SSD

intel-ssd-330angledデジタルカメラで撮影した画像に補正や加工を加えたり、Painterで描画を楽しむ時には専用のディスクトップPCを使っているが、その他の用途には全てノートPCで対応している。
愛機は以前より一貫してIBM(今はレノボ)のThinkPadだ。慣れ親しんだ使い易さと堅牢性、そして消耗品を中心とした中古パーツが入手できる利便性などが使い続ける理由になっている。

現在愛用しているモデルはB5ノートのX200。発売から既に6年も経っているロートル機ではあるが、高い基本性能に助けられ、今のところ何の不安もなく快適に動き続けている。
それまでのThinkPadシリーズの中では群を抜くパワー感が特長であり、仕事にプライベートにと、一番の働き者だ。
しかし、ここまで惚れ込んで使っている理由には、ちょっとした経緯もあった。

WindowsXPのフォローがあと半年で終了という頃、X200のWindows7化に取り組むことにした。なにしろお気に入りのモデルだから、完全に壊れるまでは何としても使い続けたかったからだ。
webで調べると同じことを行っているユーザーがけっこう多く、参考資料はいとも簡単に集まった。

メインとなるOSはWindows7・Professional 64ビット版をチョイス。理由はメモリを大量に積めるからだ。X200は8GBまできちんと認識するので、当然ながら32ビット版は外した。
そして7化の際のメインカスタムは何と言ってもSSD。読み書きの速さは以前から定評があり、ネックだった耐久性やプチフリもずいぶんと改善され、昨今ではデータ保存にHDD、OS置場はSSDとまで言われるようになったのだ。
各メーカーから色々なタイプが発売される中、信頼と実績で迷わずIntel製330をチョイスした。

SSDにクリーンインストールした64ビット7は、予想を遙かに上回る動きを見せ正直びっくり。
XP+HDDの時だってそこそこに快適だったから、この激変に驚きは隠せない。
XPが終焉となった今、手持ちのPCを7化したいとお考えの諸氏は是非参考にしていただきたい。

俺の休日を返せぇー

shinjuku-shonan全く冗談じゃない。
せっかくの休日が台無しだ。

6月13日(金)。
“梅雨・紫陽花・鎌倉”のフレーズに誘発されると、使い慣れたNikonD100+SIGMA17-70のコンビを肩に掛け、意気揚々と湘南新宿ラインに乗り込んだ。

ところがである。
ここまでは良かったのだが、その先に待ち構えていた“まさかの展開”に、楽しみにしていた撮影行はいとも簡単におじゃんとなってしまったのだ。

目的の駅“北鎌倉”へあと3駅と迫った東戸塚で停車の後、待てど暮らせど電車は動かない。
妙だなと感じていたら、

「この先の大船駅で信号故障の為、暫く停車いたします」

こんなアナウンスが流れた。
信号故障ならそのうち動き出すだろうと、これをタイミングに持参した文庫本を取りだした。
東野圭吾の【探偵ガリレオ】だ。短編だからこんな場合にぴったりである。
ちらっと車窓へ目をやると、雲ひとつない青空が眩しくも恨めしかった。

15分が経過。

「どうなってんのかしらね」
「どのくらいで動くのかはっきりして欲しいわよ」

車内を見回すと、周りには年輩ご婦人達の観光グループがざっと3組ほどいた。
耳に入ってくる会話によると、やはり目指すは鎌倉のようだ。お昼時間近であり、そろそろ空腹も感じる頃、イライラしてもおかしくはない。

30分経過。

撮影時間が刻々と蝕まれていく焦りが、色々な憶測を生んだ。

「今駅員の人に聞いてきたのよ」
「あら、それで」
「詳しい情報が入ってこないから、待っている方がいいらしいわ」

わけの分からない会話だ。

「駅員に怒鳴りつけている人がいたのよ」
「嫌ね~」
「怒ったってしょうがないのにね」

45分が経過する頃になると、観光客を除き、改札へ向かうか、上りに乗り換える人達が目立ち始める。仕事中であれば、このまま黙って待機などはしていられない。
私もこの頃になると撮影意欲がだいぶ減退してしまい、これ以上無駄な時間の増えることに苛立ちを覚え始めてきた。

1時間が経過しようとした時、再びアナウンスが流れる。

「大変ご迷惑をおかけしています。未だに復旧の見通しが付かず、暫く時間が掛かる模様です」

「なにそれ」
「どうするのよ」

車内はざわついた。
その時、ちょうどホームへ入ってきた横須賀線の上りに駆け込む人が数名出た。
しかし優柔不断な私は、この期に及んで更に15分待ってみることにした。

ー もし動いたら、まだ時間的に回れそうだ。

そうはならないことを感じつつも、何気に立ち上がることを拒んだ。
しかし状況は更に悪化していき、何と上り電車までも大幅にダイヤが狂い始めたのだ。
向かいの上り線ホームを見れば、知らぬ間にずいぶんと人が並んでいて、電光時刻表は空しくも全く用を足さない状況となっていた。

ー くそっ、さっきの電車に乗っておけば良かった。

いまさら後悔しても時既に遅し。
暗澹とした気持ちを誰かに聞いて欲しくなり、これまでの顛末をうちの女房へLINEで伝えてみると、すぐに返信が来た。

「タクシーで戸塚まで行って、そこから東海道線で戻ってくれば」

なるほど、その手があったか。
横須賀線と東海道線が乗り入れている戸塚は、隣駅だから距離もそれほどないはずだ。
最悪歩いても行けない距離ではない。

ー 早いとこ脱出するか。

最後の15分間を待つことなく、それではと、長らく座り込んだシートから立ち上がり、足早に改札へと向かう。
案の定、改札周辺は多くの利用客でごった返していた。

「どうなってんだ」
「振替え輸送はどこよ」
「払い戻しだ」

熱くなっている客、バス乗り場やタクシー乗り場へ急行する客、憮然とした表情で払い戻しの列に並ぶ客。既にいつもの駅の光景はない。

そして改札を出ようとしたその時だ、

「一本だけですが、東海道線が臨時で乗り入れることになりました」

メガホン片手に駅員が叫んでいる。

「あと10分少々で到着します」

ー おっ、これはラッキー!

再度ホームへ戻ると、少しでも空いていればと、先頭車両が入る停車位置に並んだ。
これで一安心と回りに目をやれば、何と乗ってきた湘南新宿ラインの車両にまだ座っている人達がいるではないか。
再運転の可能性はかなり低いとは言え、その気持ちは分からないでもないが…
よく見るとその中には遠く関西から訪れている4~5名のご婦人グループがいた。長らく車内で待っている時、話し声の大きい彼女達の会話は、嫌でも耳に飛び込んできたのだ。
彼女達にとってこのアクシデントは憤慨以外の何ものでもなく、予定している観光スケジュールも見直さなければならないだろう。
交通トラブルは様々な人達に様々な影響を及ぼすものだ。

臨時便は無事に発車。その後二度ほど時間調整という理由で5~10分ほどの停車があったが、ほぼ予定通りに新宿へと到着した。
中央線に乗り換えた後、アンドロイドで横須賀線の運行状況を検索すると、未だに運転再開はしておらず、それどころか翌日のダイヤにも影響を及ぼす最悪な状況になっていたのだ。

三鷹駅に到着。駅事務所へ行って今回の顛末を述べた後、一度も下車していないパスモの処理をお願いすると、一言の「すみません」もなく、

「そちらからどうぞ」

と、出口へ誘導された。
あまり言いたくはないが、これがJRのレベルであり、そのレベルが“しょっちゅう止まるJR”という、誠に情けないキャッチフレーズを生み出しているのだ。

どうでもいいけど、
俺の休日を返せぇー

夢の世界

1akb486月7日(土)。甲州街道を挟んで、職場の眼前にそびえる“味の素スタジアム”は、朝から異様な活況に包まれていた。
そう、日本アイドル界の歴史を事ある毎に塗り替え続けている、AKB48グループの「第6回AKB48選抜総選挙」の開票イベントが行われるのだ。
これまでに同スタジアムでは、Jリーグはもちろんのこと、SMAP、L’Arc〜en〜Ciel、A-Nation等々、BIGアーティストのコンサートが数多く開催され、静かな町“飛田給”へは、その度に山のような人波が押し寄せてくるのだが、今回の総選挙ではこれまでのどれとも違う“人波の雰囲気”を感じ取れ、なんだか無性に興味が沸いてきた。

傘をさしていてもびしょびしょになってしまう程の土砂降りが朝から続いていた。
その中、カッパを羽織った大勢の人達が、飛田給の駅前から味の素スタジアムを目指して延々と歩き続ける光景は、あたかも力の渦のようで、気が付けばそれに見入っている自分を発見してしまう。

翌日6月8日(日)。人波は更に大きいものとなった。
「大島優子 卒業コンサート」
現在のAKB48をここまで牽引してきた事実上のリーダー“大島優子・最後の花舞台”とあっては、ファンのボルテージは上がらないわけがない。
昼時にローソンストア100へ買い物に出掛けると、案の定、レジ前は長蛇の列。オリジナルのコスチュームを羽織った熱狂的ファンの姿もちらほらと目に付く。

ー 実在神 女神 渡辺麻友 ☆

バッチリとシャツの背中に刺繍してある。
これは凄い!

買い物の後はファン達の流れに入り交じって、味の素スタジアム前の歩道橋まで歩いてみた。
ごく短い距離ではあったが、コンサートへの期待感が広がる大勢の後ろ姿を見ていると、その勢いに呑まれて自分も一緒に会場へ入り込んでしまうような妄想が膨らむのだ。

「チケットありますよ~」
「持ってますか~」

ダフ屋だ。
彼らの出現でイベントの規模が分かろうというもの。

階段の手前で流れから離れ、静かな路地に入ると同時に妄想が消え去っていった。

AKB48に限らずライブイベントは、日常から非現実へと誘う魔法のエネルギーを持ち合わせ、その力の恩恵を受けて、我々は夢の世界で遊ぶことが叶うのだ。

7万人が集う夢の世界。これはただごとではない。

写真好きな中年男の独り言