ワクチン接種・1回目

 6月17日(木)。ワクチン接種1回目に行ってきた。武蔵野市の会場接種初日である。
当初はかかりつけ医である武蔵野陽和会病院を希望していたが、電話予約があまりに熾烈だった。受付スタートした8日の14時ジャストに掛けてみても既に話し中で、その後受付終了の17時まで50回近くトライしたものの、全く繋がらないのだ。次第にばかばかしくなり、3日後、何気に電話してみたら、すんなり受付嬢が出た。

「ワクチンの予約をしたいのですが」
「診察券番号と接種券番号をお願いします」

 手元に広げて準備していたので、滞りなく伝えると、

「受付は可能ですが、1回目は7月20日以降になります」

 ずいぶんと先だ。

「だったら、会場接種の予約をした方が早いのかな」
「ん~~、と、思いますね」

 いったん電話を切り、作戦を練り直した。市内の接種可能医院のリストをもう一度丹念に確認してみると、なんと武蔵野第五小学校の先にある小森病院が、かかりつけでなくても受付可との記載があったのだ。さっそく掛けてみると、普通に繋がった。

「ワクチンの予約、できますかね」
「できます。ただ最初が7月25日になりますが」

 ここも駄目だ。医院で接種したい人は想像以上に多いのかもしれない。しょうがないので、希望だったかかりつけ医接種から会場接種にスイッチ。予約開始の6月15日(火)午前9時を待つことにした。

 当日。職場へ早めに出社すると、PCを起動、接種券を目の前に広げる。スマホの“時計”を開いて、9時ジャストを狙うのだ。武蔵野陽和会病院の電話予約騒動が脳裏をよぎったので、緊張感は否応なしに高まった。

―チッチッチッ~~!

 電光石火の左クリックが始まった。人差し指のだるさに耐えること7秒間。パッと申し込み画面が出たときの嬉しさったらない。暫し見つめてしまったほどだ。気を取り直して必要項目の入力にかかる。受付可能日の選択を見ると、やった!初日である6月17日の15時30分と16時にまだ空きがあるではないか。17日は木曜、ちょうど職場の定休日に当たる。これはラッキー☆

 接種会場は武蔵野市民体育館。コロナ禍になるまではよく通っていた市民プールの隣である。駐輪場に自転車を置くと、さっそく会場へ。
入口を通過するとすぐに男性スタッフが近づいてきて、バインダーを渡された。これに予診票、接種券、身分証明を挟んでおけとのこと。両手のアルコール消毒と検温を済ませると、左側にあった控室に通された。ざっと見まわして50名ほどの接種希望者が、設置されたパイプ椅子に腰かけている。すぐに女性スタッフによる接種までの流れの説明が始まった。特に予診票の未記入が多いことを指摘、これがあることで流れに滞りが出てしまうので、しっかりと確認して欲しとのことだった。ただ相手は爺さん婆さん、何度説明しても理解できそうにない人が多そうだ。案の定、スタッフ2名が一人一人の予診票を確認し始めた。

「それでは40番から49番の札をお持ちの方、ご案内します」

 最初に渡されたバインダーには赤い番号札がついていた。控室を出ると、接種エリアに入る。書類受付~問診と流れ、気が付けば注射器を持った女医さんが目の前に。

「はい、捲ってくださ~い、腕はだら~んとして」

 身構える間もなく、プスッ。手慣れたものだ。痛みは普通の注射。きついのではないかと若干ビビっていたからホッとした。接種後は2回目の日時確認と接種後の注意事項の説明があった。そして最後は副反応が出た場合の対策として15分間座って待機させられた。トップの写真がそれ。
それにしても今回の接種、ちょっと感動である。徹底した予行演習のたまものだろう、てきぱきとした対応とリズム感よく流していく様には、本当に頭が下がる。これなら2回目も安心して受けられそうだ。

ZEISS SEL1670Z

 今年は梅雨入りが早いという予報が出ているが、すでに日々雲が垂れ込むパッとしない天気が続いている。せっかくの3連休だが、腰の具合が悪いのと、いまだ続くコロナ緊急事態宣言、そしてこの天気のおかげで遠出する気にはなれない。ただ、先日手に入れた<ZEISS SEL1670Z>がどうにも気になって、もう使いたくて使いたくてうずうずが止まらない。とりあえず玄関脇で咲き誇る“ダンスパーティー”を数枚撮ってみたが、被写体の持ち味を壊さない自然な描写に思わずニンマリ。叙景的な特性に優れていることは、レンズの基本であるから。
ふと思い立ち、スマホでtenki.jpを開いてみた。午後から雨だが、どうやら降りだすのは15時過ぎのようだ。だったら自転車でひとっ走り、小平のアジサイ公園へ行ってみることにした。アジサイは咲き出したばかりだろうが、途中の多摩湖サイクリングロードの道端には四季折々の花を見られるはずである。

 それにしてもα6000にZEISSを装着すると、まるで人間工学を考えたのではと思うほど、手にしっくりとくる。これは撮影意欲を向上させると同時に、安定したホールドが可能になり、ブレ防止にも大いに役立つものだ。そして慣れてきたせいか、右手親指が自然と触れる位置にあるコントロールダイヤルで、EVFを覗きながらリズミカルに絞りを変えられるところが何ともいいのだ。また、C1にフォーカスモード、C2にフォーカスエリアを割り振っているので、大概の被写体に対し即座にセッティングの変更が可能になっている。

 かなり早すぎたようだ。肝心なアジサイはやっと咲き出したところで、どう見ても葉が優勢である。池には蓮の花も一輪ほど顔を見せていたが、夏の花だけにこれこそまだまだ先である。
せっかくZEISSを持ち出したのにサイクリングロードにもこれといった被写体が見つからず、渋々自宅へ引き返そうと自転車を走らせた。

 まもなくすると左に古民家が目に入る。サイクリングロードはよく使うので、ここ「小平ふるさと村」のことは以前から知っていたが、これまでそれほどの興味をそそられる対象ではなかったので、立ち入ったことはない。小金井公園脇にある「江戸東京たてもの園」のような規模もないし、いつ通りかかっても人が利用している気配を感じられないのだ。

 ―まっ、いっか。

 生垣越しに見えた十数人の幼稚園児がやや気になったが、ザックを降してα6000を取り出した。
確かに古民家はそれなりの雰囲気はあるし、奥には水車小屋まで建てられている。ただ、見物客の視点を考慮した「江戸東京たてもの園」の演出とは比較するべくもなく、一度見回れば二度はないといった印象だった。
わずかなショット数ではあったが、ここでもZEISSの描写力が光った。撮って出しでも全然問題ないが、Photoshopで黒レベルと彩度を調整してやると、ノスタルジックな画へと変貌。これからどれほど楽しめるのだろうと、いい意味で溜息が出てきた。

季節の変わり目

 今年もモッコウバラが終わると、バトンを渡されたようにダンスパーティーが開花し始めた。可憐な色合いは何度見ても飽くことはなく、おまけにアジサイの仲間だけあって、雨が落ち花弁や葉に水滴が躍れば、その輝きは倍増する。それともう一つ。ダンスパーティーと同タイミングで開花が始まるのがドクダミだ。濃い緑の葉に真っ白な総苞片、そして中心には黄色で無数の小さな花弁が咲き誇り、その強大な生命力は、瞬く間に我が家の庭を占領してしまう。

    初夏の花が咲き始めると、ちょうど衣替えだ。日中が25℃にもなれば長袖のパジャマでは寝苦しく、コットンの半袖Tシャツにタオル地のトランクスで爆睡間違いなし。自転車通勤の装いも短パンに代わり、ペダリングも爽快。
 同じ季節の変わり目でも、秋から冬へと比べると、春から夏では感受性がキリキリと高まり、気持ちも体もプラス思考となって活動的になる。

 「明日、雨さえ降らなきゃ岩尾根登るか」 
 朝寝坊したのに、「行っちゃえ!これから箱根だ」

 と、こんなノリが始まるのだ。