことがあるが、その際レントゲンを撮ってもらい、幸いなことに変形等々の異常は認められなかった。ただ、痛みは筋肉の力と弾力性の衰えに起因していることが多々あるようで、その対策として正しいスクワットやストレッチを習慣付けようと、今日に至っている。
 スクワットは疲労をためないように一日おきとし、一度に五十回。ストレッチは大腿筋と脹脛の伸ばしで毎日行っている。効果の程はまだ実感できるレベルにはないが、膝関節の重みは軽減しているような気がする。とにかく継続が大事だと思うので、深いことは考えずにひたすら励行していくつもりだ。
 こんな奮闘の中、不思議なことがある。痛みが出ても好きな山歩きは抑えられないので、先日も麻生山~日の出山と回ってきた。歩き始めは痛みが出ても、三十分も経つ頃には、ほとんど気にならなくなる。患部に物理的問題があるのなら、軽減どころかますます痛みがひどくなってもおかしくはない。しかも下山後三日間はすこぶる調子がいいのだ。ある種の逆療法にあたるのか、なんともこの経緯の解釈は難しいが、要は定期的に山歩きをしていれば“事なきを得る”といったところか。

 話は変わるが、女房が手入れをしているモッコウバラが今年も盛大に咲き出した。咲き始めには丸く小さなつぼみが無数に出てきて、何度見てもその可憐さには目尻が下がる。西久保一丁目にはこのモッコウバラを植えている家が多く、この時期になると一斉に黄色が町を染めていく。
 モッコウバラは鮮やかな花だが、桜と同様、年に一度の開花で最盛期も短い。一週間もすると徐々に色合いが褪せてきて、その様子は物悲しい。こんな時はいつも心の中で“おつかれさん”と呟く。

2022年春 桜・大沢温泉~那賀川

 三月三十一日(木)。先回の河津桜に引き続き、今度は千両役者のソメイヨシノ撮ろうと、西伊豆は松崎へとPOLOを走らせた。装備はD600+SIGMA12-24mmとα6000+Vario-Tessarである。

 昨年もこの時期に、伊豆高原、青野川、那賀川、そして沼津の子持川と、一泊二日の日程で徹底的に撮りまくった。これまでになかった最高のコンディションのもと、十分な成果を得られたのは記憶に新しい。ところが今回、例年より早く訪れた“春一番”のせいだろうか、開花が急速に進んでしまい、確保した二連休を待っては葉桜になってしまうので、仕方なく、一周間前倒しの上、八年ぶりとなる西伊豆“日帰り撮影”で決行したのである。
 幸いなことにまあまあの天候と開花状態に恵まれ、歳と時間を忘れて歩き回り、どん欲にシャッターを切り続けた。むろん撮影は最高に楽しかった。ところが、やはり疲れた。完全な疲労困憊に陥り、帰りの高速道路は襲いかかる眠気との戦いに終始。世の中のため、そして自身のためにも、次回からは一泊を順守しようと心に誓う。

 撮影の手始めは大沢温泉。ここにある「野天風呂・山の家」は三度ほど利用したことがあるが、桜の撮影は初になる。R15沿線にある大規模な桜並木も嫌いではないが、どちらかと言えば、那賀川河口付近のなまこ壁とコラボするようなしっとりしたSituationにある桜が好みであり、よって那賀川の支流である池代川沿いにある古い温泉街の桜は、是非腰を据えて撮ってみたい対象だったのだ。
 大規模お花畑を配する那賀川の桜並木とは対照的に、池代川の川沿いを歩く人はまばら。訪れた瞬間から写欲が沸き立ち、あれやこれやの構図決めに没頭。
 今回は松崎の町を超広角レンズで切り取ってみようというのも目的の一つ。24mmまでだったら問題なく使いやすい画角だが、12mmとなると非常に特殊。画像周辺の歪みや流れは半端でなく、単に広い範囲を撮れるといった生易しいものではない。文中挿入の画やGALLERYをご覧になっていただきたい。

 那賀川の桜は完全な満開まであと一歩というところ。しかし強い海風に煽られて既に多くの花びらが散ってしまい、木々のボリューム感は昨年と較べて力強さに欠ける。特に河口付近は顕著だ。松崎のように、自宅から遥か遠方にあるソメイヨシノの撮影は、タイミングをとるのが非常に難しく、昨年のようにすべての要素が揃って100%というような状態には、そう簡単に巡り合えるものではない。地元の桜だって満開時に合わせて休みが取れるかどうかは微妙なところ。よって数年前まではあまり積極的にはなれなかった桜撮影が、前述した昨年2021年の伊豆桜三昧が脳裏に焼き付くほどの素晴らしい撮影行となり、来年の桜はどこでどの様に撮ろうかなどと、桜へ対しての興味が一気に膨らんでいた。
  
 POLOをいつもの松崎港に置き、すぐ脇にあるトイレに行こうとすると、「ない?」。いつの間にか取り壊されて、コンクリが敷き詰められていた。田舎はこうした変化が少ないだけに、なんの変哲もないことにも目を見張ってしまう。民芸茶房の裏を抜けて那賀川の河口へ歩いていく。
 週末でもないのに、“あそび島”にテントが張られていて、利用客らしき人が何やら作業を行っている。松崎港の奥まったところに位置し、晴れれば富士山も見渡せるロケーションは、春と秋ならば、快適なテント泊が楽しめそうだ。

 それにしてもこの一画は静かだ。人の動きが見られるのは、民芸茶房周辺と久遠周辺だけ。瀬崎神社へカメラを向けているとき、突如自転車に乗った地元民らしき若い女性が疾走してきたが、これはかなり珍しい。この辺りで地元民と思しき人は、ほとんど爺さんと婆さんしか見たことがない。そう考えると、この先十年もしないうちに、松崎も過疎化が進むことだろう。自治体はサイトを立ち上げ、積極的に都市部からの移住を紹介しているが、観光集客とは全く異なる難しさがあり、恐らく目論見通りにはいかないと思う。そもそも若い人たちは仕事がないがために都会へ移るのであって、移住者にしても仕事がなければ生活が成り立たないのだ。

■GALLERYへ