初期型GR と CoolPix S8200

この頃、再びコンデジについて考えるようになった。
山歩きや自転車で出かけるときには、小さくてポケットに入るサイズがいいに決まってる。但、いくら小さくてもファインダーが付いていて、絞りやシャッタースピードの調整機能もなければ画作りはできないと、欲張りな要求を掲げた挙句、1NikkorのV2を購入。更に機動力を上げようと、UONNERのカメラホルスターまで手に入れ、4~5回の山歩きで具合を見たが、ショルダーハーネスに取り付けると、歩く際に微妙な違和感が発生し、しかも、さっと出してパッと撮ってさっとしまうってな芸当は意外に難しい。使うのをやめようと思った決定打は、ホルスター付属のクイックシューが緩みがちで、撮影頻度の高い4時間ほどの山歩きで2~3度の増し締めが必要となって煩わしいことこの上ない。V2のような軽量カメラでもこの有様なので、更に大きく重たいデジイチなどでは落下の危険性も出てくると思う。それにV2が幾ら小さくても、ホルスターと一体で考えれば、かさばり感は否めない。しかしV2はどうしたってポケットには入らないのだ。小さくてもレンズが出っ張ったミラーレス。元々形状的に無理がある。

 リコー 初期型GRNikon COOLPIX S8200
発売年2005年2011年
有効画素数813万画素1610万画素
イメージセンサー1/1.8型CCD1/2.3型原色CMOS
重量200g213g

てなことで、先回の刈寄山ではリコーの初期型GR、今回の多摩湖サイクリングではNikonのCOOLPIX・S8200を使ってみた。
写真データは基本的に西久保日記、そしてInstagramをはじめとするSNS上でしか使わないので、仰々しいほどの高画質、高解像度は考えてない。
先ずどちらも携帯性は上々と言っていいだろう。コンデジらしくOFF時はレンズが引っ込むので、でっぱりがなく、ポケットにもすんなりと収まる。V2にはできない芸当だ。
電源ONから撮影までのタイムラグは短く、シャッターチャンスを逃すことはないレベル。
ここまでは甲乙つけがたいが、機能的に差が出てしまったのは「手振れ補正機能」の有無とオートフォーカスの精度。
昨今、手振れ補正付きはもはや当たり前。久々に“なし”のGRで三鷹駅近くの玉川上水で何枚かの試し撮りを行ったが、便利機能に毒されていたのだろう、全枚数の2割近くに手振れを起こしていた。構造上、殆どのコンデジは一眼レフのように接眼して脇を締めるってのはやり辛い。よって手振れ補正は最低限の機能として欲しいものだ。
個体差かもしれないが、GRは接写する際にピントが外れることがたまにある。フォーカスポイントは中央固定、マクロスイッチをオンにして、被写体にぐっと近づきシャッターを切る。後でPCで確認すると、外れた画像の殆どが後ピンになっている。その点、S8200はフォーカスの精度もスピードも完全にGRの上を行く。
先日も、多摩湖サイクリングの帰りに小平のあじさい公園に立ち寄り、今が見ごろの蓮の花の撮影に興じたが、ストレスなくリズミカルにシャッターが切れる楽しさは格別だ。しかも、小さなイメージセンサーとは思えないほどクリアな画を吐き出し、ちょっと惚れ直したほど。20枚ほど撮って確認したが、手振れは皆無。実に頼もしい限りだ。
但、悲しいかな、イメージセンサーが小さいことから、GRの画と比較して立体感はやや劣る。それと画像ファイル形式にRAWがないのも残念だ。一応、設定は最低圧縮比のjpegにしてあるが、やはりレタッチの際には弱さが露見する。

それぞれ一長一短はあるが、共通点はコンパクトで使いやすいことに尽きる。
この手のカメラを新たに入手する予定はないので、きっちりと使っていくが、スマホでは表現できない画が必ず撮れる筈だ。

CELSIUS W520 と Luminar3

画像加工用PCとして「富士通 CELSIUS W520」を使うようになってから2年が過ぎた。
元来はサーバーマシーンなので、そのしっかりした筐体と抜群の静音設計はワンランク上を感じるもの。動作も安定していて、メイン編集ソフトであるPhotoshopCS5も軽快に動き、作業効率は申し分ない。
そんな作業環境の中、ちょっと前から気になっていたのがLuminar3という写真編集ソフトだ。そのLuminar3がつい最近Luminar4としてバージョンアップを遂げ、なんと太っ腹なことに、旧バージョンとなったLuminar3を無料で配布するというのだ。一度は使ってみたかったので、もちろん即ダウンロードとなった。

無事インストールが終了したので起動してみると、あれれ?、何気に動きがおかしい。クリックしても反応がやたらと鈍いのだ。試しに再起動を掛けたら、今度はソフト自体が立ち上がらなくなってしまった。
仕方がないので、念のためにLuminar3の動作環境をチェックしてみた。


Microsoft Windows 7、8.1、10(※64ビットOSのみ対応)
OpenGL 3.3以降対応のグラフィックカード
Intel RCore i5以上
8 GB 以上の RAM
ディスプレイ 1280 × 768 以上
2GB以上の空きがあるハードディスク(SSD推奨)


以上である。
CELSIUSのCPUはi3、グラフィックカードはこれまた古い玄人志向のGF210LPである。
特にGF210LPはドライバのアップデートができないという問題が前々から出ていて、カード自体を交換しようかと考えていた。
ということで、良い機会でもあるので、メンテも含めて久々にCELSIUSをいじってみることにしたのだ。

先ずはグラフィックカード。相性問題を考慮して、CELSIUSのメーカーオプションリストを参考に「NVIDIA Quadro K600」を選んだ。ヤフオクで程度の良いものがあり、2,000円でゲット。
そしてPCケースを開けるので、清掃とCPUグリスの塗り替えを行うことにした。ところがここまで考えた時、「CPUを外すんだったらついでに交換」と計画を進め、同じくヤフオクでソケットタイプLGA1155で検索すると、“良品”と称するi5が1,000円で出ていたので入札。結局私の他に入札者は現れなかったので無事1,000円でゲット。
欲を言えばi7が欲しかったが、最も安いスタート価格で6,600円だったので諦めた。もしも認識しなかったらという危惧があったからだ。使えなかったら痛い出費だ。それにi3でも軽快に動いていたので、そこまで無理する必要もないと判断。送料を含めても3,500円でお釣りが出るという、超低予算でのチューニングとなったわけだ。

休日の朝7時より作業をスタート。何事もなければ1時間も掛からない内容である。
PCケースの横蓋を開けると、内部は余り埃の付着もなく意外ときれいだったが、一応エアブロアーでCPUクーラーやファン周りを噴いた。
CPUが顔を出すととやはりグリスはカピカピになっていて、放熱効果が落ちていることは歴然である。
i5に交換してFenderのギターピックで丁寧にグリスを塗布する。あとはCPUクーラーを取り付ければ完了だ。
次はグラフィックボードの交換。固定ねじ1本を外せばものの30秒で作業は終わる。早速電源を入れて試してみようと、外してあったコードを元のように差し込んでいく。
と、その時、

「ありゃ、なんだこれ?」

これまでモニターの接続にはHDMIを使っていたのだが、いくら差し込もうとしても入らない。若しかしてと、目を凝らして見ると、なんと形が違う。一見HDMIなのだが、横に開いた口の左右の形状が対称ではないのだ。
しょうがないので、古いDVIケーブルを屋根裏部屋から探し出して接続、果たして使えるか?!
スイッチオン。いつものことだが緊迫の一瞬である。
モニターにメーカーロゴ、そしてWindowsマークが連続して出てきた。CPUもグラフィックボードもめでたく認識できたのだ。
ネットサーフィン、officeソフト、そしてPhotoshopのレスポンスに際立つ変化は見られなかったが、肝心のLuminar3がきちっと動いてくれてホッとした。

普段、画像の編集にはPhotoshopCS5をメインとして使い、プラグインにNik Collectionを入れている。Photoshopは5.5から愛用しているので、もはやこれ以外のソフトを使う気はない。今回のLuminar3もプラグインとして使いことができるということなので早速設定した。
ところがだ、ここへきてつまずいた。CS5のプラグインホルダにLuminar3が入っていることを確認しても、何故かフィルターへ反映されないのだ。色々試してはみたが、打開策が見つからないので、Luminar3を使う時だけ編集フローを工夫してみようと考えている。何れにしても多用することはないので、問題はなかろうと思う。

TR-1 タイヤ交換

早いもので、通勤の足を米国GT社のNOMADから、カナダ・ルイガノ社のTR-1に替えて10カ月が経った。
当初はポジションが合わなく、サドルやハンドルの位置を上だ下だ、前だの後ろだのと、様々な試行錯誤を繰り返し、やっと落ち着いたのは一ヶ月後。完璧にはならなかったが、あとは慣れるしかないと、通勤をメインに休日の足として積極的に利用した。今ではしっくり感も得られ、NOMADの後釜として大活躍中である。

4日前。仕事が終わり家路を急いでいると、微かだが後輪から違和感が伝わってきた。路面は殆ど平らなのに、周期的にトントンと突き上げるような気がしたのだ。空気を補充したばかりなので、シビアに凹凸を拾っているのだろうと、この時は深く考えずにそのまま自宅まで走り続ける。
ところが翌日。職場へ行こうとTR-1を引っ張り出すと、押して歩いているだけでタイヤの異常が分かるのだ。よく見るとトレッドの一部が膨らんで変形している。
このまま走るのはどう考えても無謀なので、仕方なくこの日は車で出勤。

「チューブじゃなくて、それタイヤですよ。タイヤの繊維が広がっちゃってますね」

うちのメカニックが断言した。
すぐにタイヤを手に入れなければと、ヨドバシ.comで検索。ここは送料無料、しかも翌日配送可なので使い勝手は抜群だ。該当サイズである28Cを安い順に並べ替えると、IRCのJETTY PLUSが税込みで1,700円。迷わずこれに決定。 安価でも著名な国内メーカーなので一応安心。

届いたタイヤを早速取り付けようと、先ずは異常のきたしたチェンシンタイヤをリムから外すと、なるほどメカニックが言ったとおりの状態だ。裏側から見ると繊維が剥離している。
外側からチェックした時は、トレッドの真ん中に摩耗が見られ、その脇には小さい傷も2カ所あったので、フルブレーキングして車輪がロックした際にできた擦れかとも思ったが、よくよく考えればそんな覚えはない。
新品を装着して10か月、距離にすれば大凡1,500km強といったレベルなのに、このような劣化はどうしたものか。NOMADの時は2度ほどあさひでケンダのタイヤを購入し、その品質には十分満足していた。ケンダは台湾製、そしてチェンシンも同じく台湾製だから間違いはないと思っていたのだ。そもそもこの2メーカーは台湾を代表する著名な大企業である。
今回は個体差と思って諦め、新たに履いたJETTY PLUSの耐久性に期待することにした。