CELSIUS W520 カスタム

画像加工用のPC「富士通 CELSIUS W520」。
年に一度はケースを開けて丹念に埃の除去を行っている。このPCはカメラ機材と共に、私の写道楽を支える大事な相棒なので、とても大切にしている。かれこれ20年、これまでに画像用のディスクトップPCは、とっかえひっかえ使ってきたが、このW520が最も安定感のある動きを見せ、作業の効率はすこぶる上々だ。
昨年。高い動作環境を求めるLuminar3を導入した関係で、CPUをそれまでのIntel・I3からI5へとバージョンアップ。グラフィックボードもCELSIUSのメーカーオプションリストを参考に「NVIDIA Quadro K600」へと交換したことが、より一層安定感を向上させる決定的な要因となったようだ。
そして今年はさらに手を加えた。メモリの増設である。気に入っている機械だからこそ、更にパワーアップしたくなるのは人情である。
現況でもメモリの搭載量は8GBあって、具体的な問題はまったく出てこなかったが、“Photoshop使い”のサイトを見まわすと、安定した作業を求めれば、メモリは16GB以上積んだ方がいいとの記事が目立っていた。W520は最大で32GBまで増設可なので、とりあえず16GBへと増やすことにした。
メーカーはこれまで使っていたのがサムスンなので、相性を考慮して同じメーカーを選んだ。今度は豪華に4GBの4枚刺しである。本格的にPCを扱うようになったのはWindows98が出たころなので、すでに20年以上のPC歴があるが、メモリを16GBまで積んだのは今回が初めて。どのようなパフォーマンスを見せてくれるか期待は膨らんだ。
ところが、どうせやるならもう少々といつもの悪い癖が出てきて、使い始めて1年しかたっていないCPU(I5)を、この際だからと純正オプションリストにあった「Xeon E3-1275 V2」に交換したのだ。このXeon、発売は2012年と古いが、まだディスコンされていない現役CPUというところが惹かれるポイントだった。Xeonはもともとサーバーマシン用に設計されたもので、一般的にハイパワーなCPUを奢るといえば殆どI7になる。しかしW520はもともとサーバーマシンだから、それ用のCPUは相性がいいはずだし、オプションにもなっている安心感から無性に試したくなったのだ。
今回もヤフオクで探してみたところ、7,500円で良さそうなものが出ていたので、即ゲット。品物が到着すると、何はともあれ即メモリ&CPUの交換作業に入った。

主観での説明ではいまいち伝わらないと思うので、サムスンのSSD管理ソフトである「SAMSUNG MAGICIAN」を使い、デバイスのベンチマークを測定してみた。

Samsung SSD 850EVO 250GBシーケンシャル(MB/s)ランダム(IOPS)
<2.3TB書き込み済み>読み出し書き込み読み出し書き込み
I5 2320+8GB232227485737344677
Xeon E3-1275 V2+8GB350432477714861767
Xeon E3-1275 V2+16GB366134958447264697

この結果を見る限り、CPUの性能差は歴然である。
オリジナルのI3の時はデータを取っていなかったので何ともコメントし難いが、I5とXeonの差は予想していたよりも大きかった。
実際にPhotoshopの起動は速くなったし、プラグインであるLuminar3を使っての変換時間は確実に短縮された。
これだけで現像~レタッチの作業は快適になり、それをやりたいがために写真を撮りに行くという、本末転倒なこの環境が実に楽しいのだ。

CELSIUS W520 と Luminar3

画像加工用PCとして「富士通 CELSIUS W520」を使うようになってから2年が過ぎた。
元来はサーバーマシーンなので、そのしっかりした筐体と抜群の静音設計はワンランク上を感じるもの。動作も安定していて、メイン編集ソフトであるPhotoshopCS5も軽快に動き、作業効率は申し分ない。
そんな作業環境の中、ちょっと前から気になっていたのがLuminar3という写真編集ソフトだ。そのLuminar3がつい最近Luminar4としてバージョンアップを遂げ、なんと太っ腹なことに、旧バージョンとなったLuminar3を無料で配布するというのだ。一度は使ってみたかったので、もちろん即ダウンロードとなった。

無事インストールが終了したので起動してみると、あれれ?、何気に動きがおかしい。クリックしても反応がやたらと鈍いのだ。試しに再起動を掛けたら、今度はソフト自体が立ち上がらなくなってしまった。
仕方がないので、念のためにLuminar3の動作環境をチェックしてみた。


Microsoft Windows 7、8.1、10(※64ビットOSのみ対応)
OpenGL 3.3以降対応のグラフィックカード
Intel RCore i5以上
8 GB 以上の RAM
ディスプレイ 1280 × 768 以上
2GB以上の空きがあるハードディスク(SSD推奨)


以上である。
CELSIUSのCPUはi3、グラフィックカードはこれまた古い玄人志向のGF210LPである。
特にGF210LPはドライバのアップデートができないという問題が前々から出ていて、カード自体を交換しようかと考えていた。
ということで、良い機会でもあるので、メンテも含めて久々にCELSIUSをいじってみることにしたのだ。

先ずはグラフィックカード。相性問題を考慮して、CELSIUSのメーカーオプションリストを参考に「NVIDIA Quadro K600」を選んだ。ヤフオクで程度の良いものがあり、2,000円でゲット。
そしてPCケースを開けるので、清掃とCPUグリスの塗り替えを行うことにした。ところがここまで考えた時、「CPUを外すんだったらついでに交換」と計画を進め、同じくヤフオクでソケットタイプLGA1155で検索すると、“良品”と称するi5が1,000円で出ていたので入札。結局私の他に入札者は現れなかったので無事1,000円でゲット。
欲を言えばi7が欲しかったが、最も安いスタート価格で6,600円だったので諦めた。もしも認識しなかったらという危惧があったからだ。使えなかったら痛い出費だ。それにi3でも軽快に動いていたので、そこまで無理する必要もないと判断。送料を含めても3,500円でお釣りが出るという、超低予算でのチューニングとなったわけだ。

休日の朝7時より作業をスタート。何事もなければ1時間も掛からない内容である。
PCケースの横蓋を開けると、内部は余り埃の付着もなく意外ときれいだったが、一応エアブロアーでCPUクーラーやファン周りを噴いた。
CPUが顔を出すととやはりグリスはカピカピになっていて、放熱効果が落ちていることは歴然である。
i5に交換してFenderのギターピックで丁寧にグリスを塗布する。あとはCPUクーラーを取り付ければ完了だ。
次はグラフィックボードの交換。固定ねじ1本を外せばものの30秒で作業は終わる。早速電源を入れて試してみようと、外してあったコードを元のように差し込んでいく。
と、その時、

「ありゃ、なんだこれ?」

これまでモニターの接続にはHDMIを使っていたのだが、いくら差し込もうとしても入らない。若しかしてと、目を凝らして見ると、なんと形が違う。一見HDMIなのだが、横に開いた口の左右の形状が対称ではないのだ。
しょうがないので、古いDVIケーブルを屋根裏部屋から探し出して接続、果たして使えるか?!
スイッチオン。いつものことだが緊迫の一瞬である。
モニターにメーカーロゴ、そしてWindowsマークが連続して出てきた。CPUもグラフィックボードもめでたく認識できたのだ。
ネットサーフィン、officeソフト、そしてPhotoshopのレスポンスに際立つ変化は見られなかったが、肝心のLuminar3がきちっと動いてくれてホッとした。

普段、画像の編集にはPhotoshopCS5をメインとして使い、プラグインにNik Collectionを入れている。Photoshopは5.5から愛用しているので、もはやこれ以外のソフトを使う気はない。今回のLuminar3もプラグインとして使いことができるということなので早速設定した。
ところがだ、ここへきてつまずいた。CS5のプラグインホルダにLuminar3が入っていることを確認しても、何故かフィルターへ反映されないのだ。色々試してはみたが、打開策が見つからないので、Luminar3を使う時だけ編集フローを工夫してみようと考えている。何れにしても多用することはないので、問題はなかろうと思う。

追伸
プラグインホルダから一旦Luminar3を取り出して、再び貼り付けたら、な、なんとPhotoshopCS5のプラグインとして使えるようになった。
よくわからない、、、

◆ 続きがあります。

ニコン 頑張れ! その3

「センサーの掃除、お願いします」
「D600ですが、有料になりますが」
「えっ?なんで?、D600は永年無料だって、ここのスタッフが言ってましたよ」
「サービス期間が終わりましたので、、、」
「期間があるとは一言も聞いてませんね」
「すみません。しかもセンサーの掃除のみというメニューはなくなりまして、こちらのセットメニューへ変更になりました」
「そうですか、、、それじゃ結構です」
「すみません」

上記は1月29日(水)にニコンプラザ新宿へ出向いた際、カウンタースタッフとやり取りした内容である。
正直なところ、ニコンのやり方にはがっかりだ。D600は発売直後からシャッターユニット動作時に潤滑目的である油が飛散して、イメージセンサーにオイルスポットを作り出してしまう欠陥が公表されており、症状が酷い場合はリコール対応でシャッターユニットAssy.の交換が行われていた。私の愛機も交換済みであるが、ことD600に関しては、事の流れから一律してセンサーの掃除をニコンプラザに於て【永年無料】で行うという対応が出されていたのだ。もちろん永年だから期間などある訳もないので、平然と<サービス期間が終了しました>と言われても、騙された感しか覚えない。

冒頭はニコンプラザのメンテナンス料金を切り取ったものだ。対応したスタッフが言ったとおり、センサーの掃除のみはメニューから消えた。しかしどうだろう、困るユーザーが大勢いるのではなかろうか。
私の場合、イメージセンサーの清掃はD100の時代から全て自分でやっている。シルボン紙とエタノールさえあれば、そう難しい作業ではないからだ。但し、これはあくまでも私の場合である。世の中には手先が不器用だったり、作業の加減がわからない諸氏も少なくない筈。もしも誤ってセンサーに傷をつけたり、エタノールの付け過ぎでショートさせたりでもしたら、その修理費用は十数万円にものぼる。況してD5のように値の張るモデルだったら、自分でやろうにもそれなりの覚悟が必要だろう。
センサーの汚れは、悩ましいことにレンズ交換式カメラであれば、程度の違いはあっても必ず付着する。レンズの脱着をやらなくたって付くのだから困りものだ。そもそもせっかく手に入れたデジイチだったら、レンズを交換しないことは殆どあり得ないだろう。レンズキットで購入したって、経験を重ねるうちに画角の違うレンズを欲しくなるのは人情。写真を趣味とした諸氏の共通した物欲の始まりなのだ。そんな方々が定期的に行う必要のあるセンサーの掃除を、最も低価格と言っても一回に2,750円もするBコースを選ばざるを得ない事実は、メーカーの政策怠慢以外の何物でもない。
ユーザー視点に立つのがニコンだったのに、これではまるでキヤノンだ。