2020年・年末撮影会

12月に入るとコロナ禍はますますの拡大を見せ、苦肉の策であるGoToキャンペーンを一時凍結。東京都ならびに政府は、年末年始に於ける不要不急の外出は抑える旨を、連日のニュースに露出させた。
何となく後ろ髪を引かれる形となった2020年年末撮影会だったが、行き帰りは車を使うし、行った先々では人気の少ない自然の中ということで、自己納得。年に一度の楽しみを止めることはなかった。
だが、今年も厳しい天気予報が流れていて、富士五湖方面、伊豆方面共々、雨と強風に見舞われる2日間となってしまったのだ。

4:30、自宅を出発。この時点では雲も少なく、これから降りだすのかと疑いたくなるような星空だったが、中央道大月分岐を河口湖方面へ入った途端、パラパラと落ちる雨粒がフロントウィンドウの視界を遮り始めた。河口湖ICを出る頃には本降りとなり、当初は本栖湖方面へ進む予定だったが、急遽御殿場へ降りることにした。

「2年連続の雨とは、日頃の行いが悪かったんすかね」
「かもよ」

先回の年末撮影会もこんな感じのスタートだったので、出鼻をくじかれた感は強かった。

「早いとこチェックインしちゃってさ、一杯やるってのもいいよな」
「ははは、ですね」

とはいっても、この時点でまだ10時である。
ジムニーは、御殿場~三島~下田街道~天城峠と軽快に走り、下田松崎線が目前に迫ってきた。

「次のT字路さ、右行くと松崎、左は下田なんだけど、どっち行く」
「まかせますよ」
「じゃ、久々に爪木崎で水仙でも撮るか」

若干早めだったが、時間調整も兼ねて、下田駅近くの中華料理店で昼食を取ることにした。
例年だと下田の前周辺は、年末年始を温泉で迎えようとする観光客の車でごった返すが、さすがに自粛のシュプレヒコールが効いたのか、びっくりするほど車が少ない。恐らく年末年始のGoToキャンペーン凍結で、多数の予約キャンセルが出ているのだ。宿泊施設を中心とした観光業への打撃は大きいと思われ、案の定、水仙まつり開催中の爪木崎も同様だった。広い駐車場を見回してもガラガラで、出店も一軒のみという寂しさである。

「全然咲いてないね」

水仙も張り合いがないのか、五分咲きまでにも至ってない状況で、白い花が斜面を埋め尽くす従来の勢いは感じられない。それでも1,000円の駐車場代を払ったのだから、元を取らねばと暫し辺りを歩き回る。
まばらな水仙と旬を過ぎたアロエの花には見切りをつけ、たまたま岩場に見つけた黄色い花を撮っていると、すぐ傍にはちょっとした洞窟を見つけたので、躊躇なく潜り込み、なんとか面白い1枚を切り取ろうと躍起になった。
そもそも年末撮影会は真剣な作品づくりの場ではない。いわば同好の士が集う忘年会であり、お祭なのだ。1年間の写真活動の締めくくりに、飲んで食べておしゃべりして、その前後にちょこちょこっと撮影を楽しめれば大満足!これがイベントの趣旨なのだ。

浮島海岸の大屋荘に着いたのはちょうど15時。
温泉に入って、ちょこっと一杯、そして夕陽の撮影の準備に取り掛かるというのが本来だったが、午後から強くなりだした風は、もはや烈風と化し、撮影どころか、海岸にも近づけない状況になっていた。
ここはあきらめるしかなく、夕方早々から酒盛りが始まったのである。

翌朝。障子を開けると、雲ひとつない青空が広がっていた。ただ、依然と風はやむことがなく、夕方に予定している田子の浦からの富士山撮りが心配になった。

「西海岸はパスしよう」
「じゃ、どこ行きます?」
「かなり走るけど、白糸の滝に行ってみない」
「OK。時間はたっぷりあるからね」

沼津まで行けば、あとはR1バイパスに乗ればいい。ここは十中八九流れるから、富士まではあっという間だろう。更に富士からは西富士道路一本だ。

富士に訪れると思い出す。まだ中学1年の頃、親に買ってもらった5段ギア付きのスポーツ自転車を駆り、友人と3人で挑戦したのが白糸の滝。自宅から片道42km、標高差約500mのゴールは今思い出しても遠かった。若かったとはいえ、真新しい自転車で真夏の灼熱ロードをフルマラソンの倍の距離を走り切るのだから、しんどいことこの上ない。長い上り坂をクリアし、白糸の滝に着いた時は、ひたすらジュースを買って飲みまくったものだ。

十数年ぶりになる白糸の滝は、相変わらず豊富な水量で見る者を圧倒した。昔はなかった展望台も設置され、ここからは滝と富士山を同時にファインダーへ収めることができるのだ。ただ、残念なことに午後の斜光が強く、富士山に露出を合わせると、滝周辺は真っ暗になってしまう。時間帯を考慮し、ハーフNDは必須ということで再度望みたい。
この後は、最後の撮影地である「田子の浦みなと公園」へと向かった。

みなと公園は、富士市の製紙工場越えの富士山が撮れることで有名なところで、いわゆる工場夜景のメッカになっている。

「だめだめ、風が強すぎる」

公園のシンボルである富士山ドラゴンタワー。丘の上に立つ約38mからの眺望は抜群だ。ところがあまりにも強い風で、三脚に安定感がない。辛うじて立てたとしても、重り等の固定処理をしなければ、この風では長いシャッター速度は使えそうにない。あきらめて運河沿いまで降りてきたが、ここでも風は相当なもの。
夜の帳が下り始めるのを待って試し撮りを行ったが、モニターするとブレのオンパレードである。

「ここでも駄目だ。ISO上げなきゃ撮れないよ」
「ISO800でぎりぎりかな」

過去の年末撮影会を振り返っても、これほど撮影コンディションに泣いたことはなかったように思う。
本音をいえばもう少し撮りたかったし、何より浮島の夕陽を見たかった。
しかし欲をいいだしたらきりはない。年末撮影会はあくまでもお祭りであり、Tくんと私にとっては楽しみな忘年会なのだ。
2020年。振り返れば本当に色々なことがあったが、頑張ってやり通せた自負はある。
アルコールに弱くなり、すぐに眠くなってしまう私。ふたまわり太って、降圧剤も飲むようになったTくん。
とにかく健康だけには留意して、また来年も無事に年末撮影会を迎えることができればと祈るところだ。

◆ 写真ギャラリーへ

もうすぐ新年

29日から年末年始休みに入った。年明け4日までの7日間だ。
例年なら「やっと休養できるな~~」って感じでリラックスモードに入り、まずは年末撮影会の準備を行い、次にはPOLOの洗車、そして昼から酒をちびりちびりとやり始める。小市民の喜びというのか、一時の開放というか、、、
ところが、今年から嘱託社員となり、週休3日の生活がちょうど1年経った。これに慣れてしまうと、やや様子が変わてくる。
3日間を連休で取れば、休養目的ならそこそこの充電ができるし、遊ぼうと思ったら2泊3日の旅だってできる。これが日常となっている現在、7日間の休みのありがたさは、心なしか小さくなった。
ただ、“年の暮れ、年の初め”というお祭り感は健在だ。新年を目前にすると何かと心機一転を欲する自分がいて、「来年こそは四国へ行くぞ」とか、「DTM始めるか」などなどが次から次へと湧き出してきて、気分は大いに沸き立つ。しかし年末になると「なんにもやらず、あっという間だったな」となるのがおちだ。

夕方のリチャードの散歩にD600を持ち出した。年末撮影会の準備で同機の設定確認をしていたら、無性にシャッターを切りたくなったからだ。
夕暮れの住宅街にはこれといった被写体は見つからず、いつもどおりに野鳥の森から飯田産業、そしてホスピタルメント武蔵野と反時計回りで歩いて行くと、この時に限ってガストの灯りが気になった。駐車場を横断し、ガストの正面入り口に差しかかると、テラスの照明がいい感じではないか。
1枚ぐらいは撮っておこうとシャッターを切った。

鎌倉散歩・樹ガーデン

12月1日(火)朝6時。日課であるリチャードの散歩へ出掛けると、快晴、無風の心地よさに歩みが軽く感じられた。気温はやや低めだったが、風がないので寒さはさほど感じない。間違いなくお出掛け日和である。
家に戻って、さっそくカメラのチェック。
レンズOK、予備も含めバッテリーOK、フィルターOK。
街中の紅葉も見頃は終わりに近付きつつあるので、久しぶりに鎌倉へでも行ってみようかと支度を始めた。

新宿から<湘南新宿ライン逗子直通>に乗り込む。降りた駅は静かな古刹めぐりが楽しめる北鎌倉だ。
ところが改札を出て、目の前にある円覚寺の入口周辺にはひとだかりができていた。更に建長寺方面へ延びる道筋にも大勢の観光客が目に付く。
いや~、興醒めだ。ましてコロナ禍拡大の中、この活況は一体どうしたことか。
とにかく人を撮りに来たわけではないので、神社仏閣巡りは急遽中止。以前トライして印象の良かった“鎌倉アルプス”の続きということで、今回は“葛原岡・大仏ハイキングコース”を歩こうと、踏切を渡って、スタート地点である浄智寺へ向かった。

建長寺や円覚寺等々の大規模寺院と較べて、浄智寺、東慶寺、そして報国寺のような小ぶりな寺院には、はっきりと分かる“しっとり感”が存在する。この感覚こそ仏の存在ではなかろうかと、何故かこの頃思うようになってきた。
境内を右に見ながら脇道である上り坂をひたすら進む。山歩きに慣れた足なら堪えるレベルではないが、最低限スニーカーは履かなければ歩ける道でないことを知っておきたい。
鎌倉アルプスに負けず劣らずの山道が続くが、一部は住宅街を通過するという変化に富んだコースは冒険心をくすぐられ楽しくなる。
歩き始めて20分ほど経った頃だろうか、開けた下りに掛かろうとした時、前方から緊急自動車のサイレンが響き渡ってきた。それと同じくして、消防隊員とジャージを着た年配男性の2人が、前方の坂道を下ってくるのに目が留まる。

「緊急連絡した男性はあそこですよ」

ジャージの男性が指さした方向へ目を向けると、一人の男性が薮の中から現れた。

―あれ? あの男性、メインコースを外れた脇道に入り込んでいた人だ。

好奇心が一気に膨れ上がり、ジャージの人とすれ違い様、堪らず声を掛けてみた。

「どうしたんですか」
「足を挫いて歩けないとか、、、よくわかんないっすけどね」

不用心はNGだ。低山でも致命的な落とし穴はいくらだってある。そもそもあんな獣道のようなところへ、なんで入り込んだのか。木の根に足を取られて転べば、普通に捻挫もありうるし、況して鎌倉だから良かったものの、ちょっとした山中だったら、携帯電話が届かないエリアは意外や多いのだ。
坂を上り詰めたところが“源氏山公園”。普段は静かで、ハイキングの休憩にはもってこいの場所なのだろうが、目の前には消防車3台、救急車1台、消防隊員ざっと10名強と、騒然とした光景が広がっていた。
もちろん休憩などはせず、そのまま鎌倉の大仏がある高徳院を目指して歩を進めた。
ここから暫くは住宅街の中を歩く。
どの家を見ても築は古く、人が住んでいるのだろうかと疑わしい家も多々ある。但、鎌倉駅からそう離れているわけでもないので、車さえ所有していれば、結構快適に暮らせるかもしれない。
途中、銭洗弁天への分岐もあったが、今回は欲張らずにパス。再び道は山道へと変わった。

【Cafe terrace 樹ガーデン】
山中に忽然と現れた看板。そろそろ一服でもしたいと考えていたので、やけにタイムリーである。
つられるままに石段を下りていくと、素晴らしくお洒落なオープンガーデンが待っていた。常連客から“天空のカフェ”と呼ばれているそうだが、まさにぴったりの形容。レンズを向ければどこを切り取っても“インスタ映え”すること間違いなしだ。
手をアルコール消毒したら、最初に入り口受付で注文、続いて代金を払う。後は好きなテーブルを選んで待つだけ。
風が殆どなかったから、座った瞬間から寛ぎムードに浸れた。
ぐるりと見回せば、ワンちゃん連れの若い女性グループ、年配夫婦2組、若いカップル2組、常連と思しき年配女性等々、特殊な場所の割には繁盛している。
その時、ふと疑問が走った。ここにいる人達は皆あの山道を歩いてきたのだろうかと。
年配者や若いカップル客は何とかなっても、ワンちゃん連れの女性達3人は、全員お洒落バッチリだし、ちらっと見えたあのブーツで山道は歩くまい。
さっそくスマホでググってみると、なるほど、反対側には駐車場も完備されており、そこから長い階段がここまで伸びているのだ。いずれにしても多少汗をかくことになるが、この雰囲気の中でのティータイムを考えれば、常連客は少なくないだろう。
トレンディーな店が多い鎌倉でも、ここはちょっと別格だ。