gavin のすべての投稿

趣味とは

ひと昔、多くの中免ライダーは、限定解除ライダーに対して少なからずの憧れやコンプレックスを持っていた。乗ることのできるバイクに対して制限が入ることへのアレルギー反応といったところだろう。
足として使うことはもちろん、箱根で思いっきりスポーツランをするにも、2サイクル250ccモデルなら十二分にその役目を果たせるが、目の前を悠然と走るオーバーナナハンを見てしまうと、反射的に余計な想像が膨らんでいく。

ー スロットルを開けた時、どんな感じだろう。
ー リーンは重いのかな。
ー 高速道路は最高でしょ。

悩むは、限定解除に挑戦するか、はたまた中免に留まるか、、、
20回受験しても合格できない知人の話を聞けば、この選択に強いジレンマを覚えてしまう。

D610-1-11996年。そんな流れに大きな変化が生じた。
ハーレーダビッドソンを筆頭とする外国二輪車メーカーが、日本の難関且つ不可解な二輪車限定解除試験の在り方に改善を求め、ついには公認自動車教習所でのカリキュラムを踏めば、誰でも大型二輪免許証を手に入れることが可能になったのだ。
制限のない自由なバイク選びは市場の活況へと繋がり、我々の業界は大いに潤ったものである。

このケースにやや近いのが、昨今のカメラ事情。
初めてデジイチを手に入れようとすれば、一般的にキヤノンならEOS Kiss、はたまたニコンならD3300あたりをチョイスするだろう。初心者向けモデルと言っても、メーカー技術の粋を集めた最新型は、一昔前のプロ機を完全に凌駕するカメラ性能を持ち合わせる。よって撮影の際やプリントアウト後のクオリティーに関して何ら不満が出ることはなく、もちろん本格的な作品作りにも没頭できる。しかしだ、趣味とは恐ろしいもので、それが完全に理解しているにも関わらず、

ー フルサイズって、どんな感じなんだろう。
ー ぼけの美しさでそんなに差が出るものだろうか。
ー 風景写真ならフルサイズって言うもんな。

デジイチの世界に明るくなってくると、終いにはこんな煩悩に悩まされることになる。
手持ちの性能に満足しつつも、道具だけはより最高のものを欲するのが人情。これはカメラの世界にのみならず、趣味と称するものには往々にして当てはまる傾向だ。

黙々とwebサイトでD610のことを調べ上げている自分が怖い…。

厄介な痒み

最近になって発見したことがある。それはずいぶんと悩まされた頭皮の痒みについてだ。
一度痒みが起きると、掻けば掻くほど症状が悪化していき、終いには頭中ヒリヒリしてきて、洗髪の際には痛みすら出てくるようになる。
tarionこの対策にはシャンプーとリンスの使用を中止して、お湯だけで丁寧に洗い上げる方法をとってみた。サイト上の評価も概ね上々だったので、さっそく実行してみると効果は2週間を越えるあたりから出始めた。
頭皮の過敏性が幾分和らいでくる感じで、完治こそできなかったものの、その効果は満足できるレベルだ。但、欠点もあった。髪がごわごわしてきて指通りが悪くなり、心なしか髪の色艶も低下してくるのだ。まあ、あの痒みが緩和されるのだから贅沢は言えないが、一般的に女子には不向きだろう。
実行後2ヶ月が近付いてくると効果は安定し、週に一度ほどシャンプーとリンスを使った通常洗髪を入れてみても症状が後戻りすることがなく、ひとつの山を越えたと実感できた。
この勢いに乗じて、通常洗髪のサイクルを日に日に縮めていき、ついには以前と同様に、毎日シャンプーとリンスを使ってさっぱりと洗い上げられるようになった。
それまでは何の意識もしなかった洗髪が、これほど日々の生活に潤いを与えてくれようとは、夢にも思わなかったし、これは快感なのだ。

ところがである。

ある日、つむじ回りにぽつんと痒みが出ると、それが日に日に悪化していったのだ。

― なんで?

毎度鼻歌交じりに気持ちよくゴシゴシやっていたから、これにはがっかり。
お湯洗いで正常化した頭皮が、シャンプーの連チャンで過敏症になってしまったのか。
それとももっと他に原因があるのだろうか。

私の体には慢性鼻炎という、もう一つの“厄介もの”が住み着いている。毎年対処薬の服用は12月中頃から3月の中頃までと期間が決まっていて、これ以外の季節では気温や湿度が上がる為か、幸いなことに酷い症状には至らない。
今春は例年よりアレルギー症状が強かった為に、服薬は4月中旬まで延長していたが、ようやく平穏な季節がやってきて薬離れとなった。
ところがである。
服用を中止してから3~4日経った頃、先ほど述べたように痒みが再発してしまい、日々状況が悪くなり始めた。
これには関連性がありそうだ。
しかも痒みの再来は頭皮だけではなく、手足その他にも及んでいる。
もともと肌が敏感質で、子供のころから下着や靴下のゴム擦れで痒みが起きていたし、みょうなことに、時々踝より下の部分の足に猛烈な痒みが走ることもある。擦れやかぶれ、また虫さされでもなく、皮膚上には腫れ、赤み、湿疹等の痒みの形跡が全く出ない。この症状についてはまだ一度も医者に相談してないが、恐らくアレルギーではないかと思われる。
そう、対処薬の名称は“タリオン”。本来の主用途は皮膚科用薬剤で、効能はアレルギー性鼻炎,じん麻疹,湿疹・皮膚炎,アトピー性皮膚炎,皮膚掻痒症,痒疹/気管支ぜんそく等々とある。
鼻炎も押さえていたが、同時に皮膚の痒み、そして頭皮の痒みも押さえていたということなのだ。