撃破!鼻過敏症・12週間が経過

1308319040早いもので、アレルケアを服用し始めてから12週間が経過した。
はたしてこれは自分にとって益のあるサプリメントなのか?!
そろそろ結論を出さなければならないタイミングに入ってきた。

先回10月27日(月)のレポートでは、
総評として、
残念だが今の段階では効果らしい効果は見られない。
来月再来月と条件は厳しさを増してくるわけだが、これに対してどれほどの改善を見せてくれるのか。
それとも全く効果なしで、再び小野耳鼻咽喉科のお世話になるのだろうか。
と記述したが、
これについて現況がどの様に変ってきたか、簡単に説明したい。

起床と同時に起こる鼻のむずむず、早朝の散歩、自転車通勤時、職場のロッカー室~夕方頃等々、何れについても総じて軽症化されてきたと思う。ずばり効果ありと断言してもいいだろう。
決して完治したわけではないが、通年ならこの時期から悪化する症状に堪えられなくなって、タリオンの服用が始まる。これまではムズムズと鼻水に苛まれて、一日に何度も洗面所で“鼻うがい”をするのが日常だったから、それと比較すればまさに雲泥の差と言えよう。
そしてもう一つ改善されつつあるのが体の痒みである。
特に両足のくるぶし下側に突如として起きる痒みは、アレルケアを服用するようになってから一度も発生していない。もちろん他に改善要因があるのかもしれないが、タイミングを考えれば“効果あり”と判断したいところだ。
乳酸菌は腸内バランスを良好にするとか、有害物質の吸収をコントロールするとかいわれているが、昨今注目されている【免疫反応を正常な形に戻す作用】は非常に注目すべき発見だと思う。

“健康は腸から”
これを唱える情報は星の数ほどあるが、どれを開いても腸内環境改善の為に“腸内細菌のバランス”を力説している。発酵食品、水分摂取、食物繊維、適度な運動、そして止めにアレルケアなのだ。
今後も長期的にレポートを掲載していきたい。

その後へ続く


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。