若い頃・デニーズ時代 75

麻美のおなかには既に小さな命が宿っていた。
最も気をつけなければならない時期は過ぎていたが、関西への引っ越しは間違いなく心身共々大きなストレスになるだろうし、当然、彼女は私以上に不安を抱えていたに違いない。
移動先は兵庫県西宮市に現在建設中の「西宮中前田店」。新店オープンは立川錦町店以来である。但、全く土地勘のないところでの作業は、想像以上にしんどいことになるだろう。唯一幸いなことは、夏の猛暑も過ぎ去り、朝夕には秋の気配が感じられる爽やかな季節が到来していたことだ。これだけで随分と気分は楽になる。

「マネージャーもこれから大忙しですね」

この日は17時からMD2名にSA1名と、3名のフロントスタッフが揃っていたので、マネージャー3人でミーティングを行っていた。

「それより2人に負担がかかっちゃうから、なんか申し訳ないね」
「いやいや、夏からバイトが安定しているから全然ですよ」

現状の仕事をやりつつも、次の店舗は遠方なので、いったん出張となれば、日帰りで戻ってくるわけにはいかない。結婚式から新婚旅行と、この二人には迷惑をかけっぱなしで頭が上がらなかった。
正直なところ、彼らの尽力あって沼津インター店の安定が保たれているのだ。

「ただ、東海大軍団が来春揃って4年生になるんで、卒論諸々でこれまでのようには入れないと思いますよ」
「特に亀田と仲井は結構微妙らしいね」

佐々木が渋い顔をしている。

「だったらDMに頼んで年明けあたりに募集広告を打ってもらおうか」
「お願いします。そのタイミングで2~3人採用できたら御の字ですね。それと彼らには大学の後輩をあたってもらってます」
「仕事のことが良く分かっているから、その線で採れればベストだな」
「そういえば、麻美ちゃん元気ですか」
「おかげさんでね」

この流れの中、仕事とは直接関係ないが、前から考えていたプランについて二人の意見を聞いてみようと思ったのだ。
つい1年前。千葉県の浦安に東京ディズニーランドなるものがオープンして、国民的大反響となっていた。
遊園地ではあるが、元来のそれとは異なる世界を堪能できるらしく、TVニュースの街頭インタビューなどでも、若い女の子達の行ってみたいところナンバーワンが続いていた。もちろん我沼津インター店のエンプロイでも、ディズニーランドの話題はちょくちょく出ていたが、私の知る限り、行ったことのある者はまだそれほど多くはない筈だった。

「話はかなりそれるけどさ、ディズニーランドって、行ってみたくない?」
「なんですかそれ」

佐々木が厳しい視線を投げかけてきた。

「うちのメンバーで行けば絶対楽しいと思うんだけど」
「それ、まじめに考えてます?」

そう問いながら水島の顔がにやついている。

「一度はレクレーションもいいかなって。みんなにその旨伝えて、希望者募って多かったら、それをふたつの班に分けるんだ。1班が行くときは2班のメンバー全員が必ずスケジュールに入るのが条件。2班が行くときはその逆だ」
「なるほど、それだったら行けるかも」

にやける水島とは正反対に、只々憮然としている佐々木が口を開いた。

「マネージャーと水島さんで計画練ってくださいよ。俺は遠慮しときます。遊園地は好きじゃないから」
「そう固いこと言わないでさ、あくまでもレクリエーションってことだよ」
「いいっていいって、ほんと、俺好きじゃないから」

早速皆へ伝えると、やはり若いスタッフの反応は良く、すぐに8名が名乗りを上げた。
その中に東海大軍団の渡辺がいたので、彼の愛車“86”を出してもらえば、少々狭いが、私の車に4名、86に4名乗って、2台で、しかも一度で済む。しかも渡辺の実家は世田谷なので東京周辺の地理には明るいから、はぐれることもなさそうだ。
東名高速からそのまま首都高へ入れば、ディズニーランドはもう目と鼻の先である。

今から思えば私も若かった。実はディズニーランド行、DMには内緒だったのだ。本来ならきちっと申請して、許可を貰うべきことだったが、不慮の事故等々に対する責任の在り方を考えれば、到底OKは出る筈もないことは分かっていた。しかし、何故か無性にこの店のスタッフ達を連れて行ってあげたいという、これまで感じ得たことのない気持の高まりが、行動への後押しとなっていたのだ。

「いや~~~凄かった」
「ほかにないね」
「一日じゃ回り切れないよ」
「なにからなにまで、感動☆」

聞きしに勝る遊園地だった。没入感をこれほど覚えるところは正直言って初めてである。
施設、アトラクション、どれを取ってもウォルト・ディズニーワールドを強烈にアピールしていて、逆にここまで徹底しくくると笑いがでてしまう。
アトラクションはどれも30分待ち以上。かなり疲れはしたが、満足度は大きかった。
お土産袋を抱え、待ち合わせの正面玄関に向かうと、既に皆集まっていた。

「こっちですよ~~~!」

満面笑顔がずらりと並んでいる。

「いや~~、お疲れさん。楽しかった?」
「もう最高でした」

黒田萌子と安井みのりは、お揃いで大きな耳が可愛いミニーマウスの帽子を被っている。

「もう、帰りたくな~~い」
「なに子供みたいなこと言ってのよ、陽子さんは」

これだけ楽しんでもらえれば、企画した甲斐があるってもの。
本当は最後のパレードまで見たかったが、安全を期して、これから遠い沼津まで皆を送り届けなければならないのだ。それに麻美には無理をさせられない。

「マネージャー、すっごくいい思い出になりました。ありがとうございます」
「そりゃよかった」
「次は彼氏ときます!なんちゃってー☆」

素晴らしい仲間たちに囲まれ、素晴らしい実績を残した。
デニーズマン冥利に尽きるとはこのことか。
結婚を筆頭に、さまざまな感慨と思い出をたっぷりといただいた沼津。子供時代の生活も含めて、既に気持ちの中では第二の故郷と呼ぶにふさわしいところになっていた。

「ところでさ、うちらの車、どこよ??」
「全然わかんね~」

ここまで凄まじく車が入ってくるとは予想だにしなかった。
見渡せば広大な駐車場が満杯である。こうなると分かっていれば、列表示をメモしておけばよかった。
さらに探し当てても、出車ラッシュで出口へは長い車の列ができていた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。