SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM

気がつくのにだいぶ時を要してしまったが、この歳になってはっきりと見えてきたことがある。
生き方というか、心構えというか、極々基本的なことなのだが、、、
先ず、どんな場合でも決して飾らず肩ひじ張らず、自分らしく振舞うこと。空気なんか読めなくてもいい、むしろ読まない方がいい。思うがままに行動し主張すれば、良いにつけ悪いにつけ、周囲も本当の私を分かってくれるはずだから。
やりたくないことは極力やらない。嫌々やってストレスを溜めるくらいなら、潔く“No,Thank You”。
それと、やろうかやるまいかと悩んだら、とにかくやることを選ぶ。何故なら、前期高齢者となった今、この先コンディション万全で動き回れる月日は限られているからだ。後で後悔しないよう、やりたいことには可能な限り手を付ける。


長らく愛用してきた常用ズームレンズの【AF-S Nikkor 24-120mm 3.5-5.6G VR】。解像度不足がややネックとなってはいたが、軽量コンパクトを生かせば、初めての土地での撮影やスナップ等々で十分な威力を発揮してきた。ところがあることを境に、もう一歩上を行くクオリティーが欲しいなと常々感じるようになったのだ。
あることとはフルサイズ機D600の入手である。それまでのメイン機であったD100やD2Hとの相性は非常に良く、正直不満は殆どなかった。尤も、1000万画素に遠く及ばないイメージセンサーで、且つレンズ中央の美味しいところだけを使うのだから、確かに文句は出よう筈もない。しかしD600の2426万画素フルサイズセンサーで捉えようとすると、どうしても年式的な粗が露見してしまう。こうなるとD600の性能をフルに生かせるレンズが欲しくなるのは人情。だいぶ前から現行のAF-S Nikkorの24-120mm 4G VRを導入しようかと下調べを行っていた。
ところがデジイチを始めたころからSIGMA好きだった私は、同時にSIGMAの【24-105mm F4 DG OS HSM Art】にも着目。どちらにしようかかなり迷ったのだが、昨今のSIGMAの勢いと、一度は使ってみたかったArtブランドということもあり、メインレンズをNikkorからSIGMAへのスイッチを決断、中古だが早速程度のいいものを手に入れたのだ。
試し撮りはいつも通りに井の頭公園で行った。


・先ずは自宅の庭に生える草


・コントラストが強い場面だが、明暗どこもしっかり描写できている


・アメンボ及び水面もしっかり出ている


・太い幹に出ている小さな葉や苔がクリア

しかしこのArt、慣れてないせいもあるが、Nikkorと較べるととにかく大きくて重たい。D600との重量バランスはお世辞にも良いとは言えず、構える際にはしっかりと左手でレンズをホールドする必要がある。スナップなどで気軽に持ち出すレンズではなさそうだ。但、下馬評どおりの解像度は満足できるもので、腰を据えての風景撮影が今から楽しみである。
Artのフィルターサイズは82mm。このサイズはこれまで使ったことがないので、フィルター関係は全て買い足さなくてはならない。ところがここまで大きくなると、どれも結構な値段なのだ。因みにこれまでのNikkorは72mmなので使いまわしはできない。しかし最低でも、保護、PL、ND、アダプターリングは欲しいところなので、引き続き財布との相談が続きそうだ。

頭を抱える事態 その8

なかなか梅雨が明けない。これだけでも相当イライラするのに、コロナの感染拡大が追い打ちをかけるように疲弊した精神に打撃を与える。
それにしても、あの「GoToキャンペーン」ってのは一体何?
全国の旅館宿泊業者が切羽詰まった状態にあることは報道から認識している。しかし経済を取るか人命を取るかの見地で判断すれば、今やるべき施策ではないと思う。
政府自ら旅行だ!と煽れば、国民の箍が外れることは目に見えている。そもそも旅行というものは楽しくウキウキが基本であって、旅に出たら思いっきりストレス発散しようぜと誰でも考える。しかしそこには三密の罠が待っているのだ。
この連休から1~2週間も経過すれば、新規感染者は間違いなく増えていくだろう。そうなれば再び緊急事態宣言が発令され、人々の心は再び悲しいまでに内へと籠っていき、重苦しいストレスとの戦いが始まるのだ。

あーやだやだ。
夏になったんだから、やはり浸りたい。
入道雲、見たいもんだね~
渓流縁でのキャンプ、したいね~
海に飛び込んだら、気持ちいいにきまってる☆
そう、祭り、縁日だ

八ヶ岳のヤギ。どうしてるかな、、、
やたらと懐いてきて、、、会いたいよ。

初期型GR と CoolPix S8200

この頃、再びコンデジについて考えるようになった。
山歩きや自転車で出かけるときには、小さくてポケットに入るサイズがいいに決まってる。但、いくら小さくてもファインダーが付いていて、絞りやシャッタースピードの調整機能もなければ画作りはできないと、欲張りな要求を掲げた挙句、1NikkorのV2を購入。更に機動力を上げようと、UONNERのカメラホルスターまで手に入れ、4~5回の山歩きで具合を見たが、ショルダーハーネスに取り付けると、歩く際に微妙な違和感が発生し、しかも、さっと出してパッと撮ってさっとしまうってな芸当は意外に難しい。使うのをやめようと思った決定打は、ホルスター付属のクイックシューが緩みがちで、撮影頻度の高い4時間ほどの山歩きで2~3度の増し締めが必要となって煩わしいことこの上ない。V2のような軽量カメラでもこの有様なので、更に大きく重たいデジイチなどでは落下の危険性も出てくると思う。それにV2が幾ら小さくても、ホルスターと一体で考えれば、かさばり感は否めない。しかしV2はどうしたってポケットには入らないのだ。小さくてもレンズが出っ張ったミラーレス。元々形状的に無理がある。

 リコー 初期型GRNikon COOLPIX S8200
発売年2005年2011年
有効画素数813万画素1610万画素
イメージセンサー1/1.8型CCD1/2.3型原色CMOS
重量200g213g

てなことで、先回の刈寄山ではリコーの初期型GR、今回の多摩湖サイクリングではNikonのCOOLPIX・S8200を使ってみた。
写真データは基本的に西久保日記、そしてInstagramをはじめとするSNS上でしか使わないので、仰々しいほどの高画質、高解像度は考えてない。
先ずどちらも携帯性は上々と言っていいだろう。コンデジらしくOFF時はレンズが引っ込むので、でっぱりがなく、ポケットにもすんなりと収まる。V2にはできない芸当だ。
電源ONから撮影までのタイムラグは短く、シャッターチャンスを逃すことはないレベル。
ここまでは甲乙つけがたいが、機能的に差が出てしまったのは「手振れ補正機能」の有無とオートフォーカスの精度。
昨今、手振れ補正付きはもはや当たり前。久々に“なし”のGRで三鷹駅近くの玉川上水で何枚かの試し撮りを行ったが、便利機能に毒されていたのだろう、全枚数の2割近くに手振れを起こしていた。構造上、殆どのコンデジは一眼レフのように接眼して脇を締めるってのはやり辛い。よって手振れ補正は最低限の機能として欲しいものだ。
個体差かもしれないが、GRは接写する際にピントが外れることがたまにある。フォーカスポイントは中央固定、マクロスイッチをオンにして、被写体にぐっと近づきシャッターを切る。後でPCで確認すると、外れた画像の殆どが後ピンになっている。その点、S8200はフォーカスの精度もスピードも完全にGRの上を行く。
先日も、多摩湖サイクリングの帰りに小平のあじさい公園に立ち寄り、今が見ごろの蓮の花の撮影に興じたが、ストレスなくリズミカルにシャッターが切れる楽しさは格別だ。しかも、小さなイメージセンサーとは思えないほどクリアな画を吐き出し、ちょっと惚れ直したほど。20枚ほど撮って確認したが、手振れは皆無。実に頼もしい限りだ。
但、悲しいかな、イメージセンサーが小さいことから、GRの画と比較して立体感はやや劣る。それと画像ファイル形式にRAWがないのも残念だ。一応、設定は最低圧縮比のjpegにしてあるが、やはりレタッチの際には弱さが露見する。

それぞれ一長一短はあるが、共通点はコンパクトで使いやすいことに尽きる。
この手のカメラを新たに入手する予定はないので、きっちりと使っていくが、スマホでは表現できない画が必ず撮れる筈だ。