高水三山・晩秋

 十一月二十五日(金)。五年ぶりとなる高水三山を歩いてきた。
 快晴、無風と、これ以上望めないコンディション下の山歩きはやはり楽しい。ただ、相変わらず右股関節の調子が悪く、若干の痛みやハリのような違和感を終始覚え、不安は募る。やはり一度医者に診てもらう必要がありそうだ。加齢のせいにはしたくないが、ちょっと萎えた。

 七時一分発中央線特快高尾行へ乗り込んだ。そう、この頃電車利用率が上がってきた。なぜなら使ってみるとこれが案外楽だから。山歩きをすれば当然疲れるので、車だと帰りがやや辛い。それともう一つ。下山後にアルコールを楽しめること。
 先日の秋川ハイキングの際に、購入後ほとんど使うことのなかったTHERMOSのポケットマグに、少量の氷と麦焼酎を満たして持っていくと、これがGoo。ギンギンに冷えた焼酎オンザロックは、疲れた体に最高の喉越しと刺激を与えてくれたのだ。量も150mlなので変に酔っぱらうこともなく、これは一発で癖になった。そんなこともあり、刈寄山や麻生山等々、車でなければ不便なところは別として、今後は積極的に電車・バスを使おうと思っている。

 森は晩秋の様相を呈していた。紅葉はとうに過ぎ去り、冬枯れと称してもおかしくない。山道はどこも枯葉が積み重なり、昨夜の雨で恐ろしく滑りやすくなっている。土が露出している急斜面は、当然濡れた落ち葉以上にスリッピー。特に下山時は「おっと!」の連発になった。

 高水三山コースの中で最たる絶景ポイントは岩茸石山の山頂。正面には奥武蔵の山々、右手には都心部のビル群までがはっきりと見渡せる。空気はカラッとしていてその冷たさは冬を感じさせたが、今日は嘘のような無風。目の前のすすきも微動だにしない。そこに燦燦と降り注ぐ暖かい陽光も相まり、食事の準備をしているうちは上着もいらなかったほど。
 以前、山トモのHさんと大塚山へ行ったとき、彼女、うまそうに“カレーメシ”を食していた。カップ麺に少々飽きがきていたので、OKストアーに行ったついでに一つ買っておいたのだ。そのカレーメシにお湯を注ぎ、待つこと五分。ぐるぐるとかき混ぜているとだんだんととろみが出てきて、いい香りも漂い始めた。そろそろ頃合いだろうと食べようとすると、ふと背後に視線を感じた。振り返ってみると小学生中学年ほどの女の子二人が立っているではないか。恐らく彼女たちにしてもカレーメシは初めて見る“食べ物”で、大いに興味ありといったところか。目線が合うと、ばつが悪かったか、引率者と思しき男性のいるベンチへと帰っていった。

 ふむ。なかなかいける。乾燥した米粒を見たときにはどうなるかなと心配だったが、これはれっきとした“カレー”。温かいカレーライスを、晩秋の山頂でいただけるとは、ちょっと幸せ気分。残ったカロリーメイトとチョコクロワッサンを食べ終えると、いい感じで腹が膨らんだ。気持ちも体も落ち着いてのだろう、若干眠気も……

 人気の高水三山も今日はハイカーの姿が少なく、こうして絶景を前に静かなひと時を過ごすことができた。これも山歩きの楽しみであり、これがあるから山への興味は尽きない。アルプスや南八ヶ岳でなくともいい。都会を抜け出し、大自然の懐を満喫するには、奥多摩、奥秩父、十二分な山塊なのだ。

 P.S
 惣岳山からJR御嶽へ下る途中に、沢井へ向かう道標を発見。次回はこのルートを辿ってみようと思う。なにせJR御嶽までの下りはずっと変化のない樹林帯歩きだし、木の根と大きなステップが多く、おまけにゴール目前にアップダウンが三か所も待ち構えている。簡単に言えば、単に辛いだけ。

大菩薩峠・絶景紅葉

 期待を上回る大パノラマに目が釘付け。これが今回の山行の印象だ。
「次は大菩薩に行きたいですね」と、山友のHさんよりリクエストが出ていたこともあり、秋口に入ってから何気に天候等々の情報に注目していた。十一月十日(木)に予定が決まると、紅葉のベストタイミングということもあり、期待感はいつも以上に上昇していった。
 大菩薩嶺はあの深田久弥が選定した“日本百名山”の一つである。過去に二度歩いたことがあるが、美しい唐松の森、変化にとんだ山道、眺望のきく開放感抜群の尾根道等々、山歩きに求められる要素がうまい具合にちりばめられ、なるほど百名山の名に相応しい。

 六時に三鷹駅北口でHさんと待ち合わせると、中央道で一路勝沼ICを目指した。フルーツラインを走り、途中セブンで買い物を済ませると、大菩薩ラインから登山口の標識があるT字路を右へ入る。森はまさに紅葉の真っ盛りで、木々の間から漏れる朝の陽光も力強く、天候の崩れはまずなさそうだ。
 ロッジ長兵衛真向いの駐車場は満車だったが、左道路沿いの駐車場には十分な空きがあった。紅葉狩りにはこの上ない条件がそろっているのに、ちょっと不思議な気はしたが、これなら静かな山歩きができるだろうと、準備の上、さっそく出発。

 歩き始めて間もなくすると“福ちゃん荘”が見えてきた。施設の前にはベンチが並んでいたので、ちょっと拝借し一枚上着を脱いだ。意外や気温が高く、ここから先の急坂を考えれば、大汗は避けられない。
「ほら、富士山」
 唐松尾根を中盤あたりまで上がってくると、松林の向こう側にくっきりと富士山の姿
が現れた。

「ほんと。きれいですね」
「このまま雲がかからなきゃ、上に行って絶景が見られそうだ」
 とかく富士山の周囲ってのは気象状況が変わりやすい。ほんのさっきまできれいに見えていたのに、ふと気が付いたら雲に覆われてしまったなんてことはよくあること。
 坂は徐々に岩が多くなり、それに伴い傾斜がきつくなる。階段の踊り場のようなところでちょっと一息つくと、
「すごい!めちゃきれい」
 Hさんが背後に広がる景色に見入っているではないか。
「ほんとだ、こりゃ凄いや」
 大菩薩湖を囲む山の斜面が赤や黄色の紅葉色に彩られ、それが見事なほどに広がっている。おまけに富士山の手前に連なる山々にはきれいにガスがかかり、幻想的な美しさを醸し出している。昨年の笠取山頂上からの眺めも息をのんだが、今、目の前に広がる景色は正直別格。感性を圧倒する美のレベルが、人の目と心を釘付けにしてしまうのだ。
「今日は最高ですね」
「めったにお目にかかれない眺めだよ」

 雷岩が見え始めると、風が強くなってきた。しかもとても冷たい。いったん森の中へ入って、一度脱いだ上着を再び着込む。その後は今回コースのハイライトである、尾根歩きが始まった。右には富士山をはじめ南アルプスから北アルプスまで。そして左に目をやれば奥多摩山系と、きょろきょろしっぱなしである。
「この風がなきゃ言うことないんだけどな」
「それは贅沢です」
 あまりの絶景が続くので、立ち止まってはシャッターが延々と続いた。
 そうしているうちにも賽の河原を通過し、大菩薩峠へ到着。ここに建つ介山荘にはおあつらえ向きのベンチが並んでいるので一服することにした。ざっと見渡すと十名弱のハイカーが休息をとっている。
「すいません、これ、撮ってくれますか」
 小柄な年配男性が満面の笑みを伴ってスマホを差し出してきた。

「はい、いいですよ」
 聞けば山にはよく行くそうで、百名山はとうに制覇しているとのこと。しかも最近になってもう一度制覇しなおそうと奮起し、この大菩薩嶺が二座目になるという。どう見ても七十代には入ってそうに見えるが、いやいやあやかりたいパワーである。山を歩いていると元気な諸先輩方にたびたび会うが、単に体力の維持だけでなく、膝や腰などの故障に対してもそれなりの対策を施しているのだろう。私もまだ何とか体力は維持しているが、最近では両膝の痛みや右股関節の渋さがどうにもすっきりしない。一年ほど前に武蔵境の形成外科で診てもらったことがあるが、特段の異常はなく、やはり加齢による避けられない症状の一つではないかということだった。
「そろそろ行こうか」
「はい」

 大概のハイカーはここから歩きやすい林道を下って上日川峠へ戻るが、それではあまりにあっけないし、面白みもないので、我々は石丸峠経由を選択。それまでとは様相の異なる苔の山へと入っていった。
 倒木が多く、且つあまり陽光が届かないためか、森は鬱蒼とし、いたるところに苔がむしている。
「今までと感じが違いますね。歩いていても体が温まらない」
 そこそこの登りが続いているのに、冷たく凛とした空気に包まれているせいか、Hさんの言う通り、体が温まらないし、汗もかかない。黙々と登っていくと、いつしか前方が明るくなった来た。苔の森を脱し、熊笹が覆う広い草原に出たのだ。燦燦と降り注ぐ陽光ですぐに首回りが暖かくなってきた。そして再び大きく眺望が開け、正面の小金沢山から右へ大菩薩湖、そして真打富士山の再登場。林道を使って下山したら見ることのできなかった眺めである。
「おなかすきましたね」
「だね、十二時過ぎてる」
 広々とした草原の道から一気に急斜面を下り、唐松の森に入る。それまでとは異なるこの穏やかな雰囲気は、登山もそろそろ終盤に至ったあかしだ。
「ほら、ベンチがある。あそこでランチにしようよ」
 それにしてもいいあんばいのところにベンチがあったものだ。

 そう、今回のHさんは気合が入っていた。ザックから取り出したメスティンの中には、野菜がぎっしりと詰められていて、別容器で肉も持参している。これに出汁を入れて鍋にするとのこと。Hさん、さすがに主婦だけあって手つきがいい。ストーブの周りにアルミの風よけを立て、一気に過熱していく。そうこうしているうちにいい匂いが漂い始めた。
「このくらいでいいかな」
 火を止め、シェラカップに熱々をよそると、
「はいどうぞ」
「おお、いただきます」
 いやはや、山歩きでこんな美味しいランチにありつけるとは思いもよらなかった。いつもはおにぎりとカップ麺がせいぜいなので、今回は特別感ありありだ。
 最高の天気に恵まれ、写真もたくさん撮ることができ、おまけにおいしいランチで満腹と、今年一番の登山になったことは言うまでもない。これから山は一気に冬へと入っていくが、そんな時こそ来春の山行計画の練り時であり、願わくは楽しく健康的な一年にしていけたらと思っている。

稲取細野高原

 十月十二日(水)。以前から気になっていた、東伊豆は稲取にある細野高原。ここには東京ドーム二十六個分という広大なすすき野原が広がり、ちょうど七日から“秋のすすき祭り”なるものも開催しているようなので、シーズン真っ盛りである今が散策のチャンスと、早朝よりPOLOを走らせた。

 久々の厚木小田原道路は車も少なく快適だったが、南から西方面にかけて広がる厚い雲が気になってしょうがなかった。ウェザーニュースによれば現地は曇り。降雨率は午前午後ともに30%で、時折小雨がとのコメントも。大崩れはないだろうが、一応バックパックには防水のウィンドパーカーを忍ばせた。

 東伊豆へ出かける際には、殆どの場合、熱海のジョナサン・サンビーチ店で朝食をとる。海を見ながらの食事は気分がいいし、コーヒーを二杯も空ければしっかりと覚めてくる。用足しを済ませると、R135をひたすら南へ向かった。

 伊東に差し掛かるころからついに小雨が降りだしたが、ほとんど傘もいらないレベル。ただ、この先雨脚が強くなったらどうしようかと、気分は落ち着かない。ところが稲取高校を左に見て徐々に標高を上げていくと、ラッキーなことに雨はやんだ。

 駐車場に到着すると、おおよそ十台ほどの車が停まっていた。平日でしかも怪しい天候なのに意外である。ハイキングコース入口にはテントが設営され、スタッフらしき女性が受付を行っていた。すすきのイベント期間中は五百円の入山料をとるようだ。
「ありがとうございます。これ、パンフレットです。コースの地図も載ってます」
「三筋山まで行きたいんですが」
「だったらこの“百四十分コース”ですね」

 今回の主目的は、標高821mの三筋山頂上よりの眺望。駐車場の標高が約400mなので、頂上までの標高差は421mあり、歩行時間も二時間半近くある。ハイキングとしてはややハードだ。
「雨具はお持ちですか。なんか天気がちょっとなんで」
「一応持ってます。まっ、ひどい降りになったら引き返しますよ」
 相変わらず空はどんよりしているが、若干の明るさもあるので、何とかもつだろう。α6000をたすき掛けにして、いざ出発!

 さすがにうたい文句にしているすすき野原は素晴らしかった。良、質ともに、眺める者の目を奪う。広範囲にわたってこれだけのすすきを管理するのはさぞかし大変な仕事だろう。女性スタッフによれば、細野高原は私有地とのこと。
 風力発電の風車が大きく迫ってくる頃、三筋山の山頂の様子が見え始めた。米粒のようだが、数人のハイカーが動いているのがわかる。緩いのぼりのが徐々に傾斜を増していくと、先行していた高齢者四人組の姿が見えてきた。
「こんにちは」
「なんだか天気があやしいね」
「ほんと、このまま降らないでほしいですよ。それじゃお先に」
 一人は私と同年代ほど、あとの三人は七十後半ってところか。さすがにこの急坂ではペースダウンもやむなしか。

 頂上直下の広場まで来ると三筋山の全容が見渡せ、あのてっぺんに立てば間違いなく絶景を拝めるだろうと心が弾む。ところがだ、先に登り始めている年配夫婦の後ろ姿につられて歩みだしたまではよかったが、突如顔にパラパラっと冷たい雨が当たり意気消沈。しかし空にはまだ明るさがあったので、天候の急変はないと自身に言いつけ、気合を入れなおして坂を登り始めた。

 標高が上がるにつれ、伊豆七島がくっきりと見えてくる。すすき野原の全体像も手に取るようにわかり、その広大な眺めはもはや感涙ものだ。ただ、頂上付近は小雨まじりの強風が舞い、しかも寒い。今日は珍しく鼻水が止まっていたが、この冷たい風と共に、盛大に出始めてきたので、早々に戻ることにした。眺めに関しては頂上まで行かなくても、中腹あたりで十二分に満足できる。その中腹まで下りてくると、あの年配四人組が上がってきていた。
「上は風強いかい」
「帽子なんか吹っ飛ばされるから気をつけてくださいよ」
「あははは」
 と、笑いながらも、彼、帽子のひもを締めなおした。

 いつも感じることだが、これだけ何年も何べんも伊豆に訪れているのに、単に知らないだけで、興味深いところはまだまだたくさん残されている。仮に同じ場所でも季節や時間帯が変われば新たな感動を受けることは間違いなく、行動資金と相談しつつ、ポイント探しは続行していくつもりだ。
 帰りは沼津経由とし、中伊豆にある“萬城の滝”へ寄り道してみた。午後も三時に近づいていたし、おまけに小雨そぼ降る薄暗い山の中。人影の全くない滝つぼの真正面に立つと、柱状節理の岩から流れ落ちる水量豊富な瀑布を眺め続けるのだった。