胃カメラ 再び!

youwakai

1月12日(火)。昨年の11月に行なった健康診断の結果、2年連続となる胃のポリープを指摘され、先ほど武蔵野陽和会病院で内視鏡検査を受けてきた。
さすがに3度目ともなると、緊張感、恐怖感共々だいぶ薄れ、気分的には余裕すら出てきたので、今回は鎮静剤であるドルミカム注射をキャンセルした。
しかし、意識がはっきりした状態でマウスピースをくわえたとき、さすがに体が強ばってくるのを覚えた。
それはそうと、今回は麻酔スプレーであるキシロカインの効き目が思わしくなく、内視鏡挿入の直前になって不安が広がった。とにかく喉が麻痺する感覚が浅いのだ。
3度目の担当である女医さんは、そんな自分の気持ちを察するはずもなく、淡々と説明を進めていったが、鎮静剤もなく麻酔の効き目も悪い状況下、この黒いホースを喉へ突っ込んだらどれほどのものだろうと、緊迫感が走った。

「はい、ちょっと苦しいかもしれませんよ」

―  おえっ!

きた===!
これまでに味わったことのない苦しさだ。ホースが喉をかすめるリアルな感触が伝わり、断続的に“おえっ”が襲ってくる。やはり麻酔の効き目が足りないのか。
しかしそのままカメラが胃まで進むと、次第に苦しさは和らいできた。時間と共に麻酔の効き目が上がってきたのか、はたまた慣れてきたのか、何れも定かでないが、モニターを観察する余裕が出てきたことは確かである。

「これですねポリープは。良性ですね」

先回見たものより小ぶりだ。

「カメラを上に向けます」

緩んだと指摘された噴門か。

「食道と胃の境がはっきり出ていますね。全く問題ないです」

なるほど。くっきりとピンクっぽい線が出ている。だとすると、噴門に多少の緩みがあっても逆流性食道炎の心配は無用ということか。

「十二指腸へ入ります。凄くきれいですね、ここも問題なさそうですね」

胃から十二指腸へ移ると壁面は“ひだひだ”に変る。色艶も健康そうだし、素人が見ても危なそうなものは見当たらない。

「はい、ここが胆汁や膵液の出るところです。ここもOK!」

胆汁や膵液ってのは十二指腸へ出るのだ。自分の体なのに知らないことだらけである。
この後もう一度胃の隅々をチェックして内視鏡検査は無事終了した。
苦しみのスタートで、どうなることかと不安だったが、終わってみれば女医さんの手さばきは鮮やかそのものだ。

「次回からバリウム検査はキャンセルして下さい。間違いなくこのポリープは毎回写って再検査になりますよ」
「やはりそうですか」
「健康保険が利きますから、年に一度はこうして内視鏡で診ていきましょう」

先回の内視鏡検査でポリープを確認したが、それは見ただけで判断できる良性だったので摘出は行なわなかった。しかしそのまま残っていれば毎度バリウム検査でひっかかるのは必至。この疑問を検査の前に女医さんへ伝えておいたのだ。
結果良好!
これで胃の総合健康管理の流れが見えてきた。

またまた続きです☆


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。