若い頃・デニーズ時代 81

処方されてた薬が効いたのだろう、一日休んだだけで谷岡は復帰した。顔色を見てもまだ全快とは言えそうにないが、快方へ向かっていることは確かなようだ。

「谷岡さんはデリケートなんやね」
「あたりまえやろ」
「ふふ、そんな感じには見えへんけど」
「なんやて!」

ふみちゃんとのテンポあるやり取りが復活して一安心である。
胃潰瘍騒ぎは心配だったが、オープン後の運営は至極順調で、これといった事件も起こることなく平穏無事な日々が流れていた。但、売上がやや目標を下回っていることが気になったが、まだ3カ月も経っていないのだから、これからがボリュームアップの正念場と捉えて頑張るしかない。
参考までに、目標は年商1.8億だが、現況は1.6億レベルの推移である。モーニングは弱く、ランチは12時~13時に集中、その後はしっかりとアイドルタイムが訪れる。ディナーは平日と週末の差が激しく、特に日曜祝日前は、日付が変わる頃まで満席に近い時もある。よって売上構成はディナー寄りになるので、ずいぶんと客単価に助けられている。

事務所でデイタイムのレジ上げを行ていると、電話が鳴った。受話器を取ろうと手を伸ばすと、フロントで先に取ってしまったようだ。<電話は待たせない!3コール中に!>がマニュアルであり、特にDL、MDには徹底してある。
間もなくすると、数少ないランチMDである主婦の川辺智子が走ってきた。

「マネージャー、お客様が出前してくれって」
「出前はやってないから断らなきゃ」
「言ったんですけど、そんなら店長出せっていわはって」

嫌な予感。

「お待たせいたしました。店長の木代です」
「ピザ2枚出前して欲しいんやけどな」
「それが出前はやってないんですよ」
「となりの近畿土木や。ご近所さんはだいじにせにゃあかん」

な、なに。近畿土木といえば、たしか西宮署の刑事が言っていた。経営者が暴力団の、、、
むむむ、、、難しい判断だ、、、

「わ、わかりました。わたしがお届けいたします。ご、ご近所さんですもんね」

変に話がごねると、何しろ隣だから、今後が不安だ。守代を払うわけではないから、この程度ならそれほどの支障はないだろう。
さっそくテイクアウトボックスに入れたピザをもって、マンションの2階にある事務所へ向かう。
狭く暗い階段を上がっていくと、

「デニーズです。おまたせしました」

そーっとドアを開けると、いたって普通の建築事務所だったのでまずは一安心。ディスクワーク中だった作業着姿の男性がこちらに視線を送る。事務所にいるのは2名の若い男性のみだ。

「おおきに。なんぼや」
「ミックスピザ2枚ですので、1,160円になります」

黒い札入れから出したのは2枚の千円札。お釣りを渡そうとすると、

「釣りはええよ。足代や」
「いやいやそれは」
「かめへんって」
「そ、そうですか、じゃ、おことばに甘えて」

あっという間のやり取りだった。雰囲気から変な裏はなさそうで、単純にピザが食べたいから持ってきてくれといった感じである。これを皮切りに何度となくは弱ってしまうが、私の直感からすれば、それも杞憂に終わりそうだ。
何事もなく店へ戻ってくると、

「店長、どうでした」

辻井がニヤニヤしながら聞いてきた。

「川辺さんが、店長一人で行かれたんで、心配やからと」

怪しい設計事務所ではなかったこと、脅しやゆすりなども一切なかったこと、だからといって今後も慎重な対応が必要なこと等々を伝えた。

「でもな辻井。また頼まれたら今度はお前が行けよな」
「ほんまですか!、ま、えーですけど」
「冗談冗談、俺がまた行くさ」

そう言えばつい最近、辻井は車を買い替えた。デニーズのマネージャー職にとって車は必須のアイテム。店舗の立地は殆どが郊外型であり、営業時間帯を考えても公共交通だけでは対応できない。
愛車はスズキのジムニー。小さいジープってな感じのお洒落な車で、若者を中心に人気沸騰中とのことだ。名前くらいは知っていたが、間近で見るのは初めてである。

「店長、乗ってみますか」
「じゃ、隣にのせてよ」

男二人を乗せたジムニーが店の近辺を疾走する。
乗り心地はお世辞にも良いとは言い難く、あまりに上下動が激しいので胃がムカムカしてくる。キャビンはとにかく小さく狭いので、運転している辻井の肩に触れそうだ。

「ずいぶんとハードな車だな」
「あは、ほんまにいいおもちゃですわ」

2号線から迂回して店へと向かう。
軽自動車だが、けっこうな加速力だ。

「楽しみですね、お子さん」
「だな。まだ実感が湧かないけどね。ところで辻井はどうなの、結婚」
「まだまだです。でも、ええ子いたら考えますけどね」

モテモテ男だから話にも余裕がある。
大凡15分間のドライブを終えて店に戻ると、MDの宮内啓子がなにやらバックヤードのドアのところから早く早くと手を振っている。

「お電話で~~す!」

駆け足で事務所へ飛び込み、受話器をとった。

「木代さん? 沼津です。今日から病院へ入ります」
「そうですか」
「麻美は元気だから心配しないで」
「よろしくお願いします」

麻美のお義母さんだった。
いよいよだ。ついに生まれるのだ。自分としては何にもできないので、とにかく頑張って無事に生んでくれとひたすら願うしかない。
DMには既に話してあるので、生まれたら何はともあれ沼津へ向かおう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。