中年男は腹七分・健康維持の鉄則

先日、女房と境のヨーカ堂へ買い物に行ったとき、ちょうど昼時にかかったので、ランチにしようと入ったのが「紅虎餃子房」。屋号からも分かるが、ここは餃子が看板の中華料理店。女房は迷わず大餃子定食を注文したが、メニューを見ると回鍋肉がやけに美味そうに感じ、定食を注文した。
10分ほどで料理が運ばれてきたが、先ずはボリュームにびっくり。その名のとおりである大餃子は、大粒の餃子なのに6個も並んでいる。

「全部は無理っぽい」

ひとつもらった餃子を早速頬張ってみると、

「あちっ!」

ギンギンに熱い肉汁が口内を襲った。思わず涙目になったが、味は良かった。いなげやのお総菜売り場にあるものとは一味違う。引き続き甜麺醤の香りが食欲をそそる回鍋肉をいただくとこれもGoo。ご飯との相性ぴったりの味噌辛味は、何度食しても飽きがこないだろう。
ご飯が瞬く間になくなっていく。

「いるでしょ」

女房が茶碗の半分ほどのご飯を分けてくれた。

「餃子だけでおなか一杯になっちゃう」
「これ男性サイズだよ」

なんて話しをしていたら、テーブルひとつおいた、隣の隣へ料理が運ばれてきた。
どこかのテナントの若い女性スタッフ3人が、女房と同じに大餃子定食を注文していたらしい。彼女たちの ユニフォームから察して、エステシシャン、ネイリスト、指圧師、、、か、
いずれにしても、これほどの量の餃子を食べて仕事にさしつかえないのだろうか。指圧しながらゲップでもしたら、お客さんは卒倒だ。
そしてたまげたのは彼女たちの豪快な食べっぷり。お喋りは止まらないのに、ひとつ、またひとつとリズミカルに大餃子を平らげていくではないか。

「すごいね、あの子たち」
「若いんだよ」

生中一杯、小さいご飯茶碗に一杯半、大餃子ひとつ、それにメインの回鍋肉。これで腹パンパン。
味もよく、大満足のランチだったが、これしきの量しか入らなくなったと思うと、やはり歳を感じてしまう。
昔は“痩せの大食い”で、

「いいね、それだけ食べても太らないんだから」

と周囲から羨ましがられたものだ。
中年男は腹七分。健康維持の鉄則である。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。